ハメス・ロドリゲスはコロンビア代表のイケメン選手!年俸推移や移籍金は?

ハメス・ロドリゲスはコロンビア代表のイケメン選手!年俸推移や移籍金は?出典:http://access01.com
スポンサーリンク

ハメス・ロドリゲスはコロンビア代表のイケメン選手!妻が離婚をインスタグラムで発表

ハメス・ロドリゲス2014年ワールドカップのコロンビア代表!イケメンで大ブレイク!

ハメス・ロドリゲスは、南米コロンビア代表のサッカー選手です。22歳の頃に出場したブラジルで開催された2014年のFIFAワールドカップでは、初出場ながら背番号10番を背負い、日本戦でのゴールを含む全6ゴールを記録。大会得点王となり、ベストイレブンにも選ばれるなどして世界的に大ブレイクし、スペインの名門レアル・マドリードへの移籍が決定しました。

希代のプレーメイクと得点力が魅力のハメス・ロドリゲスですが、注目されたのはプレーだけではありません。目がクリッっとしたルックスで、日本でもイケメンサッカー選手と話題になりました。人気と注目度の高さから、2015年にトヨタのCMに出演していた姿をご記憶の方もいるでしょう。

ハメス・ロドリゲスが6年の結婚生活に終止符!妻との離婚の原因は?

1991年生まれのハメス・ロドリゲスは、2011年に、まだ19歳という若さで、ダニエラ・オスピナと結婚しました。ダニエラは、コロンビア代表のゴールキーパーであるダビド・オスピナの妹で、自身も女子バレーのコロンビア代表だったという元アスリート。お互いに一目ぼれだったと伝えられており、2013年には、長女サロメが誕生しました。

インスタグラムに、自身の背番号10番のユニフォームを着たサロメちゃんとの2ショットをアップするなど、幸せそうだったハメス・ロドリゲス。しかし、2017年に、妻のダニエラが、双方の合意によって離婚が成立したことを明らかにしました。離婚理由は、ビジネスを手掛けているダニエラとの生活がすれ違うようになったためとも言われましたが、ハメス・ロドリゲスがロシア人モデルであるヘルガ・ラヴケティと浮気したことが濃厚なようです。

スポンサーリンク

ハメス・ロドリゲスの年俸推移や移籍金は?タトゥーが増殖!

ハハメス・ロドリゲスは若くして成功!年俸推移や移籍金は?

コロンビアのエンビガドFCで2006年にプロデビューを果たしたハメス・ロドリゲスは、2008年、アルゼンチンのCAバンフィエルドに移籍後に若くして活躍したことで、約6億円の移籍金でポルトガルのFCポルトへ移籍しました。2010年から所属することになったポルトでの年俸は約2億円でしたが、ブレイクを果たしたことで、2013年には、約55億円の移籍金でフランスのモナコへ。

約8億円の年俸を手にすると、2014年のブラジルワールドカップで大活躍したことで約100億円という巨額の移籍金でスペインの超名門レアル・マドリードに移籍し、年俸も約9億円にまでアップしました。2017年からは、買い取りオプション付きで、レアル・マドリードからドイツの名門バイエルン・ミュンヘンにレンタル移籍中です。

メス・ロドリゲスのタトゥーが増殖!

ハメス・ロドリゲスは、タトゥー好きとして知られています。とはいえ、もともとのタトゥーの数はそれほどでもなく、娘サロメが誕生したことをきっかけに一気に増えていったそうです。そのため、ハメス・ロドリゲスの身体に刻まれている複数のタトゥーの意味は、元妻ダニエラや娘、母親、妹の名前など、愛する人たちに関するものばかり。キリストや和鯉のタトゥーも入っていますが、左腕の上部には、娘の似顔絵と思わしきタトゥーも入っています。

スポンサーリンク

ハメス・ロドリゲスが仮想通貨界にも進出!ロシアワールドカップ日本戦では先発ならず

プロサッカー選手のハメス・ロドリゲスが、2017年後半くらいから話題に取り上げられることが多くなった仮想通貨の世界に進出を果たしました。といっても、ハメス・ロドリゲスが仮想通貨に投資したのではなく、ファン層を広げることとファンとのコミュニケーションが目的の「JR10トークン」という名の仮想通貨を自ら発行したものです。

バイエルン・ミュンヘンに移籍した直後は、なかなか目立った活躍ができなかったハメス・ロドリゲスですが、シーズンを進むごとに調子をあげ、10特点10アシストを記録し、今ではすっかり中心選手になりました。現在は、2019年までの期限付きレンタル移籍という形となっていますが、バイエルン・ミュンヘンが買い取りオプションを行使する可能性はかなり高いようです。

これが実現すると、レアル・マドリードには、レンタル移籍の際に支払った約18億円のほか、約55億円が支払われることになる見通しで、移籍金は総額約73億円にもなります。その破格の金額からも、世界的に実力が高く評価されていることが分かるハメス・ロドリゲス。

2014年のブラジルワールドカップで世界的に大ブレイクを果たした彼は、現在開催中の2018年ロシアワールドカップでも、エースの司令塔としてコロンビア代表に選出されています。6月19日に行われた対日本戦では、左ふくらはぎ負傷の影響で先発メンバーからは外れ、途中出場するも結果を残すことはできませんでしたが、インパクトのある活躍を期待したいところです。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る