成海璃子は「結婚願望なし」と語った直後に入籍していた!本名や子役時代のドラマは?

成海璃子は子役時代から活躍している女優!本名やプロフィールを紹介!


成海璃子のプロフィール
◆生年月日:1992年8月18日
◆出身:神奈川県
◆身長:163cm
◆血液型:O型
◆所属事務所:研音

成海璃子は子役時代から活躍!ドラマ「TRICK」「瑠璃の島」で話題に

子役時代から活躍している成海璃子(なるみりこ)。子供の頃は小中学生対象のファッション誌「melon」や「Hanachu」でモデルとしても活動しており、同性の好感度も高い女優です。

成海璃子は、5歳だった1997年にセントラル子供劇団に入団し、芸能界入りしました。自ら母親に「テレビに出たい」と伝えていたそうです。

2000年7月より放送されたドラマ「TRICK」の主人公・山田奈緒子の少女時代を演じてドラマデビューを果たし、その後も多くの作品に出演して経験を積んでいきました。

2004年に事務所を移籍し研音所属となり、同時にそれまで本名の塚本璃子(つかもとりこ)名義で活動していたのを成海璃子に改名。2005年4月に放送されたドラマ「瑠璃の島」で初主演を務めると、大きな話題になります。

大人びたルックスと落ち着いた性格から、実年齢よりも年上の役を演じることが多かった成海璃子。2007年4月に放送されたドラマ「1リットルの涙 特別編〜追憶〜」では、当時14歳だったにもかかわらず23歳の看護師役を演じていました。

小中学生の頃は演技で緊張することはなかったといいますが、20代になってから責任感が増したことで緊張を覚えるようになったのだとか。「俳優を一生続けたいか」という質問に迷うことなく「はい」と答えており、子役時代からの長いキャリアに甘えることなく、年齢を重ねるごとに進化を続けています。

小野花梨の子役時代のドラマや映画は?天才的な演技が話題に!現在の活動は?

成海璃子は結婚報告の直前に願望なしだと語っていた?ファンは驚きながらも祝福!

成海璃子の結婚発表は2020年9月!夫は一般男性

成海璃子は2020年9月23日に所属事務所を通して、9月中旬に結婚していたことを発表しました。

「お相手は一般の方で、2020年9月中旬に入籍いたしました」と報告し、変わらずに仕事を継続する意思を伝え、「温かく見守って頂けますと幸いです」とコメント。挙式・披露宴については未定としていました。

実は、2020年8月1日公開の「SANSPO.COM」のインタビューでは、結婚願望について質問された際に「他の人と暮らすことがイメージできない。結婚願望は全然ない」と回答していました。前触れなく突然の結婚報告となったため、ファンは驚いていたようです。

誰かと暮らすことが想像できない理由について「仕事を離れたら、わがまま」と自己分析し、「全て自分で選びたいので、たとえば、お茶や水も気に入ったものでないとダメ」と、語っていましたが、夫となった相手は受け入れてくれるタイプなのかもしれません。

驚きの声とともに、「子役の頃から知っているから感慨深い」と、祝福の言葉が飛び交いました。結婚報告が突然だったことで、妊娠しているのではないかという推測が出ていましたが、2021年5月時点では特に妊娠についての発表はありません。

仕事は続けていくということで、結婚後も大河ドラマ「青天を衝け」に出演するなど、変わらぬ活躍ぶりを見せています。

石原さとみ結婚の衝撃は海外にも!「結婚相手は一般男性」に「夫は特別男性!」の声

成海璃子は大河ドラマ「青天を衝け」や「川のほとりで」に出演!

成海璃子が「青天を衝け」に出演!夫役の高良建吾に羨望の声!

成海璃子は2021年2月14日から放送が始まった大河ドラマ「青天を衝け」に出演中です。成海璃子にとって大河ドラマは2作目であり、2012年1月から放送された「平清盛」以来となります。

成海璃子が演じているのは高良建吾(こうらけんご)が演じる渋沢喜作の妻・よし役。初登場は2021年4月4日に放送された第8回「栄一の祝言」でしたが、「成海璃子の登場で顔面偏差値が上がった」「高良健吾と成海璃子が美男美女すぎる」と話題になりました。

この回の話では、喜作に一目惚れしたよしがアプローチするというストーリーがあり、成海璃子と結婚に至る喜作を羨む声が続出。今後の放送回でも成海璃子の美しさに目を奪われる視聴者が増えていきそうです。

成海璃子はWOWOWドラマ「川のほとりで」にも出演!

成海璃子は「青天を衝け」の他に、2021年4月2日からWOWOWプライムで放送されているドラマ「川のほとりで」にも出演していました。「川のほとりで」はオリジナルストーリーで展開される「ホームレスコメディ」です。

川のほとりで静かに暮らす2人の男の、切なくも笑える日々が描かれこのドラマに、成海璃子は小劇団に所属する女優・ナオ役で出演。主人公の2人のホームレスの元に突然現れ「ホームレスのリーダーと恋に落ちるヒロインを演じるので取材に協力してほしい」と言い出します。

放送は全6回で5月7日に最終回を迎えましたが、成海璃子はついつい協力したくなるような、好奇心旺盛なキャラクターのナオをチャーミングに演じてストーリーを彩っていました。

独身だった2019年12月のインタビューでは「これから先、私が家庭を持てば自分自身も変化するでしょう」とコメントし、「どんどん表現できることも変わっていくのかな」と思いを馳せていた成海璃子。結婚を経て、女優としての幅も広がっていくのではないでしょうか。

子役時代からどんな役柄にも対応していた、才能あふれる女優の今後に期待がかかっています。

成海璃子がサブカルをこよなく愛するワケ!おすすめ映画がディープでマイナー過ぎ!!
松岡茉優が子役時代は負け組だったと告白!ドラマ・映画で目指すポジションは八嶋智人?
伊藤沙莉は子役時代から演技派女優だった!?兄はお笑い芸人?

関連記事

ページ上部へ戻る