桜井莉菜がブランド「リーナクチュール」立ち上げ!インスタで彼氏の存在明かす

桜井莉菜がブランド「リーナクチュール」立ち上げ!インスタで彼氏の存在明かす出典:http://芸能人すっぴん特集.com
スポンサーリンク

桜井莉菜がブランド「リーナクチュール」立ち上げ!メイクのポイントは?

桜井莉菜が立ち上げた待望のブランド「リーナクチュール」の人気のほどは?

桜井莉菜(さくらいりな)は、「小悪魔ageha」や「姉ageha」で活躍している人気カリスマモデル。2018年4月13日に、アパレルブランド「リーナクチュール」を立ち上げました。「ただ可愛いだけじゃ物足りない」と謳うブランドのコンセプトは「オーダーメイドのような特別なものを貴方に」です。

長らくギャルモデルとして活躍してきた桜井莉菜だけに、大切にしているのは「誰もが振り返るエレガンドで大人スイートな魅力を引き出せる」アイテム。桜井莉菜らしく、ピンクで一見するとガーリーではあるものの、甘いだけはない攻めたデザインも多く、まさに「大人スイート」と言えます。現在人気なのは、クロシェニットモノキニやレースガウン、星座柄ロングスカートなど。

長年モデルを務め、さまざまな洋服を着てきた中で、洋服にはとりわけ思い入れの強い桜井莉菜のこだわりがたくさん詰め込まれたブランドになっています。

桜井莉菜のデカ目メイクはカラコン・つけま・アイライナーがポイント!超幅広な二重幅も必須!?

デカ目メイクが特徴の桜井莉菜のメイク方法は、多くのファンから真似されています。桜井莉菜のメイクの特徴と言えば、なんといってもカラコン・つけまつげ、アイライナーの3つです。透明感のある肌を生かすため、ベースメイクは濃くせず、目を強調することがポイント。

スポンサーリンク

使用カラコンは、2014年に自身が完全プロデュースした「ディアクイーン(Dear Queen)」のヘーゼルブラウンを愛用し、超幅広な二重幅をキープします。つけまつげを、オーバーなほど上下に乗せ、目尻は太目のラインを引いて端を跳ね上げ、下にシャドーラインを入れたら桜井莉菜のデカ目メイクの完成です。

桜井莉菜がインスタグラムで彼氏の存在明かす!結婚して子供がいる?

桜井莉菜がインスタグラムで彼氏の存在明かす!

10年以上もギャルモデルとして輝き続けてきた桜井莉菜。彼氏との交際などプライベートも気になるところですが、2018年2月1日のインスタグラムにて、付き合って半年という恋人がいることを公表しています。以前からGUCCIの指輪をしていたため、彼氏の存在に気付いていたファンもいたようですが、正式に公表されたことで話題になりました。

その後も、彼氏に見立てたピンク色の大きなくまを抱きしめていたり、一緒に食事したりしている写真を掲載している桜井莉菜のインスタグラムは、幸せオーラがあふれ出ています。

スポンサーリンク

桜井莉菜は結婚して子供がいる?噂の真相は?

桜井莉菜は、過去に「結婚&出産しているのでは?」と噂になったことがありました。しかし、結婚したこともなければ出産したこともありません。子供がいるという噂は、彼女と同時期に「小悪魔ageha」でモデルとして活動していた武藤静香が出産したことから浮上したようです。

出産を終えた武藤静香をお祝いしに出掛けた桜井莉菜は、2016年1月22日のブログに、「可愛すぎた~ずーーっと見てられる!!」というコメントとともに赤ちゃんを抱っこした写真を掲載しました。母性本能を多いにくすぐられた様子ではありましたが、抱っこしていたのは桜井莉菜の子供ではなく、武藤静香の子供。しかも、その直後となる2016年1月29日には、ブログにて過去4年間同棲していた彼氏と破局したことを報告。

交際2年を過ぎた頃にお付き合いしていることを公表して以降、ずっと仲良しな様子だったので「結婚するのでは」とも言われていましたが、結婚という部分で少しずれがあったそうです。桜井莉菜は、「大人って難しい、結婚って難しい」と語っています。

桜井莉菜がギャルモデルとして走り続ける理由!

世間一般的な現役のギャルモデルと言うと、10代の高校生くらいをイメージする人が多いため、「いつまで現役なの?」と言われることも多いようです。しかし、桜井莉菜自身は、意外にも自分をギャルだと思ったことはないとか。幼い頃は金髪の巻き毛が揺れるお姫様になりたかった桜井莉菜は、成長して、浜崎あゆみを目指しているうちに現在のギャル姿になったと言います。

曰く「コンプレックスを隠していたら勝手に(メイクが)濃くなってくんだもん」とのことで、「おばあちゃんになってもお姫様を目指してたいなあ」と変わらない思いを綴りました。「幼い頃の自分が見たら、キャバ嬢はきっとお姫様だと思う」というコメントはユニークですが、女性ならば共感できる部分も多そうです。

世間一般的な概念にとらわれることなく、自身の価値観を大切にし、ブレずに持ち続けているからこそ、カリスマ人気モデルとして長年活躍し続けることができているのでしょう。とはいえ、ギャル雑誌「小悪魔ageha」や「姉ageha」で10年以上もモデルとして活躍し続けている桜井莉菜の存在は、異例中の異例。「森林だって人間が手を入れなければ荒れる」と語り、「自然体がいいって言うけれど、枯れるよ!」とげきを飛ばす桜井莉菜は、常に美しくあるための努力にどん欲であるに違いありません。

そんな桜井莉菜が、結婚や出産なども経験した後にどのような歳の重ね方をしていくのかは、女性であれば誰もが気になるところでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る