早乙女友貴は島袋寛子と交際1年のスピード婚!舞台「遙かなる時空の中で3」で源九郎義経に

早乙女友貴は島袋寛子と交際1年のスピード婚!過去にはすみれと熱愛報道

早乙女友貴は島袋寛子と交際1年のスピード婚!一回り年上の姉さん女房

舞台俳優として、父・葵陽之助が率いる劇団朱雀で幼少時より活躍しきた早乙女友貴(さおとめゆうき)。その名前がお茶の間で一躍知られるところとなったのは、元アイドルグループSPEEDの島袋寛子との結婚でした。早乙女友貴と島袋寛子が結婚したのは、2017年2月11日。2016年9月に婚約を発表した2人は、交際1年目となる記念日に入籍しました。

2016年に上映された舞台「刀舞鬼」での共演を機に交際を始めた早乙女友貴と島袋寛子の結婚は、交際1年でのスピード結婚だったことで大きな話題になります。しかし、それよりさらに注目を集めたのが早乙女友貴と島袋寛子の年齢差です。島袋寛子は早乙女友貴より一回りも年上の姉さん女房です。

早乙女友貴は過去にすみれとの熱愛報道も!

早乙女友貴は、日本でのタレントやモデル活動のほか、現在はハリウッドでも女優として新たな挑戦をしているすみれと、過去に熱愛報道が出たことがありました。実は、そもそもすみれと付き合っていたのは、早乙女友貴の幼い頃からの友人でアクション俳優の中村玄也です。その後、中村玄也とすみれは破局してしまいますが、友人としての3人の付き合いは変わらなかったと言います。

しかし、2012年11月22日、中村玄也は変わり果てた姿で発見されました。死因は自殺。早乙女友貴とすみれの熱愛報道が出たのは、その直後でした。2人がお互いにかけがえのない友人をやりきれない形で失った者同士であることは事実ですが、双方とも「良き友人である」とコメントしているので、熱愛関係に発展したかどうかは推測の域を出ません。

早乙女友貴の兄・早乙女太一は西山茉希と結婚!「アラタ」ほか舞台の代表作は?

早乙女友貴の兄・早乙女太一は西山茉希と結婚!二人の恋人時代の恋愛模様が激しすぎる

早乙女友貴の5歳年上の兄は、劇団朱雀を父から譲り受け、2015年に劇団が解散するまで2代目を務めていた早乙女太一で、2013年6月30日に、モデルの西山茉希と結婚しました。つまり、早乙女友貴にとって西山茉希は義姉にあたります。

結婚前の早乙女太一と西山茉希は、2012年にスクープされた路上喧嘩でゴシップ誌を大きく賑わせました。当時まだ恋人同士だった2人は、この時以外にも激しいケンカを繰り返していたと伝えられています。そのため、DVではないか等とも騒がれましたが、2013年に西山茉希の妊娠が発覚したため結婚を発表。同年には長女が生まれ、2015年にハワイで挙式した早乙女太一と西山茉希の間には、2016年4月11日に、第2子となる女の子も誕生しています。

早乙女友貴は舞台「アラタ~ALATA~」でアラタ役を熱演!「劇団朱雀」解散以降も精力的に舞台出演

早乙女友貴は、2017年に上演された舞台「アラタ~ALATA~」でメインキャストのアラタ役を好演しました。舞台「アラタ」は、外国人観光客の需要を狙ったノンバーバル劇場のこけら落とし公演として企画されたパフォーマンスショー。台詞はほとんど登場せず、パフォーマンスのみでストーリーが展開されていきます。

チャンバラスペシャリストとして出演した早乙女友貴は、幼い頃から培ってきた得意の殺陣に加え、蹴り技やダンスを融合させたアクションを披露し、観客を沸かせました。そんな早乙女友貴は、幼少時より活躍していた劇団朱雀の舞台に多く出演してきましたが、同時に、外部の作品にも精力的に出演しています。

2012年には、映画監督・深作欣二の息子である深作健太演出の舞台「里見八犬伝」に出演し、犬江親兵衛役を熱演しました。また、劇団朱雀が解散して以降は、「新・幕末純情伝」や「あずみ」「ちるらん 新撰組鎮魂歌」など、特技の殺陣を生かせる演目にも多く出演しています。

早乙女友貴が舞台「遙かなる時空の中で3」で源九郎義経に!舞台「遙かなる時空の中で3」は2018年12月に開幕

2018年12月から公演されることが決まった舞台「遙かなる時空の中で3」に、早乙女友貴が出演します。舞台「遙かなる時空の中で3」は、2004年にコーエーテクモゲームスから発売された女性向け恋愛アドベンチャーゲームが原作です。過去に舞台化されて好評だったことからシリーズ化が進み、舞台化10周年企画として今作が発表されました。

舞台は、源平合戦の時代。源氏と戦っているのは、死んだはずの平重盛がリーダーで、次々に怨霊を生み出して軍力を補強している平家。そんな中、ひょんなことから現代から時空を越えてしまった怨霊を退治する能力を持った主人公が、源氏とともに戦っていくことになります。

主人公の春日望美役を演じるのは吉川友で、井上正大や杉江大志、石渡真修ら実力派キャストが脇を固める舞台「遙かなる時空の中で3」。早乙女友貴が演じるのは、源氏軍の大将・源九郎義経です。得意の殺陣で、舞台を盛り上げることでしょう。

幼少期より舞台に立ってきたためキャリアは十分な上、すでに結婚もしているため、すっかりベテランといった感じもする早乙女友貴ですが、1996年生まれなのでまだ20代前半という若さです。幼少期から在籍していた劇団朱雀を離れ、心機一転。今後は、現代劇などに挑戦することも増えていくかもしれません。若くして大黒柱となった早乙女友貴が、これからどのような舞台俳優へ成長していくのか楽しみですね。

関連記事

ページ上部へ戻る