岡田奈々(AKB48・STU48)のスピーチが高評価な理由!時期AKB48総監督?

岡田奈々の総選挙スピーチが高評価な理由!AKB48とSTU48を兼任の「48グループの風紀委員長」

岡田奈々の総選挙スピーチが高評価な理由!熱さがファンの心を揺さぶる

岡田奈々は、人気アイドルグループAKB48とSTU48を兼務するアイドルです。48グループ名物の選抜総選挙で、2014年に約16449票を獲得して51位に初ランクイン。その後も、29位(23237票)→14位(43318票)→9位(48143票)と着実に票数を積み増し、2018年には75067票を獲得して5位になり、ついに神セブンまで昇り詰めました。

岡田奈々の躍進は、ファンやグループを想い、地道な努力を続けた結果と言えるでしょう。ランクインしたメンバーが壇上でファンに向けて行う感謝のスピーチでは、毎年高評価を獲得している岡田奈々。スピーチでは、ファンへの感謝のみならず、自身の不安や48グループへの想い、来年の目標などについて毎年ストレートに熱く語っています。そんな岡田奈々のスピーチは、ファンの心を揺さぶり、既存ファンとの絆を一層強くするだけなく、新規ファンを獲得する好循環を生んでいるとも言えそうです。

岡田奈々はAKB48とSTU48を兼任!真面目な彼女は「48グループの風紀委員長」

岡田奈々は、自他ともに認める真面目な性格で、「48グループの風紀委員長」とも呼ばれています。13歳だった2011年5月に、AKB48の第14期研究生オーディション合格。研究生時代から、有望研究生ユニット「てんとうむChu!」に加入するなど、AKB48の将来を嘱望されるホープとして注目されていました。

研究生の頃から真面目に愚直に努力し続けてきた岡田奈々は、運営スタッフからの評判もよく、握手会などで見せる真摯な対応から着実にファンを増やしていきます。同期の小嶋真子や西野未姫とは「三銃士」と呼ばれていましたが、いつしか2人の手の届かない存在へと成長していきました。2015年にはAKB48チーム4の副キャプテンになり、2017年2月からは、AKB48と兼務する形で、新設されたSTU48のキャプテンにも就任しています。

岡田奈々が総選挙で告白した病気とは?妹もかわいい!

岡田奈々が総選挙で告白した病気とは?壇上で涙の謝罪

岡田奈々は、第8回選抜総選挙の20日前となる2016年5月28日の公式ブログで、体調不良のため少しの期間休養することを発表しました。体調不良を押して仕事を続けていたところ、ついにドクターストップがかかってしまったそうです。時期が時期だけに、アンチからは「選挙目当ての同情票集め」との心ない批判を受けた岡田奈々ですが、前年から2万票を上乗せして初の選抜入りを果たしました。

開票で数週間ぶりにファンの前に姿を現した岡田奈々は、涙ながらに自身が「機能性低血糖症」であることを告白しています。この病気は、血糖値の制御ができなくなり、動悸や手の震え、視界不良などの症状に加え、精神的に不安定になってうつやパニックをも引き起こすもの。壇上の岡田奈々は、摂食障害や過食おう吐などを引き起こしたことを告白し、「なかなか言えなくてごめんなさい」と涙ながらに謝罪しました。

岡田奈々は白亜の豪邸に住むお嬢様!妹の岡田れなもイベントに登場

岡田奈々の父は医者で、2人いる兄のうちの1人は研修医になりました。自宅は4階建ての白亜の豪邸で、自宅の写真には高級車が数台写っていることから、かなり裕福な家庭に生まれ育ったことがうかがえます。岡田奈々の妹は、岡田れなと言う姉によく似た美人です。岡田姉妹はとても仲が良く、仮想ライブアプリのSHOWROOMにたまに一緒に登場し、カラオケや料理を作る姿を披露してファンを楽しませています。

そんな岡田姉妹は、2016年10月10日に神戸で行われたAKB48のじゃんけん大会にも登場。小説「Re:ゼロから始める異世界生活」に登場する双子メイドのラムとレムのコスプレを披露して大歓声を浴びました。当然、「第16期生オーディションを受けて妹にもAKB48入りを目指してほしい」という要望も出ましたが、彼氏持ちのために無理とのことでファンを落胆させています。

岡田奈々は時期AKB48総監督?!スピーチで48ファンに檄!

岡田奈々は、2018年6月16日にナゴヤドームで開票された「第10回AKB48世界選抜総選挙」で、75067票を集め5位となり、神セブンまで昇り詰めました。投票権付の52thシングル「Teacher Teacher」が史上最高のセールスを記録し、指原莉乃と渡辺麻友の浮動票が誰に流れるかが注目されたこの総選挙。ファンの間では、指原莉乃の後継者である宮脇咲良と、速報4位で票数が前年比60%増と大きく躍進した岡田奈々の一騎打ちになるとの予想もありました。

しかし結果は、選抜総選挙に強いSKE48が1位(松井珠理奈)と2位(須田亜香里)を独占。3位以下は、HKT48宮脇咲良、NGT48荻野由佳、岡田奈々、AKB48横山由依、AKB48武藤十夢という顔ぶれの神セブンとなっています。岡田奈々は壇上で、AKB48のメンバーがトップ争いをしていない現状に悔しさを滲ませながらも、来年のAKB48勢のトップ奪還と、48グループの躍進をファンに約束。さらに、48グループのファンに対し「自信をもってオタク人生を貫いて」と檄を飛ばして大歓声を浴びました。

ソロライブを開催できるほどの実力を付け、次期AKB48総監督の最右翼とも言われている岡田奈々。近年指摘されるようになったAKB48の人気凋落をも跳ね飛ばす強いAKB48愛を胸に、真面目に、愚直にアイドル道をまい進する岡田奈々の今後にも大いに期待しましょう!

関連記事

ページ上部へ戻る