財木琢磨「テニミュ」「刀ミュ」で話題の若手俳優のプロフィール!カノバレで大炎上?

財木琢磨「テニミュ」「刀ミュ」で話題の若手俳優のプロフィール!カノバレで大炎上?出典:http://news.livedoor.com

財木琢磨「刀ミュ」大倶利伽羅役で出演!プロフィール、本名は?

財木琢磨はミュージカル「刀剣乱舞」大倶利伽羅役で出演中!笑わない一匹狼キャラを熱演!

財木琢磨は、2.5次元舞台を中心に活動している若手俳優です。2017年は、「刀ミュ」こと、大人気ミュージカル「刀剣乱舞」の新作公演への出演が発表されています。「刀剣乱舞」、もともとは日本古来の武器である日本刀を擬人化し、収集、育成していくゲームです。

歴史改変を目論む歴史修正主義者と、刀剣を擬人化した刀剣男士たちが戦うという物語。2017年3月より公演が行われている「三百年の子守唄(みほとせのこもりうた)」で、財木琢磨が演じている大倶利伽羅は、刀身に倶利伽羅竜が彫られた、伊達家に所縁のある刀。一匹狼気質で、他者となれ合うことを嫌います。

「刀ミュ」は、ライブパートでのファンサービスが人気ですが、大倶利伽羅は、役柄そのままに観劇に来たファンにも塩対応。キャストがTwitterなどに写真をアップする際も、笑顔を見せることはありません。キャラクターを踏襲した対応であるため、ファンサービスをしてもらってもしてもらえなくても美味しいと、原作ゲームファンにも好評です。

財木琢磨はジュノンボーイだった!福岡出身で本名は?

財木琢磨は、1992年10月15日生まれで、福岡県の出身です。身長178cmの長身で、趣味はバスケットボール。特技の空手は、黒帯の腕前なのだとか。2012年に開催された第25回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で、フォトジェニック賞及び紅茶花伝賞を受賞し、芸能界入りしました。

スポンサーリンク

コンテストの「告白タイム」という審査では、地元・福岡の方言で愛の言葉を披露しています。その影響もあってか、2013年に、若手俳優がミニドラマなどで方言の魅力を伝える「方言彼氏」でデビューを飾りました。2014年公開の映画「25NIJYU-GO」マサ役以降は、活動の中心が舞台へと移っていきます。

2015年からは、ミュージカル「テニスの王子様3rdシーズン」手塚国光役を担当。2017年1月公演の舞台2.5 Escape Stage「甲鉄城のカバネリ」来栖役、2017年3~4月はミュージカル「刀剣乱舞 三百年の子守唄」に出演しました。財木琢磨は芸名で、本名は財木琢未と、一字違いとなっています。

財木琢磨「テニミュ」手塚国光役!卒業間近にカノバレで大炎上!?

財木琢磨「テニスの王子様3rdシーズン」8代目手塚国光役の評判は?

財木琢磨が広く知られるようになるきっかけになった作品は、ミュージカル「テニスの王子様3rdシーズン」略して「テニミュ」。許斐剛の同名漫画を原作とした作品で、2.5次元舞台人気に火をつけた立役者的な存在です。2003年に初演が行われて以降、キャストを変更しながら公演が行われてきました。

スポンサーリンク

城田優や斎藤工といった、TVや映画でお馴染みの人気俳優も、実は「テニミュ」出身です。そのため、現在は、若手俳優の登竜門という位置づけにもなっています。主人公の越前リョーマが在籍する青春学園を中心に、対戦するライバル校が一公演ずつ変わるのが特徴の「テニミュ」。財木琢磨は、8代目キャストとして、青春学園テニス部の部長・手塚国光を演じました。

手塚は、中学生離れした、クールな性格の持ち主です。財木琢磨の手塚国光はキャラ再現度が高く、上品さがあったという意見も。本人は、ストイックながらも、共演者が口をそろえて「天然」という少々ずれた性格の持ち主とのことです。キャラクターと本人ギャップにキュンときたファンも多いようです。

財木琢磨にファン激怒!「テニミュ」卒業間近にカノバレで大炎上騒動の一部始終

財木琢磨は、熱愛彼女との写真がTwitter上に流出し、Twitterやブログなどにファンからのコメントが殺到して大炎上したことがありました。写真が流出したのは、「テニミュ」8代目キャストの卒業公演となる「青学vs氷帝」が始まる直前と、なんともタイミングの悪い時期。話題になった彼女とは、同棲疑惑や未成年飲酒疑惑にまで発展しています。

通常ならば、「そもそも恋人の存在自体が許せない」というファンも存在しますが、「イケメンならば彼女はいて当然」と冷静なファンもいるものです。しかし、「テニミュ」公演は、約2カ月にもわたって行われる心身ともに負担の大きい作品です。稽古期間中とはいえ、公演直前に遊んでいるとは何事かと、仕事に対する取り組み方に激怒するファンの姿が多くみられました。

財木琢磨が壮絶な心理戦が繰り広げられるドラマ「トモダチゲーム」に出演!

「テニミュ」に登場して以後、舞台への出演が多くなっている財木琢磨。しかも、2017年4月からは、テレビ神奈川や、北海道テレビ、テレビ埼玉といった地方のテレビ局8社で放送が決定しているドラマ「トモダチゲーム」への出演が発表されています。「トモダチゲーム」は、山口ミコト原作で、佐藤友生作画の漫画作品です。2014年より、「別冊少年マガジン」にて連載されています。

あらすじは、「お金よりも友情を大切にしなさい」と母から教えられて育った主人公・片桐友一が、ある日、修学旅行費として集められていたお金が盗まれてしまいます。その結果、友一と、学年トップの秀才である美笠天智、クラス副委員長の沢良宜志法、委員長で政治家の息子の四部誠、アニメ好きなインドア女子・心木ゆとりの5人が、「トモダチゲーム」の会場に連れ込まれてしまいます。

ゲームの内容はさまざまですが、基本的には、友達を信じていれば簡単にクリアできるものばかり。ゲームの案内人である謎の人形マナブくんに導かれるまま、5人はゲームに参加することになります。コックリさんや、スゴロク、かくれんぼと、誰でも知っているゲームに独自ルールが加わることにより、疑心暗鬼になっていく5人は次第に……。

片桐友一役は、映画「サマーソング」で主演を務めた吉沢亮が、美笠天智役は山田裕貴、沢良宜志法役は内田理央、四部誠役は大倉士門、心木ゆとり役は根本凪と、若手の俳優陣がキャスティング。その中で財木琢磨が演じるのは、トモダチゲームに参加するライバルKチームのメンバーです。連続ドラマへの出演は初めてとなる財木琢磨ですが、「トモダチゲーム」は劇場版の公開も決定していることから、今後注目が集まることは必至でしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る