中田ヤスタカが 結婚を申し込んだ大物Kが想定外?カプセルの曲が映画主題歌に!北陸新幹線との関係!

中田ヤスタカが 結婚を申し込んだ大物Kが想定外?カプセルの曲が映画主題歌に!北陸新幹線との関係!

中田ヤスタカが曲づくりをはじめたきっかけは? 昔、結婚を申し込んだ相手が想像の斜め上をいく人物!


中田ヤスタカのプロフィール
◆生年月日:1980年2月6日
◆出身:石川県
◆所属事務所:アソビシステム
◆レーベル:Warner Music Japan/unBORDE

中田ヤスタカが曲づくりをはじめたきっかけは?

中田ヤスタカは(なかたヤスタカ)Perfume(パフューム)やきゃりーぱみゅぱみゅ、鈴木亜美などの人気ポップ・アーティストのプロデュースや彼らへの楽曲提供で知られている音楽プロデューサーです。

中田ヤスタカが作曲を始めたのは、なんと10歳頃から。当時習っていたピアノを弾いているうちに、自分で作った曲を楽譜へ書くようになり、「それをラジカセで録音し始めたら、“録る”ってこと自体が楽しくなっていったんです」とインタビューで語っています。譜面を見ながら弾くだけでなく自分で考えて譜面を書くあたり、すでに作曲家としての才能があったのでしょう。

中田ヤスタカが昔、結婚を申し込んだ意外な相手!

中田ヤスタカは現在(2020年11月時点)未婚のようで、結婚しているという情報や噂はありません。しかし過去にある有名人にプロポーズをしたことがあるようです。

2012年5月に小室哲哉が自身のツイッターにてフォロワーから「ちなみに男性から告白されたことはありますか?」と聞かれ、「ヤスタカから、彼がヘロヘロのとき、結婚してって言われ事、多数回。(原文)」と答えています。

1度ならずとも数回ということで、中田ヤスタカが小室哲哉の才能や人となりに惚れていたということなのかもしれません。

小室哲哉と妻・KEIKOの現在は?レーベルの垣根を超えた引退盤ベストアルバムの収録曲が話題に

中田ヤスタカはゲーム音楽や北陸新幹線のメロディー、キズナアイとのコラボも

中田ヤスタカはゲーム音楽も担当!湘南の風とタッグ

中田ヤスタカはミュージシャンへの楽曲提供だけでなく、自身の造詣が深いゲームのための音楽も担当しています。2018年7月にスクウェア・エニックスより配信されたスマホ向けゲームアプリ「戦国アクションパズルDJノブナガ」ではその音楽を全面的に担当し、ゲーマーの間で話題になりました。

小学校高学年ぐらいからPCエンジンとファミコン、メガドライブなどでよく遊んでいたという中田ヤスタカ。そして高校生になったあたりから本格的に音楽を作り始めたといいますが、この頃を振り返り「PCエンジンで効果音だけが再生できたことを思い出して、めちゃくちゃサンプリングしました」とインタビューで語っています。幼い頃からゲームをしつつ、その音楽にも耳を澄ませていたようです。

2020年1月9日には、湘南乃風とコラボした楽曲「一番歌」をデジタルリリースしており、この歌はPS4(R)専用ソフト「龍が如く7 光と闇の行方」の主題歌にも採用されています。

 中田ヤスタカは北陸新幹線のメロディー提供やキズナアイとのコラボも

中田ヤスタカは芸術の街としても知られる、石川県金沢市出身です。その縁から、2015年3月14日に開業した北陸新幹線金沢駅の発車メロディを中田ヤスタカが制作、提供しています。「世界で最も素晴らしい駅ベスト10」にも選出された金沢駅と、世界で活躍する金沢出身の中田ヤスタカとのコラボは当時メディアでも話題になりました。

わずか15秒のメロディーですが、金沢の「自然」「伝統と創造」、新幹線の「スピード感と快適性」を表現したという中田ヤスタカの作ったメロディーは、ファンならずともぜひ聞いてみたいところです。

このようにミュージシャン以外にも楽曲提供をしている中田ヤスタカですが、バーチャルYouTuberであり音楽アーティストとして知られているキズナアイとも過去にコラボをしています。

2019年8月よりきゃりーぱみゅぱみゅの楽曲「キズナミ」をキズナアイとカバーし、配信。キズナアイのアカウントでは、このカバー曲に対し日本だけでなく中国を始めとした世界のフォロワーからコメントが寄せられていました。

おおたか静流は「にほんごであそぼ」の音楽プロデューサー!プロフィールが知りたい!

中田ヤスタカは米津玄師と「何者」主題歌でコラボ!ユニット・カプセルの相方はこしじまとしこ

中田ヤスタカは米津玄師と「何者」主題歌でコラボしていた!

中田ヤスタカは今を時めくミュージシャン・米津玄師と2016年10月15日に公開された映画「何者」にてコラボしたこともあります。

映画の劇中音楽を全て中田ヤスタカが手掛け、アルバムには全曲書き下ろしのサウンドトラックも収録するという豪華ぶり。主題歌では米津玄師が作詞とボーカルを担当し、日本の音楽シーンを率いる大物2人による初のコラボは大きな話題を呼びました。

この時のコラボについて中田ヤスタカは「最初は僕が(主題歌の)歌詞を書いたり、共作したりするのもどうかという話もあったんです。」と語っており、「でも、そこは僕の判断で彼に任せたほうがいいと思った。SNSのリアルについてはきっと僕よりも得意だろうし」と、米津玄師に任せたようです。

米津玄師とは良い関係を築いているようで、中田ヤスタカは彼とのツーショット写真を自身のインスタにも投稿しています。

中田ヤスタカのユニット・カプセルの相方はこしじまとしこ

中田ヤスタカはそのソロ活動に注目されがちですが、1997年、同じ金沢市出身のこしじまとしこと音楽ユニットCAPSULE(カプセル)を結成しており、ユニットのメンバーとしても活動しています。

このCAPSULEの全アルバム楽曲は2020年7月10日よりApple Musicをはじめとするストリーミング・サービスにて配信されました。

2021年公開のアニメーション映画「シドニアの騎士 あいつむぐほし」の主題歌を担当することも発表されているCAPSULE 。2021年にメジャーデビュー20周年を迎えるCAPSULEの今後の活躍も必見です。

中田ヤスタカの作る楽曲はCAPSULEのそれにしてもきゃりーぱみゅぱみゅに提供している楽曲にしても、今までの音楽にないようなリズム、独特のメロディで聴き手に新鮮な感覚をもたらすことが多いのが特徴です。

中田ヤスタカは自身の音楽に対し「『こんな曲ってあるんだ』と思われる方がやりがいがあります。クセが強くないと面白くなくないですか?」「究極、遊ぶように創作活動したい。人のために曲を作るのなら、全然やる気が起こらない。自分が楽しみたいから」とも過去に語っており、少年時代と変わらず楽しみながら楽曲を作っているようです。

彼自身が作る時に楽しんでいるからこそ、その曲を耳にしたファンも楽しい気持ちになれるのでしょう。これからどんな音楽を聴かせてくれるのか、中田ヤスタカの活動から目が離せません。

中田ヤスタカはperfumeやきゃりーのプロデュースのみならず!年収が天才性に見合っていない?
のっちの性格はPerfumeイチの天然?熱愛報道相手の振り幅が大きかった!ゲーム時間がすごい?
米津玄師の曲、歌詞、イラストすべてが良い!ハチ時代からの経歴をおさらい

関連記事

ページ上部へ戻る