村上隆のフィギュアが16億円で落札!?アーティストやブランドとのコラボが豪華!

村上隆の経歴は?代表作やきゃりーぱみゅぱみゅとのコラボまで気になる話題を大公開!

村上隆のプロフィールや経歴をご紹介!

現代美術家・村上隆は、世界にその名を知られるアーティストとして活躍しています。

東京都板橋区出身、1962年2月1日生まれの村上隆は中高一貫の男子校である本郷中学校・高等学校から東京藝術大学美術学部日本画科へ進学。同大卒業後はさらに同大学院で学び、日本画科で初めて博士号を取得しました。

しかし、大学院修士課程での作品が次席となったことから挫折を味わい、日本画家の道を断念。そこから村上隆は現代美術へと方向転換しています。次席でも十分な高評価のように思われますが、プロを目指すならトップを取らなければという強いこだわりがあったのでしょうか。若かりし頃から、村上隆には芸術家としてのプライドが備わっていたようです。

こちらもおすすめ:スプツニ子!は美しき理系アーティスト!両親や夫も天才だった!

村上隆の代表作は?きゃりーぱみゅぱみゅとのコラボ作品は本物!?

村上隆の代表作には、「Mr.DOB」や「お花」、独特な世界観でカラフルに描かれた「五百羅漢図」などが挙げられます。また、様々なアーティストやブランドとコラボした作品も数多く存在します。

イッセイミヤケとのコラボにより生まれ、村上隆の奇抜な発想が存分に活かされた目玉のデザインは、ルイ・ヴィトンや、人気デュオ・ゆず、アメリカのミュージシャン、ファレル・ ウィリアムスなど、有名ブランドやアーティストとのコラボ作品に使用されています。

また、きゃりーぱみゅぱみゅが2011年7月にデジタル配信でリリースした楽曲「PONPONPON」PVで着用している衣装などに目玉のモチーフが使われていたことで、村上隆とのコラボなのか?と話題を呼びました。これに対し、村上隆は自身の公式サイトで、このPV制作には一切関わっていないと公表しています。

村上隆のフィギュアが超高額で落札!その額なんと16億!?

村上隆の作品が「TIME」の「世界で最も影響力のある100人」に選出!

村上隆はアニメが好きで、元々はアニメーターを目指していたといいます。そのせいか、彼が制作する作品の多くにはアニメ要素が見られます。特に、オタクカルチャーと浮世絵など日本の美術を融合させたアニメや、フィギュアなどのサブカルチャー作品が有名です。その活動は海外にまで展開し、独創性やスケールの大きさを感じさせる作品を精力的に発表しています。

イギリスのアート誌「Art Review」では「世界のアート業界をリードする100人」に9年連続で選ばれている村上隆。アメリカの有名なニュース誌「TIME」でも、2008年に「世界で最も影響力のある100人」に選出されています。アート制作だけに留まらず、芸術事業の総合商社「カイカイキキ」、アニメーションスタジオ「スタジオ ポンコタン」の運営など、幅広いジャンルで活躍するアーティストとして、その名を世界に轟かせています。

村上隆の等身大フィギュアがサザビーズで驚きの額に!?

2008年5月にアメリカのオークションハウス・サザビーズが開催したオークションで、村上隆の制作したフィギュアが高額落札され、大きな話題になりました。日本円で約16億円に相当する1516万ドルという驚きの額で落札されたのは、村上隆が1998年に制作した等身大フィギュア「My Lonesome CowBoy(マイ・ロンサム・カーボーイ)」。2.54mもの高さがある全裸の青年像で、オークション開催前の落札予想額は高くて4億円程度だろうと見られていました。予想の4倍もの高値で落札が決まった際、会場は拍手喝采だったとか。

村上隆の等身大フィギュアは、自身の母乳で縄跳びをする美少女フィギュア「HIROPON」が、2002年にイギリスのオークションハウス・クリスティーズで約38万ドル(約4890万円)、翌2003年にもクリスティーズで、ウェイトレスを模した美少女フィギュア「Miss Ko2(ミス・ココ)」が、約56.7万ドル(約5800万円)と、度々高額落札されています。

通常の感性では思いつかないような発想で作品を生み出す創造力が、現代美術家として村上隆が脚光を浴びている所以といえるでしょう。

こちらもおすすめ:日野日出志の「地獄変」はトラウマ級の漫画!キャラフィギアやグッズがオークションで大人気

村上隆とルイヴィトンが奇跡のコラボ!?その作品とは?

村上隆はこれまで様々なコラボ作品を制作しています。中でも話題を呼んだのは、フランスの高級ブランド、ルイ・ヴィトンとのコラボでしょう。村上隆のファンだというルイヴィトンのアーティスティック・ディレクターが、2002年にパリで行われた村上隆の個展を観覧に訪れ、心を動かされたことでコラボが実現したそう。

村上隆が手掛けるルイ・ヴィトンのシリーズ「ルイ・ヴィトン ミーツ ネオ・ジャポニズム」で人気の商品には、ルイヴィトンの上品なテイストを残しつつ、カラフルなラインを取り入れたマルチカラーラインがあります。桜やさくらんぼをモチーフにしたバンダナやスカーフも、美しい色合いが印象的。また、村上隆の作品で最も代表的な「お花」を散りばめたデザインも、女性らしい可愛らしさがあります。

その他にも、村上隆は2007年にアメリカの人気ミュージシャン、カニエ・ウェストのCDジャケット、日本のアーティストでは2013年にゆずのアルバムジャケットのデザインを担当。村上隆らしい彩り豊かなデザインを提供しています。

独特な世界観を繰り広げる村上隆の現代アート。斬新な発想で、これからも世界の人々を驚かせる作品を創っていくことでしょう。次はどんなアイデアで観る人に楽しい驚きをもたらすのか、注目せずにいられません。

<こちらもおすすめ!>

コシノヒロコのブランド展開は多岐にわたる!母はドラマ「カーネーション」のモデル
井上涼「YADOKARI」の不思議系アーティスト!NHKびじゅチューンで話題に
花井祐介はアパレルブランドとのコラボ多しアーティスト!デザインしたポスターやグッズが東山動物園で発売

関連記事

ページ上部へ戻る