花田景子は最強チーママと呼ばれていた過去があった?元貴乃花親方花田光司とついに離婚が決定!

花田景子は“最強チーママと呼ばれていた?今後の活動が気になる!

花田景子がチーママと呼ばれていた伝説の内情とは?

元フジテレビアナウンサーの花田景子には、チーママと呼ばれていた伝説があります。それは、彼女のアナウンサー時代のことでした。

花田景子(当時は河野景子)の同期には、有賀さつき、八木亜希子がいました。しかし、彼女たちがどんどんデビューしていくのに対し、花田景子はなかなかアナウンサーの仕事が割り当てられなかったのです。

新人アナウンサーだった彼女は、先輩アナウンサーにコーヒーを出すことに精を出し始めました。それが、ただコーヒーを入れるのではなく、先輩それぞれの好みを把握し、笑顔で「お疲れ様です」と言いながらコーヒーを出したのです。

花田景子の徹底ぶりに、ついたあだ名がチーママ。彼女のチーママ伝説は、ここで生まれたのでした。

花田景子の今後の活動は?すでに講演実績も十分!結婚生活を暴露した本も執筆!?

元貴乃花親方と離婚した花田景子の今後の活動に注目が集まっています。離婚する前より、部屋の女将業の他に司会業、商品開発プロデュース、イベントでの講演活動を精力的に行ってきた実績があるので、離婚によって今後は一層幅広く活躍することが予想されます。

2019年3月には、著書「こころの真実 23年のすべて」を刊行した花田景子。同書は、元貴乃花親方との結婚生活が赤裸々に綴られていることで大きな話題を呼びました。

こちらもおすすめ:相原勇は元横綱・曙との婚約破棄を経てハワイで充実生活!?

花田景子はフランス語が話せる元アナウンサー!経歴が気になる!

花田景子がフランス語をマスターしたきっかけは?留学先について知りたい!

花田景子は日本語、英語、そしてフランス語を話すトライリンガルです。早くからアナウンサー志望だった彼女は語学力向上のため、高校2年生の時にアメリカのニューヨーク州の田舎町にある「Oneonta High School」に留学しました。

順調に英語力を身につけていった花田景子でしたが、高校の恩師に「3カ国語を武器にするように」とのアドバイスを受けます。やがて、上智大学外国語学部フランス語学科でフランス語を学び始めた彼女は、大学の女子寮で多くの留学生と過ごすこともあり、ますますフランス語をはじめとする語学に磨きをかけていきました。

花田景子の経歴がスゴすぎる!パリ支局に駐在していた?プロフィールも紹介!

1964年11月12日生まれ、宮崎県宮崎市出身の花田景子は元フジテレビアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーです。上智大学在学中には美貌と知性を活かして「ミス・ソフィア・コンテスト」に出場し、見事「ミス・ソフィア」に選ばれました。

これをきっかけにモデル活動を始めた花田景子は、TBS系で放送された「世界めぐり愛」では女子大生レポーターとして世界を飛び回るようになり、大学在学中からメディアと関わっていたという経歴の持ち主なのです。

1988年にフジテレビへ入社した花田景子は、ニュース・報道番組を中心に活躍。同期の有賀さつき、八木亜希子と共に「花の三人娘」と呼ばれ、視聴者から親しまれるようになります。しかし、本当は大学で学んだフランス語を活かした仕事をしたかったという花田景子。やがて希望が叶い、1991年から1年間フランス・パリ支局に特派員として駐在しました。

こちらもおすすめ:加藤綾子のインスタが人気!結婚の予定はあるの?すっぴんは?髪型も人気!

花田景子が元貴乃花親方・花田光司と離婚!原因は?親権はどうなった?

2018年10月25日、長年にわたり連れ添ってきた元貴乃花親方・花田光司と花田景子が離婚に踏み切りました。1994年から交際を始め、元貴乃花親方が横綱に昇進した1995年に結婚。国民的スターと才色兼備のフリーアナウンサーとの結婚は大きな注目を集め、多くの人に祝福されました。

元貴乃花親方が2003年に現役を引退し、親方になったことで花田景子の立場も部屋の女将に変わりました。華々しいキャリアを築いてきた彼女にとって、歴史と伝統を重んじる女将としての生活は、試行錯誤の連続だったことでしょう。

貴乃花部屋を切り盛りし、元貴乃花親方を支えてきた花田景子でしたが、離婚前には大きな試練に見舞われます。2017年11月に起こった元横綱日馬富士の暴行騒動の末、元貴乃花親方が理事を解任され、さらに2018年9月には相撲協会を引退してしまったのです。

元貴乃花親方を支援してきた龍神総宮社の辻本公俊は、離婚原因について「元貴乃花親方は、景子さんが部屋の女将一本ではなく、フリーアナウンサーとして芸能活動のようなことをしていることに違和感を覚えるようになったと言っている」と、語ります。その一方で「相撲部屋の運営は、協会からの助成金だけではやっていけない。景子さんにしたら『運営資金の足しになれば』という思いもあったのでは」と、胸の内を明かしました。

3人の子どものうち、未成年の長女と次女の親権は、元貴乃花親方が持つことで合意に至りました。たくさんの人々に祝福された結婚から、結果的に離婚という形になってしまった花田景子ですが、彼女はまだ50代半ばに差し掛かったばかり。持ち前の才能を活かし、新たな道を力強く歩んでいくのではないでしょうか。

<こちらもおすすめ!>

貴乃花親方の今後はどうなる?部屋消滅に離婚、度重なる不運からの再スタート
花田優一がイケメン靴職人に!父・貴乃花親方の跡を継がなかったワケとは?
横野レイコはフジテレビ専属のレポーター!元横綱朝青龍のバトルとは?

関連記事

ページ上部へ戻る