丸山桂里奈と本並健治が結婚!元監督と選手のふたりの新婚生活とは?

元サッカー日本代表選手2人の新婚生活


丸山桂里奈のプロフィール
生年月日:1983年3月26日
出身:東京県
身長:162cm
血液型:O型
所属事務所:ホリプロ


本並健治のプロフィール
生年月日:1964年6月23日
出身:大阪府
身長:186cm
血液型:B型
所属事務所:ホリプロ

丸山桂里奈と本並健治が結婚!プロポーズ回数は50回以上?!

元サッカー日本女子代表の丸山桂里奈(まるやま・かりな)は、2020年9月5日、さいたまスーパーアリーナで開催された「第31回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2020 AUTUMN/WINTER ONLINE」(通称TGC)にサプライズ登場し、結婚したことを電撃発表!ステージでは元日本代表の前園真聖が牧師役を務め、公開結婚式を挙げました。

本並健治はサッカー女子日本代表チームの監督を務めていた時期もあり、元チームメイトからも驚きの声が多く上がったと言います。二人の歳の差は19歳差、 本並健治は丸山桂里奈のことを「桂里奈」と呼び捨てにしているそうですが、一方の丸山はもともとの関係が抜けないのか、しばしば「本並さん」と呼んでしまうとか。

気になるプロポーズは、なんと50回以上もやり直させたというから驚きです。2020年9月25日放送の「ノンストップ」で丸山は一生に一度の出来事だからこそ、軽くではなくしっかりしたプロポーズを望んでいたと語っています。また、理想のプロボーズについては、「背後が一番危険。だから理想は暗闇で背後からプロポーズされたい。」と独特の価値観を披露。ついには、丸山の両親へのあいさつの際に、「娘さんを幸せにするので、結婚しても良いですか?」と話したそう!本並の度胸と積極性に感服ですね。

元日本代表選手・丸山桂里奈の輝かしいサッカー経歴!

丸山桂里奈(まるやまかりな)は、1983年3月26日生まれの元サッカー日本女子代表で、現在はホリプロのタレントとして主にバラエティで活躍しています。
出身は東京都大田区で、2004年に日本体育大学を卒業しています。2005年に東京電力に入社、配属先は福島第一原子力発電所でした。入社と同時にL・リーグ(現・なでしこリーグ)の東京電力女子サッカー部マリーゼに入団し、8得点をあげて同年の新人王を受賞しました。素晴らしい活躍ですね!

しかし、2008年の北京五輪で日本代表に選出された際は、得点を決めることが出来ず、チームも4位に終わりました。翌年、東京電力の退社と共に同社サッカー部マリーゼを退団します。 アメリカのプロリーグや、国内のジェフユナイテッド市原・千葉レディースへの移籍を経て、2011年、FIFAワールドカップのメンバーに選出されます。4試合に出場し、準々決勝では延長後半3分に得点を決めました!これが決勝点となり、日本女子代表はワールドカップで初めてベスト4に進出するなど、2016年の引退まで、輝かしいプロサッカー選手の功績を修めています。

タレント・丸山桂里奈のオモシロ発言とは?!

引退後、タレントとしてバラエティーなどで活躍している丸山桂里奈。一部では”ポスト出川”と言われているとか…。丸山のオフィシャルブログで話題になった爆笑エピソードをいくつかご紹介します。

耳に何か入っていても気が付かない?!

ある日、電話をしていて、「なんだか電話の声がとおいなー」と思っていたら…。なんと耳の穴にイヤフォンのシリコン部分が入っていたそうです!「いつの間にか外れてて気が付かなかった!それぐらい付け心地がよかったのか~」と楽観的な想いをつづっています。

車をインロックして、〇〇〇〇から車内に侵入?!

またある日は、車をインロック(車のキーを車内に置いたまま外に出てしまい、ドアの鍵がかかって締め出されてしまうこと。)してしまったそうです。焦った彼女はなんと!開いていたトランクから車内へ入り、シートの隙間をぬってドアの鍵を開けたそうです!客観的にみるとかなり怪しい行動ですが、丸山だと分かると爆笑エピソードになってしまいますね!

ほかにも、よく失くし物をしたり、左右で違う靴下を履いてしまったりと、天然なオモシロエピソードがあふれる彼女。今後のエピソードにも注目ですね!

本並健治ってどんな人?プロフィールをご紹介!

本並健治(ほんなみけんじ)は、1964年6月23日生まれ、大阪出身の元サッカー日本代表選手です。
大阪商業大学を卒業後、ガンバ大阪の松下電器産業サッカー部に入団、GKとして度々見せる鋭い反応や積極的な攻めの姿勢が注目を浴び、人気選手の1人となりました。

ところが、1993年7月のサンフレッチェ広島戦で相手選手と激しく接触。腎臓破裂の重症を負い、試合後の手術で腎臓の4分の1を摘出しました。しかし、本並は驚異的な回復力をみせ、7ヶ月後には正GKとして再びピッチに立ちます!
クラブではその後もチームの顔として活躍し、2001年に引退するまで、Jリーグ創世記に培われた鋭い反応を武器に、”第2期”全盛期と言える活躍を見せました。Jリーグの通算出場は209試合でした。

引退後は、サッカー中継で解説やリポーターを担当のほか、プロサッカー選手を多く輩出している京都産業大学や、全国高校サッカー選手権大会で第3位に輝いたこともある東海大学付属仰星高等学校、なでしこプレミアリーグのスペランツァFC大阪高槻などで、コーチ・監督を務めました。

<丸山桂里奈に関する記事はこちらも!>

丸山桂里奈が現役時代のなでしこ裏話を暴露!不思議ちゃん発言に山里亮太も困惑!?
丸山桂里奈が「しくじり先生」で、なでしこジャパン時代の失敗エピソードを披露!グラビア写真の評判はいかに?

元”監督と選手”。気になるふたりの新婚生活は?

10月中旬から同棲を開始した2人。本並は、丸山の意外な一面に驚かされているそうです。丸山は礼儀や挨拶に厳しく、結婚のお祝いにしっかりとしたお礼状を書いたり、家に帰ってきた際には毎回玄関まで出てきて「おかえり」を言ってくれたりと、しっかりとした”妻”としての姿を見せてくれていると言います。

出産については、丸山は「まだ、ぜんぜん」と明かしているが、本並は「僕が東京オリンピックの年(1964年)に生まれたのですが、今回の東京五輪が来年に延びたので、それで…という感じもあるのかな」と話しています!本並としては来年妊活予定、ということでしょうか?

幸せな2人にこれからも注目です!

関連記事

ページ上部へ戻る