木下博勝の弟の死因は?テレビとは異なる顔をジャガー横田は知っていたのか?!

木下博勝の弟の死因は?テレビとは異なる顔をジャガー横田は知っていたのか?

木下博勝のプロフィール
◆生年月日: 1968年1月20日
◆出身:北海道
◆血液型:A型
◆所属事務所:パーフィットプロダクション

木下博勝の弟の死因は?ジャガー横田との結婚を応援した存在だった

ジャガー横田の夫である木下博勝の弟が、2011年3月30日に35歳という若さで亡くなりました。木下勝弘のブログによると、弟の死因は脳出血。病院に搬送された時には手術できないほどに脳へのダメージが甚大で、数時間のうちに亡くなってしまったそうです。

家族全員が反対したジャガー横田との結婚を、唯一応援してくれたという木下博勝の弟。救命救急センターでの勤務経験を持つ木下勝弘は、弟の重篤な状況を誰よりも理解していながら、死に目には会えなかったそうです。医師として、弟の死を防ぐことができなかった木下勝弘の心痛はただならないものだったでしょう。

木下博勝のパワハラは本当?損害賠償請求も

ジャガー横田の夫、木下博勝といえば東大大学院の博士課程を修了したエリート医師としても有名です。しかしながら、2014年に沖縄在住の女性に向けて送った衝撃的なLINEが「FRIDAY」に掲載されるトラブルを起こしています。2人での写真もあり、関係性が読み取れる文面でしたが、事務所は全否定。本人は沈黙を守った状態で事態は沈静化し、その後は各局のテレビ番組で活躍していました。

テレビではにこやかで優しい印象の木下博勝ですが、職場の1つである医療社団法人颯心会の病院で、助手として働いていた准看護師へのパワハラ行為が問題となり、損害賠償問題へと発展しています。2019年12月の「週刊文春デジタル」の報道によってその言動や、慰謝料を請求する内容証明の送付と訴訟の準備が進められていることが明らかになりました。直接取材しようとしたところ応じず、事務所から「事実と異なる」とのコメントが届いたそう。准看護師への暴言については、教育の一環だったと主張しました。

その後、新たな録音音声公開や実名での告発も続いた結果「サンケイスポーツ」などに、行き過ぎた表現についての反省の言葉と一部事実の相違についてコメントを寄せました。弁護士を介して話し合いを進めているとのことで、最終的に訴訟に至ったか和解したのかは、2020年5月時点では報道されていません。木下博勝自身が受けてきた教育方針だったのかもしれませんが、昔とはハラスメントの認識が変わっていますから、ことが大きくなる前に方向性の修正が必要だったのかもしれません。

大竹真一郎の出身大学と経歴!「駆け込みドクター」最強医師軍団メンバーは?

木下博勝の息子・大維志の受験に世間が感動!実家の母親もすごかった?

木下博勝の息子・大維志の中学受験密着放送とその進路

木下博勝とジャガー横田の長男、木下大維志が偏差値71の超難関中学である広尾学園を目指すという中学受験密着放送は、日本テレビ系の情報番組「スッキリ」にて2018年9月27日より5カ月の間放送されました。「父のような医者になりたい」と偏差値41から広尾学園を目指す様子は、テレビの前にいる数多くの受験生やその親たちの励みとなるものでした。家庭での木下博勝は、息子が目標にしたくなる父親のようです。

木下大維志は幼い頃インターナショナルスクールに通っていました。そのため、難関受験に必要な国語力が足りなかったと言われています。読解力は問題文を正しく理解するためにも重要です。放送では木下大維志を指導するプロの家庭教師の受験アドバイスや受験生を抱えるジャガー横田の母としての悩み、息子を一生懸命サポートする親の様子、模試の結果にハラハラする一家の様子などが映し出され、共感した人も多いことでしょう。その後、木下大維志は第1希望であった広尾学園への合格は叶えられなかったものの、併願校には合格したようです。

結局どこの中学校へ進学したのかは、放送内やジャガー横田、木下博勝のブログでははっきりと公開されておらず、不明です。両親が有名人ということもあり、トラブルを避けるために公表はしていないようです。しかしどこの中学校へ進学していようとも、この受験生活で木下大維志が得た経験は、今後も彼が夢に向かって前進するための力となるでしょう。

木下博勝の母親の向学心もスゴイ!大学院に合格していた!

木下博勝の実家は、北海道深川市。父親は、木下博勝が杏林大学医学部在学中の21歳の時に他界していますが、母親は、その後も実家で独り暮らしを続けているとのことでした。木下博勝の母親は普通の高齢者ではないようで、2012年、71歳の時に、仏教大学社会福祉学部の大学院に合格しています。

しかも前年に不合格となった上での再チャレンジだといいますから、木下博勝に幼い頃から英才教育を施してきた母親なだけあって、不屈の向学心はさすがです。大学院過程を終了しているか否かは不明ですが、孫の木下大維志にもあきらめずに挑戦する心が受け継がれているのではないでしょうか。

ケーシー高峰は医事漫談ネタ創始者!医師資格を持っている?!

木下博勝の過去から考察、ジャガー横田一家の明るい未来に期待!

木下博勝、イメージと異なるバンド活動時代

木下勝弘は高学歴の医師でありながら、軟弱キャラの恐妻家売りでジャガー横田と共にタレント業に参入しました。芸能界で見せる顔とは異なる内面が発覚して、その過去に再び注目が集まりました。

実は木下勝弘は、1980年代に活躍した「Tranquilizer」というハードコアパンクバンドのボーカルだったという、意外性を上塗りする過去をもっています。高校時代の学園祭では、缶バッジだらけの皮ジャン、スケスケのインナー、髪を立て、メイクまで施すというパンキッシュなスタイルでライブに出演していたのだそうです。

パンクなソウルを思い出し、キャラ設定を見直すことで明るい道が開けるかもしれません。芸能人の好感度とは不思議なもので、1周回り切ってしまうことでかえって世間の共感が得られる時代です。

木下博勝・ジャガー横田ファミリーの明るい未来に期待

受験生活も終わり、中学生として新しい生活を始めた息子・木下大維志は2019年6月よりツイッターのアカウントを開設、数日に1回更新しています。食べているおやつや食事の写真、2019年には父親の木下博勝の写真も掲載していました。中学生らしい投稿ですが、有名人の息子でありながら気取っていない内容に心も和みます。

家族3人で更新しているYouTubeの「ジャガー横田チャンネル」では2019年12月まで不定期に動画を更新していたものの、それ以降は更新されていません。家族3人でワイワイと盛り上がる動画を楽しみにしていたファンは少し寂しい思いをしているはずです。

ツイッターからは、お騒がせな一面もある父親と暮らしながらも木下大維志がまっすぐに育っている様子が垣間見えるので、家族関係はうまくいっているのでしょう。木下博勝のパワハラ騒動以降、ジャガー横田や木下博勝のツイッターに夫婦や家族の写真はアップされていません。起こしてしまった事態に配慮して、家族で自粛している様子がうかがえます。今後家族3人でメディアに登場することはあるのか不明ですが、きちんと話がついた後にはせめてツイッターやYouTubeなどでジャガー横田ファミリーの元気な姿を披露してほしいものです。

ジャガー横田と旦那・木下博勝は不妊乗り越え妊娠・出産!息子の現在は?
ぺえは「マツコ会議」で話題の原宿WCカリスマ店員!りゅうちぇるとの関係は?
さいとう・たかをの「サバイバル」など不滅の人気作品は?医師免許を持っている!?

関連記事

ページ上部へ戻る