King&Princeの3人脱退にファン大混乱!衝撃的な発表の真相とは…

King&Princeの3人脱退にファン大混乱!衝撃的な発表の真相とは…

King&Princeの脱退劇にショック広がる!メンバー3人退所後は2人組に…


King&Princeのプロフィール
◆結成:2015年6月5日(Mr.King vs Mr.Prince)
◆愛称:キンプリ
◆メジャーデビュー:2018年5月23日
◆メンバー:岸優太、平野紫耀、神宮寺勇太、永瀬廉、髙橋海人
◆所属事務所:ジャニーズ事務所
◆レーベル:Johnnys’Universe

King&Prince3人の脱退日はいつ?

ジャニーズ屈指の正統派アイドルグループとして、人気を誇るKing&Prince(キングアンドプリンス)。2022年11月4日に事務所の公式サイトで、5人での活動を翌年で終了することを発表しました。

メンバーの岸優太(きしゆうた)と平野紫耀(ひらのしょう)と神宮寺勇太(じんぐうじゆうた)が、2023年5月22日にグループを脱退します。平野紫耀と神宮寺勇太は、グループ脱退と同日に事務所も退所予定。リーダーの岸優太は、2023年秋で事務所を離れる意向です。

3人の脱退後も、永瀬廉(ながせれん)と髙橋海人(たかはしかいと)の2人体制で、King&Princeとしての活動は継続していきます。突然の発表によって、大きな波紋が広がることになりました。

King&Prince3人脱退にファンが大混乱

King&Princeは、発表の当日21時から放送された「ミュージックステーション」に出演しており、終了後の23時に報告の文章が公開されました。

直前までいつも通りに歌声を届けていたKing&Princeのまさかのニュースに、悲しみと驚きでネットも騒然。ティアラと呼ばれるファンの間では、「信じたくない」「何が何だか分からずただ涙が流れてきます」「さっきまでMステ出てたじゃん」など、悲鳴に近い言葉が飛び交っています。

公式サイトでは、「目指す方向が異なってきていることもわかってまいりました」と、方向性の違いが1つの理由であることを報告していました。それでもショックのあまり、メンバーの不仲や事務所内の問題など、脱退の真相を追い求める声も少なくありません。

King&Prince3人の脱退理由は海外進出に対する方針の違い?

King&Princeを脱退する3人が語った海外進出への葛藤

ファンクラブサイトで公開された動画では、メンバーそれぞれが、脱退と残留を決めた理由を説明しました。King&Princeは、ジャニー喜多川前社長と一緒に、「海外で活躍できるグループになる」ことを夢に掲げてきたグループです。

岸優太がファンに伝えたのは、「海外で活躍できるグループになるためには、今のままでは到底無理だと感じるようになった」という心境。現在の仕事と、スキルアップを両立する難しさに悩み、話し合いを繰り返す中で脱退を決めたようです。

平野紫耀と神宮寺勇太は2人とも「活動方針」という言葉を用いて、メンバー間の考えの相違も理由だと述べていました。ずっと海外を目指していた平野紫耀は、「もう遅い」と感じるようになったといいます。

神宮寺勇太も「King&Princeとして」海外進出する夢を追っていたことに言及。1人でも退所するのであれば、自分もグループ活動に終止符を打つ覚悟をもって過ごしてきたと明かしました。3人にとって、海外進出の夢は、活動の原動力であったことが伝わってきます。

King&Prince分裂はなぜ?滝沢秀明の退社に関係はある?

海外進出に向けて頑張ってきたKing&Prince。全編英語詩の曲を発表するなど、本気で準備を進めてきました。しかし、事務所は世界の主流となっているストリーミング配信に消極的で、King&Princeの楽曲も配信されたことがありません。

一方、同事務所のグループ・Travis Japanは、スタート時点から、アメリカ拠点の世界的レーベル・キャピトルレコードと契約。2022年10月28日に、全世界へのストリーミング配信と同時にメジャーデビューを果たしました。

すでに高い人気を誇るKing&Princeは、個人の仕事も多数抱えています。依頼される国内の仕事内容から、3人は「このままでは海外進出できない」と失望したのかもしれません。事務所の方針にも、一石を投じる結果になったのではないでしょうか。

11月5日付けの「日刊スポーツ」が、2021年3月に脱退した、英語力もある岩橋玄樹に今後を相談しているメンバーがいると報じていました。本当なのかは当事者にしか分かりませんが、脱退後に柔軟な交流が実現することは考えられます。

また、2022年10月末でジャニーズ事務所を退社した、滝沢秀明との合流を疑う噂も。しかし、複数のメディアが関係者筋の情報として、「滝沢秀明が退社の意向を伝える前の6月頃に、3人が脱退と退所を申し出た」「無関係」と報じています。取材内容が事実ならば、3人が滝沢秀明と合流する可能性は低そうです。

King&Princeへのコメントが泣ける!先輩ジャニーズの目線

King&Princeの先輩・中丸雄一が渾身のエール

King&Princeの脱退報道には、芸能界もザワついています。事務所の先輩であるKAT-TUNの中丸雄一は、11月6日に出演した「シューイチ」で、8分かけてコメント。「本当に驚きました」と率直な感情から切り出し、自らも脱退者を見送った経験を交えながら、各メンバーの思いを読み解いてフォローしていきました。

本人の意向と違う内容を言わされた?という憶測を意識してか、「第3者の意見が入るって、僕らの場合はまずなかった」と断言。言葉足らずな部分は、気持ちを整理している段階だからだろうという見解を述べ、ファンを安心させました。

才能溢れるKing&Princeについて「もったいない」と表現しつつも、「わかった上で、この決断だと思う」と後輩の意向を尊重。「みんな本当にいいやつ」と評し、脱退の3人には「どういう道を選択するかわかりませんけど、本当に応援したい」、残留する2人には「本当に頑張ってほしい」とエールを送っていました。「悲しい」「なぜ?」というファンの思いに寄り添いながら、後輩への愛に満ちたコメントには、感動したという声が相次いでいます。

King&Princeはバラエティ番組にも多数出演し、お笑い芸人からも愛されていました。海外を目指す3人は、国内のテレビと縁遠くなることが予想され、脱退を惜しむ共演者やスタッフも多いのではないでしょうか。

サンドウィッチマンの2人も、岸優太や平野紫耀と度々共演していたお笑いコンビです。複雑な表情を浮かべながらも、「急に決まったことじゃないでしょうから」と、悩んだ末の結論であることを汲み取っていました。2人のように寂しさはあっても応援することで、心苦しさも感じているであろうメンバーも、前向きな力を得られるはずです。

「King&Princeを残したい」と残留を決めた2人と、「海外進出を目指したい」という3人。20代での決断には驚かされましたが、どちらの道を選んだメンバーも、悔いのないよう精一杯活躍してくれることでしょう!

関連記事

ページ上部へ戻る