月亭八光は横山裕(関ジャニ∞)と大親友!面白くないのは父親譲り!?

月亭八光は横山裕(関ジャニ∞)と大親友!面白くないのは父親譲り!?出典:http://www.nttdata.com/jp/ja/index.html

月亭八光は横山裕(関ジャニ∞)と大親友!面白くないのは父親譲り!?

月亭八光は横山裕(関ジャニ∞)と関西つながりで大親友!

月亭八光は、関西人で知らない人はいないというほどテレビに出まくっている落語家です。しかし、関西以外の人にはあまり知られていないようですので、皆さんがよく知っている芸能人とのエピソードを紹介しましょう。
月亭八光の交友関係はとても広く、小学校2年生の時に、明石家さんまに「アホじゃありませんねん パーでんねん」のギャグを5000円で売ったという逸話(?)があります。

また、関ジャニ∞の横山裕とは家族ぐるみの付き合い。月亭八光と横山裕(関ジャニ∞)の2人で旅行に行くこともしばしばです。一時期は、週4で遊んでいたこともあるのだとか。そのため、横山裕のファンから「横山君に渡してください」と、お菓子やプレゼントをよく渡されるのですが、渡す機会がないので、月亭八光の子供が全部食べているそうですよ。横山裕ファンの方は、ご注意を。

月亭八光が面白くないのは父親の月亭八方譲り!?

月亭八光は、こと関西に限っていえば、レポーターなどでレギュラー番組をたくさん持っているのですが、本職は落語家。ところが……月亭八光の落語を聞くことはあまりありません。
理由として挙げられるのが、師匠である父・月亭八方自身の落語のレパートリーの少なさ。月亭八光の父・月亭八方本人も「落語はあまりせえへんねん」とネタにしていた時期もあるくらいなので、弟子である月亭八光も、落語はあまりうまくないのでしょう。
ただし、父の月亭八方が落語のレパートリーが少ないと言っているのはあくまでもネタ。本当はものすごく面白いですし、「地獄八景亡者戯(じごくはっけいもうじゃのたわむれ)」という2時間ほどかかる大ネタがとても得意な実力者です。
息子の月亭八光は、父のネタに乗っかることなく、ちゃんと見習うべきですね。

月亭八光の嫁・ポッチャルSHINOとは?新築の敷地坪数がビックリ!?

月亭八光のテレビに出たがる嫁・ポッチャルSHINOとは?

月亭八光が関西でブレイクしたと同時にテレビによく出てくるようになったのが、ポッチャルSHINOこと、月亭八光の嫁の志乃(SHINO)。月亭八光がレギュラー出演していた、『ごきげん!ブランニュ』には、嫁のSHINOも同時に出演していました。結婚前にはモデルもしていたという、かわいらしい顔立ちのSHINO。しかし、月亭八光と結婚してからというもの、どんどんポッチャリしてきてしまいました。そこで、『ごきげん!ブランニュ』で、MCである赤井秀和とトミーズ雅につけられた嫁のあだ名が「ポッチャルSHINO」。
現在では、夫である月亭八光よりも体重が重たいと、テレビで告白しています。

スポンサーリンク

月亭八光が建てた新築の敷地坪数がビックリ!?

月亭八光は、『ごきげんブランニュ!』のコーナー、『八光・ほんまに家を買う』というどこかで聞いたようなタイトルで、嫁のポッチャルSHINOとともに、本気で新居を探すため関西中をロケしていました。
本家本元の芸能人が家を買う企画同様、散々豪邸を探し回った挙句、ついに月亭八光が手に入れた豪邸は、なんと17坪。
17坪??平米数にしたら56㎡……。あれだけウン億円の豪邸を何度も見学しながら、ちょっとコンパクト過ぎませんか?と、毎週楽しみにしていた視聴者は拍子抜け。しかし、仕事が忙しいからとおごることなく、堅実にしているところが逆に好感を持てるというものです。

月亭八光は親の「七光り」を超えられるか?

月亭八光の「八光」という名前は、師匠である父・月亭八方が「親の七光りを超えられるように」と名付けました。今や月亭八光は関西でレギュラー・準レギュラー合わせて11本を持つ超売れっ子。出演するどの番組も、関西ではお茶の間に長年愛されている番組ばかりです。
月亭八光の良さは、なんといっても人柄。くったくのない笑顔と、優しく親しみやすいしゃべり口で、主に関西のオバちゃんたちの支持を集めています。関西ローカルでの出演本数ランキングで、月亭八光は、常に堂々の1位。これなら十分「名は体をを表す」にふさわしく、七光りを超えていますね。
月亭八光には、「東京に進出しないの?」という声もよく聞かれますが、これだけ関西で売れていれば、東京にあえて行くこともなさそうです。また、月亭八光と月亭八方親子のキャラといえば、「太鼓持ちキャラ」。その実力は門者らしく、芸能人ばかりでなく関西の社長さんたちにも交友関係が広いといいます。それも月亭親子の人柄がなせる技なのでしょう。
幼いころからテレビ出演しているため、関西人にとって、月亭八光には「子供」というイメージも強いですが、来年40才だというから驚きます。これからもその愛くるしい笑顔を武器に、関西でがんがん活躍してほしいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る