市來玲奈が日テレアナウンサーに!乃木坂46卒業理由の真相は?

市來玲奈が日本テレビのアナウンサーに!金スマ社交ダンス辞退は大学のため?

市來玲奈がアイドルから日本テレビアナウンサーに転身!

国民的アイドルグループ乃木坂46の最前線で活躍していた市來玲奈は、2014年、早稲田大学本庄高等学院から早稲田大学へ内部進学したタイミングで乃木坂46を卒業しました。その後は、女優として活動していくものと思われていましたが、大学卒業を控えた2017年、日本テレビのアナウンサーに内定したとの報道が!日テレのアナウンサー採用と言えば、求人倍率が1000倍以上になるという超難関。

その直後はアナウンサー内定について尋ねられてもノーコメントを貫き、「きちんと(大学を)卒業するのが第一」と答えるにとどめていましたが、否定しなかったところを見ると事実だったのでしょう。順調にいけば、2018年春には新人アナウンサー市來玲奈がお目見えとなりそうです。

市来玲奈は学業優先が理由で「金スマ」社交ダンスを辞退した?早稲田大学の単位は大丈夫?

乃木坂46を引退した翌2015年、市來玲奈は、中居正広が司会を務めるTBSのバラエティ番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」の社交ダンス企画に出演しています。実は、小学校6年生の頃から競技ダンスを始め、芸能界にデビューする前から、数々の大会で好成績を残してきている市來玲奈。

日本で首位となり国際大会に出場するなど、競技ダンサーとしてはトップクラスで、高校時代には、日本ダンススポーツ連盟により強化選手リストに選出された実績もあります。「金スマ」では、TBSアナウンサーの山本匠晃とカップルを組んで、「日本プロフェッショナルボールルームダンサーズ協会主催ダンススポーツ大会」に出場。青いドレス姿で華麗なダンスを披露した市來玲奈は、山本匠晃と共にワルツとスローフォックストロットの2種目で1位を獲得し、初出場で優勝という快挙を遂げます。

当然、その後の活躍も期待された市来玲奈・山本匠晃組でしたが、学業を理由に市來玲奈が練習をキャンセルして以降は進展がないまま。2017年2月になって、ペア解消と企画の中断が明らかになりました。パートナーの山本匠晃ですら「新聞を見て初めて知った」という驚愕の発表は事実で、市來玲奈によると企画中断の理由は「学業を優先したい」から。ブログには「今はまだ多くを語ることはできませんが、夢を叶えられるように、私は全力で頑張ります」とコメントしました。

乃木坂46は卒業したものの、学業と並行して芸能活動を続けていたため「単位が危ういのでは」という噂もあった市來玲奈。日テレのアナウンサーに内定したことで、早稲田大学を卒業できるよう単位取得に注力せざるをえなくなったのでは、と見る向きもあるようです。

市來玲奈の乃木坂46卒業理由はスキャンダル?!性格は?

市來玲奈の乃木坂46卒業理由は学業優先ではなかった?スキャンダルが原因?!

学業に専念するために乃木坂46を卒業した市來玲奈ですが、本当の卒業理由はスキャンダルがあったからではないかとも囁かれています。その1つが、2013年にプライベートで参加していた有名な学校の学園祭での出来事です。乃木坂46の他メンバーと共に参加していた市來玲奈でしたが、一般学生と一緒に収まった写真がネット上に流出。仕事でもないのに、と批判を浴びることになりました。

もう1つのスキャンダルが、交際が噂される男性とのツイッターでのやり取りや2ショット画像が裏アカウントから流出してしまったというものです。とはいえ、一緒に学祭を訪れた他のメンバーはアイドル活動を継続中でもあり、学業優先という説明はあながち嘘ではないと思われます。

市來玲奈の性格は真面目で夢に一途!無責任という批判も

市來玲奈がこれまでに積み重ねてきた競技ダンスの実績や実力だけを見ても、夢や目標に向かって一途で真面目な性格のようです。そうでなければ、学生時代に強化選手に選ばれたり、「金スマ」の社交ダンス企画を通じて大会優勝を果たしたりすることなどできません。

乃木坂46のトップとして輝くことができたのも、自ら真面目に取り組んできた結果でしょう。市來玲奈本人は、自らの性格について、完璧主義で頑固な一面がある「かめさんモード」だと語っています。また、「物事をグレイのままにしておけない」性格だからこそ、乃木坂46の活動や「金スマ」社交ダンスがこれからという場面であっても学業優先という決断が下せたに違いありません。

パートナーへの相談もなしに「金スマ」の社交ダンス企画を蹴ってしまったことから無責任な性格だと批判もされましたが、それも真面目な性格ゆえ。紆余曲折はありましたが、アナウンサーとしても「かめさんモード」で一歩ずつ着実に歩んでいくのではないでしょうか。

市來玲奈主演映画「9~ナイン~」は2018年2月公開!

2018年に新人アナウンサーとして新しい世界に羽ばたいた市來玲奈。その直前の2月に、ヒロインを務めた映画「9~ナイン~」が公開しました。映画「9~ナイン~」は、市來玲奈演じる売れない女優・佐伯小夜がひょんなことからボクシングにチャレンジすることになり、人間的に成長していくというコメディテイストの青春映画。市來玲奈は、競技ダンスで鍛えてきた経験も活かして、人生初挑戦となったボクシングに真正面から臨む奮闘ぶりを見せています。

元プロボクサーの亀田大毅やプロレスラーの前田日明、タレントのさとう珠緒といった超個性的な共演陣も魅力的ですが、ボクシングジムで指導を受けてアザだらけになった顔を披露しているという市來玲奈も見逃せません。女優としての最後の作品ですから、ファンはしっかり目に焼き付けたことでしょう。

これから社会人として、いくつもの試練が待ち受けている市來玲奈。社交ダンスや、乃木坂46で培った歌唱力、名門大学出身という知性など、高いポテンシャルも十分に活かして、アナウンサーとしても活躍を続けてほしいですね。

関連記事

ページ上部へ戻る