伊藤かりん(乃木坂46)は将棋アマ初段の個性派アイドル!水着グラビア解禁が待ち遠しい

伊藤かりん(乃木坂46)は将棋アマ初段の個性派アイドル!乃木坂選抜入りはいつ!?

伊藤かりん(乃木坂46)は将棋アマ初段の個性派アイドル!強さの秘訣は将棋愛

伊藤かりんは、乃木坂46のメンバーとして活躍しているアイドルですが、ただ可愛いだけではありません。将棋という特技を持つ個性派アイドルとして知られています。その実力は趣味の域をはるかに超え、NHK Eテレの「将棋フォーカス」では総合司会を務め、雑誌「将棋世界」では連載を持っているほどです。

腕前も、2016年1月に、将棋初段級位認定試験を受験し、日本将棋連盟から1級認定を受けたというから大したもの。2018年3月18日には、将棋初段級位認定試験を再び受験し、途中で指し直しがあったものの、初段認定されました。そんな「将棋アイドル」の名に恥じない活躍ぶりを見せる強さの秘訣は、ずばり将棋愛。乃木坂46の公式グッズのタオルには、自身の名前よりも大きな文字で「振り飛車党」と書かれています。

伊藤かりん(乃木坂46)の選抜入りはいつ?有能なのにいまだ選抜入りできず……

将棋愛と同じくらい強い乃木坂46愛にあふれる伊藤かりんは、実は、乃木坂46の1期生オーディションでは不合格の憂き目に遭っていました。そこで、どのような人が合格したのかを研究するために、乃木坂46のライブや握手会に足しげく通い、熱心に研究したと言います。

その甲斐あってか、2013年3月に行われた乃木坂46の2期生オーディションには見事合格。乃木坂46の研究生としてデビューし、2013年8月にリリースされた乃木坂46の6thシングル「ガールズルール」の発売記念全国握手会イベントでパフォーマンスを初披露しました。

2014年には、乃木坂46の正規メンバーに昇格となっています。活躍する場が増えるにつれて明らかになったのは、頭の回転が速く、コンサートでMCを任されてもきっちりこなせる伊藤かりんの有能さです。しかし、現在までのところ、乃木坂46の選抜メンバー入りを果たしたことはありません。とはいえ、十分な存在感を示しているだけに、ファンの間では、「そろそろ伊藤かりんが選抜入りを果たすのではないか」とささやかれ続けています。

伊藤かりん(乃木坂46)の水着グラビア解禁が待ち遠しい!「アメトーーク!」でトーク力発揮

伊藤かりん(乃木坂46)の水着グラビア解禁が待ち遠しい!推定カップ数はE~F?

豊満なマシュマロボディも魅力的な伊藤かりん(乃木坂46)。しかし、意外なことに、これまでグラビア撮影などはしていないため、水着写真はありません。とはいえ、比較的露出の多い衣装を着ている伊藤かりんを見れば、胸元が豊かなことは明らかでしょう。

2017年9月に発売された雑誌「BOMB!」に掲載された、リラックスしたグレーのルームウェア姿でバストがはちきれそうなショットも話題になりました。伊藤かりんのボディサイズは公表されていませんが、ネット上では、推定カップ数はE~Fくらいではないかと言われています。

伊藤かりん(乃木坂46)が「アメトーーク!」で居並ぶ芸人にも劣らないトーク力を発揮!

伊藤かりん(乃木坂46)が、2018年6月14日放送の「アメトーーク!」に出演しました。将棋をテーマにし「将棋たのしい芸人」と銘打った放送回に出演したのは、小藪千豊やつるの剛士、シャンプーハットてつじ、ペナルティのワッキー、インパルス板倉、かまいたち山内、フルーツポンチ村上。

周りが全員お笑い芸人という中に、バラエティ番組に1人で出演した経験などほとんどない紅一点の伊藤かりんという、珍しい構図となりました。それにも関わらず、コンサートのMCを進行している実力を存分に発揮し、堂々のトークを展開した伊藤かりん。

「振り飛車党 伊藤かりん」と書かれた乃木坂46の公式グッズタオルを持参し、将棋愛を熱く語る様子を見ていた小藪一豊からは、「しゃべりが上手だ」と褒められています。「アメトーーク!」出演により、アイドルファンだけではなく、将棋ファンやお笑いファンの間でも知名度をアップさせたことは間違いありません。

伊藤かりん(乃木坂46)はソロ活動も順調!「横浜ウォーカー」の連載企画がスタート

「将棋アイドル」として注目されるようになった伊藤かりん(乃木坂46)は、トークやMCも器用にこなすことで、ソロでの仕事も順調に獲得しつつあります。その1つが、「横浜ウォーカー」の連載企画「かりんな女子力↗」です。伊藤かりんが、自身の地元である神奈川県にある旬なスポットを巡り、女子力をアップさせていく企画となっています。

ある時は、乃木坂46の同期である相楽伊織と一緒に、藤沢にある陶芸教室で陶芸体験をしました。自身も作陶の作業をしながら、相楽伊織に「ちゃんとできてる~?」と気遣う伊藤かりん。同期同士だからなのか、素に近い顔を見せた伊藤かりんは、将棋で培った集中力で作品作りに没頭し、器用さを披露。インタビューによると、相楽伊織曰く、伊藤かりんは「末っ子キャラでしっかり者ではあるものの、たまに一人称がかりんってなるのがカワイイ」とか。

男性目線だけではなく、女性目線で見ても可愛らしさが感じられるところもまた伊藤かりんの魅力なのでしょう。だからこそ、キラキラと輝く人気アイドルが集まっている乃木坂46でも埋もれずに輝き続けていられるとも言えます。特技の将棋も生かしつつ、得意のトーク力でバラエティ番組等での存在感を増していくことができれば、待望の選抜メンバー入りを果たす日も間近なはず。ここからいよいよ本番を迎えるであろう伊藤かりんの輝きもしっかり見守っていきたいと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る