桜井日奈子のハツラツCMがかわいすぎる!ドラマ・映画の話題作まとめ

桜井日奈子は岡山のキセキ!ミスコン応募の理由がかわいすぎる!


桜井日奈子のプロフィール
◆生年月日:1997年4月2日
◆出身:岡山県
◆身長:160cm
◆血液型:O型
◆所属事務所:インセント

桜井日奈子は美少女グランプリ選出!キャッチフレーズ「岡山のキセキ」が定着!

女優の桜井日奈子(さくらいひなこ)は、ふんわりとした透明感の美少女イメージとは裏腹に、スポーツに励む活発さを持つというギャップが魅力的です。2014年7月に「岡山美少女図鑑」を発行するCroComが開催した「岡山美少女・美人コンテスト」で美少女グランプリに選出され、「岡山のキセキ」と評されました。

その結果を受けて、現在所属するインセント入り。数々のCM出演で注目を集めます。そして、2016年5月に「それいゆ」で初舞台に立ち、7月には「そして、誰もいなくなった」で連続ドラマに初出演。2018年3月からは、公式ファンクラブサイト「桜井日奈子 Official Fanclub」を開設し、現在はドラマやCM、バラエティーなど多方面で活躍中です。

桜井日奈子がグランプリに選ばれた後、撮影されたのが岡山限定のフリーペーパー「岡山美少女図鑑」です。「街にもっと美少女を」というコンセプトで東京を除く各県に配布されており、その岡山版で桜井日奈子がモデルになったわけです。

坂井仁香がディズニーのCMで注目度アップ!セブンティーンの美少女モデルはインスタも人気!

桜井日奈子がコンテストに応募した理由とは?

そもそも、桜井日奈子が何故「岡山美少女・美人コンテスト」に応募したかという理由ですが、これが結構ほほえましいのです。このコンテストはグランプリ賞金として10万円もらえる以外に、副賞として岡山-東京往復のディズニーリゾート1DAYパスポートがついていました。

しかも、ディズニーリゾートホテルへ2泊できるという特典付き。この話を聞きつけたクラブ活動の友人が「グランプリに選ばれたら東京ディズニーランドへ行けるよ」と桜井日奈子にせがんだのだそう。「無理じゃないの?」と思いながらも、桜井日奈子はコンテストにエントリー。しかし、ふたを開けてみれば、見事にグランプリを獲得してしまいました。

芸能界入りのコンテストで「友達の付き添いで行ったら自分が受かった」とか、「勝手に親兄弟が応募した」とかいう話はありがちです。しかし、賞品に釣られて応募して本当に受かったという人は、あまりいないのではないでしょうか。

桜井日奈子はスポーツ万能のキン肉マン!?CMでバスケの腕前を披露

桜井日奈子は幼稚園から高校までバスケ一筋!筋肉質の体形についたあだ名がキン肉マン!

一見おとなしそうな印象を受けますが、公式インスタグラムに全力で走る動画がアップされているほどのスポーツ女子の桜井日奈子。子供の頃からスポーツに励んだ活発な面を持ち、「キン肉マン」などという女の子らしからぬあだ名がついたそうです。

桜井日奈子のプロフィールには特技がバスケットボールとなっていますが、それもそのはず。中学から高校でバスケ部に所属し、キャプテンも務めました。そのバスケ歴をたどっていけば、始めたのは幼稚園の頃からという筋金入り。幼稚園から高校までバスケ一筋の少女時代を過ごしていたことになります。

そもそも、桜井日奈子がバスケを始めたのは、父親がバスケのコーチだったことが縁だったようです。父親は試合などを観戦に訪れる他、技術指導も行っていたのだとか。

そんな少女時代を過ごした桜井日奈子ですが、腹筋や背筋、腕立て伏せに励み、結構な筋肉質になっていたとか。そのため、誰が言うとなしに「キン肉マン」というあだ名がついたのだそう。しかし美少女グランプリ獲得後は、「キン肉マン」から「キセキ」に変わったそうです。

村上佳菜子の引退後ブレイクは必然だった?ゴリラ写真のこだわりがスゴすぎる!

桜井日奈子がバスケの腕を発揮したCMが話題に

バスケ漬けの学生時代を送った桜井日奈子。2016年から放映された「花王ニベア 8×4 BODY FRESH」のCMで、長年鍛えた腕を発揮しています。このCMで、桜井日奈子は監督からのゴール7発の指示を全て決めたのだそう。さすがはバスケ経験者だけあって、シュートを決める動作もサマになっていました。スポーツをやっていれば、CMなどでもアピールポイントになるのですね。

桜井日奈子のバスタオル姿にファン歓喜!新作ドラマ・映画も続々

桜井日奈子が出演したドラマのあるシーンが、ネット上で大きな話題を呼びました。そのドラマとは、2019年1月から放送された「僕の初恋をキミに捧ぐ」。桜井日奈子は、ヒロインの種田繭役で出演しています。

話題となったのは、第1話の中盤。弓道部で練習後、シャワーを浴びている繭のロッカーから着替えが盗難されるというアクシデントが発生した繭はバスタオル1枚で校舎を駆け抜け、そのままプールに飛び込んだのです。桜井日奈子のバスタオル姿に、SNSでは「バスタオル1枚だけのシチュエーション、ええな」「鼻血もの」などといった大喜びの反応が続出しました。2019年10月に発売された「桜井日奈子カレンダー2020」は、そんな桜井日奈子の愛くるしいショットが満載。部屋に飾れば、彼女の明るい笑顔に見守られて一日を始められますね。

2019年10月から放送されたドラマ「ヤヌスの鏡」で、桜井日奈子はヒロインを演じました。厳格な家庭に育つ優等生の高校生・小沢裕美が、ある時、厳しい祖母に閉じ込められた納戸の中で見つけた鏡台の鏡を覗きこんだ途端、彼女とは180度人格が異なる不良少女・ユミに変貌してしまうという異色のストーリー。

同作は1981年から1982年まで「週刊セブンティーン」で連載された宮脇明子の人気マンガを原作とし、1985年に杉浦幸主演でドラマ化された際も話題を集めました。今まで演じてきた役に近い裕美に対して、ユミは全く演じたことがない挑戦的な役でした。そのため「ユミの動じない余裕と強さを表現するため、強がりに見えないように気をつけた」と、一人二役の役作りをしたのだとか。

「岡山のキセキ」と呼ばれることが今も恥ずかしいと漏らす桜井日奈子ですが、努力家のでファンサービスにも熱心なことで定評があるといいます。まだまだ伸びしろのある世代だけに、型にはまらない役柄にもチャレンジして欲しいですね。

桜井日奈子の出身高校は高偏差値なの?いい部屋ネットCMのダンスで話題に!
「ママレード・ボーイ」パートナー交換設定が斬新すぎる!実写映画化でキャストより気になるあのシーン
馬場ふみかの写真集「色っぽょ」がかわいいと話題!仮面ライダーでドラマにも進出!

関連記事

ページ上部へ戻る