ウエンツ瑛士と小池徹平のユニット「WaT」再始動の裏側

ウエンツ瑛士と小池徹平のユニット「WaT」再始動の裏側

ウエンツ瑛士と小池徹平のユニット「WaT」再始動の裏側

ウエンツ瑛士 小池徹平とのユニット「WaT」デビューまで

ウエンツ瑛士は1985年10月生まれ、ドイツ系アメリカ人の父親と日本人の母親を持つハーフタレント。4歳の頃からモデルとして活躍しており、天使系美少年と呼ばれていました。

一時は芸能界を引退したウエンツ瑛士でしたが、大河ドラマで森蘭丸役を務めたり、バラエティ番組で活躍するようになった2002年頃、小池徹平とシンガーソングライター・デュオを結成して路上ライブを始めます。2004年にWaTとしてインディーズデビュー。翌2005年には「僕のキモチ」でメジャーデビューも果たしました。

そしてウエンツ瑛士は、メジャーデビューから2カ月後、史上最短で「NHK紅白歌合戦」に2年連続で出場しています。路上ライブでの成功がキッカケでデビューとなったウエンツ瑛士と小池徹平の「WaT」。

デビューしてから10年経った今、ウエンツ瑛士は「当時を振り返ると、ピュア過ぎました!今、同じWaTをしようと思っても、あのピュアさは表現しきれないと思う」と、懐かしさと恥ずかしい気持ちと両方が蘇ったようです。

スポンサーリンク

ウエンツ瑛士 「WaT」小池徹平との不仲説 再始動はあるの?

2010年シングルリリースをした後、活動を休止していたWaT。休止の理由として、ウエンツ瑛士と小池徹平の不仲説が囁かれていました。そもそもWaTは、同じ事務所であったウエンツ瑛士と小池徹平が、事務所から言われたのではなく、音楽の趣味が一致しプライベートで始めたのがキッカケ。そういう意味では、「WaT」は、初めから気の合う2人が始めたユニットです。

不仲説が流れた理由は、WaTの休止中に仕事で一緒になることがあった2人の様子がぎこちなかったからと言うもの。ウエンツ瑛士と小池徹平からは「久しぶりに会うので照れ臭かった」という説明がありました。このコメントが示す通り、WaTの2人は、仲が悪いどころか、いまだに恋人同士のように仲が良いのだそうです。

休止中の2人の関係を例えると「遠距離恋愛中」。お互いが多忙すぎてなかなか会えない状況だったのが休止をした理由だったようです。そして2015年、遠距離恋愛に終止符を打ち、いよいよWaTが再始動します!

スポンサーリンク

ウエンツ瑛士の歴代彼女が華やかすぎて、大島優子と結婚じゃ地味?

ウエンツ瑛士 華やかすぎる歴代彼女

天使のようなピュアさを持った美少年。綺麗な顔立ちで、誰もが見とれてしまうキャラだったウエンツ瑛士。バラエティ番組に出演してからは、英語が全く喋れないことなど、世間のイメージが大分変わってきたようですが、恋愛の噂になると、さすがに華やかな歴代彼女たちの名前が出てきます。まずはベッキー。

お互いがハーフタレントとして活躍していてテレビでも共演が多かったこと、ハーフ会という集まりに2人が所属していることなど、一緒に話をする機会も多く、プライベートでも大変仲の良いことから噂が出ました。デートの目撃情報もあったりしましたが、このデートは番組の企画だったことが判明。仲が良いのは本当みたいですが、ベッキーがウエンツ瑛士の彼女というのは単なる噂のようです。

ウエンツ瑛士 大島優子は地味な結婚相手?

ベッキーの次に熱愛報道されたのが、元AKB48の大島優子です。結婚を前提にお付き合いをし、結婚まで秒読みだとまで報道されました。報道によると、たびたびデートを重ね、2012年にはお互いの家族ぐるみで温泉デートをしているというウエンツ瑛士と大島優子。

しかし、世間では、ベッキーが華やかだったことに対して、大島優子ではウエンツ瑛士と釣り合わないのでは?結婚相手としては大島優子じゃ地味だとさんざんな言われよう。それはともかく、当時、男女交際NGであるAKB48に所属していた大島優子は、ウエンツ瑛士との熱愛を全否定しています。

ウエンツ瑛士側も同様に交際を否定。2015年には、破局説が流れています。すでにAKB48を卒業した大島優子。恋愛は解禁になっているはずなので、ウエンツ瑛士との関係は今後どうなるのか?期待してしまいますね。

ウエンツ瑛士 主演ミュージカル2作目

ウエンツ瑛士の主演2作目となるミュージカル「スコット&ゼルダ」。「怖くないというのは嘘になりますが、30歳という節目に1人の人間の生き方を通して教えてもらった気がします。最後まで走り切れる自信はあります」という意気込みを語りました。

大人のジャズミュージカルという触れ込みの「スコット&ゼルダ」で、ウエンツ瑛士は、歌だけではなくタップダンスも披露!今回の公演は、今までのウエンツ瑛士から、さらに1段成長したウエンツ瑛士の姿が見られそうです。

さらに、WaTとして再始動もするウエンツ瑛士。再始動に向けて、「皆さんの知っているWaTとは違う形になるかもしれない、とプレッシャーはあるけれど、5年前とは違う今のWaTを楽しみたい。5年経った今の等身大のWaTが表現できれば。」と語っています。

モデル、俳優、タレント、ミュージシャンという多彩な顔を持つウエンツ瑛士。活動休止していたWaTの再開をファンのみんなも待っていたことでしょう。劇的なデビューを果たし、走り続けてきたWaT。再始動プレッシャーも相当あるでしょう。

それでも楽しみたいと話すウエンツ瑛士は、小池徹平との活動を心待ちにしていたと思われます。30歳という大人の魅力が加わった新たなウエンツ瑛士、そして新生WaTがどんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る