水谷八重子は昭和を代表する女優!その輝かしい経歴は?歌舞伎界と深い関係にある?水谷千重子との関係は?

水谷八重子は昭和を代表する女優!その輝かしい経歴は?

女優であり、歌手としても活動する水谷八重子は、1939年4月16日生まれ。東京都港区の出身です。水谷良重として長く活動していましたが、1995年に大正から昭和にかけて活躍した女優である母親の芸名、水谷八重子を襲名しました。そのため正確には、2代目水谷八重子というのが正しい芸名になります。

母親が女優、父親は歌舞伎役者の14代目守田勘彌という芸能一家に生まれた水谷八重子。芸能の道に進んだのは両親の影響が大きかったことが分かります。1955年8月に舞台女優として芸能界デビューを果たし、同日に「ハッシャ・バイ」を発表。ジャズ歌手としてもデビューしました。

両親が著名な役者であったことに加え、このようなユニークな活動でも話題を集めた水谷八重子はデビューしてすぐ人気女優になり、テレビやラジオ、映画など多方面で活躍しました。「未婚」(1959年)、「からっ風野郎」(1960年)、「台所太平記」(1963年)などの話題作に出演。歌手としては第9回から第12回の紅白歌合戦に出演など華々しい経歴が当時の人気を物語っています。

また交友関係も幅広く、黒柳徹子、5代目坂東玉三郎、越路吹雪など数々の芸能界の大物と親交がありました。特に日本のシャンソンの女王と呼ばれた越路吹雪とは親しい間柄で、水谷八重子は越路吹雪のことを「オネエ」と呼び慕っていたことが知られています。

こうした経歴から、1950年代から1960年代の芸能界で最も輝いた人物の一人として活動が評価された水谷八重子は、2001年に紫綬褒章、2009年には旭日小綬章を受賞しています。

水谷八重子は○○三人娘の元祖!黒柳徹子もメンバーの一人?

人気者の歌手や女優を同世代で三人集め「○○三人娘」と呼ぶのは、芸能界ではよくあることです。1980年代の角川映画で看板女優と言われた薬師丸ひろ子、原田知世、渡辺典子の「角川三人娘」、呼び名は少々違いますが、「花の中3トリオ」として絶大な人気を集めた山口百恵、桜田淳子、森昌子も三人娘ですね。新しいところでは、ガーナミルクチョコレートのCMに出演した土屋太鳳、松井愛莉、広瀬すずの「ガーナ三人娘」でしょうか。

今も受け継がれる「○○三人娘」の元祖は、黒柳徹子、横山道代(現:横山通乃)、そして水谷八重子の3人です。テレビの創成期に活躍した3人は、当時ただ単に「三人娘」と呼ばれていましたが、後に後発組と区別するため「初代三人娘」と呼ばれるようになりました。水谷八重子の当時の人気ぶりがわかりますね。

水谷八重子と歌舞伎界との関係は?坂東玉三郎を襲名する可能性があった?

歌舞伎役者の14代目守田勘彌を父に持つ水谷八重子は、歌舞伎界とも深い関わりがあります。そのことを示す事件が起こったのが1984年8月。当時はまだ水谷良重名義で活動していた水谷八重子が交通事故を起こし、自宅から飛び降りたのです。

一時は薬物の使用を疑われた水谷八重子でしたが、すぐに別の理由ではないかという憶測が飛びました。当時人気があった歌舞伎役者の尾上辰之助との不倫が報道され、そのもつれから飛び降りたのではないか、と疑われるようになったのです。水谷八重子は尾上辰之助との関係を否定し、飛び降りは「気が動転しただけ」と釈明しましたが、人気女優と歌舞伎役者の不倫は大きく報道されました。

話は変わりますが、現在活躍している5代目坂東玉三郎は14代目守田勘彌の義理の子供で、水谷八重子とは義理の兄妹にあたります。これについて、水谷八重子は「もし私が男に生まれていたら、私が(5代目)玉三郎を襲名させられていた」と語っています。

また、5代目坂東玉三郎の母親である藤間勘紫恵が2014年に亡くなった際には「父が亡くなったとき、私をずっと父の隣に座らせてくれたのがうれしかった。“ママ母”と呼んでいました」と故人を偲びました。

水谷八重子と水谷千重子ってどんな関係?共演経験はある?

お笑い芸人の友近が生み出したキャラクター・水谷千重子。冠番組を持ち、CDのリリースやディナーショーまで開催し、芸歴50年の演歌歌手だと信じている人もいるほどですが、名前が似ていることから、水谷八重子と混同している方もいるのではないでしょうか。それもそのはず、水谷千重子という名前は、水谷八重子の名前をもじって作ったものだそうです。

友近は2016年1月に放送された「徹子の部屋」に水谷千重子名義で出演し、水谷八重子と「初代三人娘」として共に活躍した黒柳徹子と共演しました。また、友近が水谷千恵子としてMCを務めていた「THAT’S ENKA TAINMENT ~ちょっと唄っていいかしら?~」にも2017年9月に水谷八重子がゲスト出演しています。友近に怒ったりせず共演までするとは、芸能生活の長い大御所女優の貫禄を感じますね。

1955年のデビューから60年以上の長きにわたり現役として女優を続ける他、朗読のプロデュースを手掛けたり、エッセイストとしても活動する水谷八重子。これからも元気に活躍する姿を私たちに見せて欲しいものですね。
草村礼子はベテラン舞台女優!ボランティア活動の「夢のダンス」とは?
角替和枝の夫は柄本明!病気を患い二人三脚で歩んだ闘病生活とは?
宮本信子は夫・伊丹十三と二人三脚で映画界を日本牽引!70代で化粧品CMモデルの美しさ

関連記事

ページ上部へ戻る