滝沢ななえは高校時代からかわいいと評判だった!彼女の存在をカミングアウト理由

滝沢ななえは高校時代からかわいいと評判だった!彼女の存在をカミングアウト理由出典:https://ezumin.com
スポンサーリンク

滝沢ななえは高校時代からかわいいと評判だった!現在は美尻育成のジムに勤務中!

滝沢ななえは高校時代からかわいいと評判だった!強豪校で主将として活躍

元バレーボール選手の滝沢ななえは、バレーボールの古豪・八王子実践高校時代からかわいいと評判でした。滝沢ななえが在籍していた当時の八王子実践高校と言えば、関東大会に50年以上も連続出場しているほどの強豪。滝沢ななえは、元バレー選手の服部安佑香や、今も現役で活躍中の和田麻里江と同級生で、共に全国高等学校バレーボール選抜優勝大会で活躍していました。

「美しすぎるバレーボール選手」とまで呼ばれた滝沢ななえですが、かわいいだけではありません。日本屈指の選手が集まっているチームにおいて、高校3年生の時には主将としてチームを率いるなど、バレーボールの実力や人柄も認められた存在でした。

滝沢ななえ、引退後の勤務先は美尻育成ジム!どこにあるの?

八王子実践高校卒業後は、パイオニアレッドウィングスや上尾メディックスなど、バレーボールの実業団で活躍していた滝沢ななえ。2013年に現役を引退した後2016年6月までは、バレーボールチームのコーチとして活動していました。その後は、選手時代から興味を持っていたというトレーニングに特化した職業への転職を決意し、2016年7月からは美尻育成トレーナーとしての活動をスタートさせています。

滝沢ななえが勤務しているのは、東京・青山にある女性専用トレーニングジムで、「美尻」をコンセプトにしている「SPICE UP FITNESS」です。流行に敏感な女性たちから人気を集めていると評判で、公式サイトでは、滝沢ななえの加圧サイクルトレーニングというスペシャルコースも紹介されています。美尻育成ジムでの活動の様子が気になる方は、最新情報がアップデートされている滝沢ななえのインスタグラムやブログもチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

滝沢ななえがテレビで同性愛をカミングアウト!お相手の彼女とは職場恋愛だった!?

滝沢ななえが「衝撃のアノ人に会ってみた」で同性愛をカミングアウト!

滝沢ななえは、そのかわいさから、バレーボールの現役時代にファンが自宅に婚姻届を持ってきたというエピソードも持っています。しかし、2017年11月に放送されたバラエティ番組「衝撃のアノ人に会ってみた」に出演した際に、恋愛対象が男性ではないことが判明しました。

衝撃の告白をした滝沢ななえですが、「同性愛者であることをカミングアウトするのは、この番組が初めて」だったとか。今まで家族にもカミングアウトできなかった苦悩も吐露しました。しかし、テレビ番組で同性愛者であることを思い切ってカミングアウトしたことについては、「以前よりも自分らしく生きられるようになった」と自身のSNSで綴っています。

滝沢ななえは彼氏役でお相手の彼女とは職場恋愛だった!?

滝沢ななえが同性愛者であるとカミングアウトしたことで注目されるようになったのが、お相手は誰なのかということでした。その後、インスタグラムで紹介された滝沢ななえの彼女は、美尻育成ジムの同僚です。彼女の前では、彼氏役を務めているという滝沢ななえ。ブログでは、年下の彼女とのラブラブな様子を隠すことなく報告しています。TBS「サンデー・ジャポン」に出演した際には、「今の彼女はストレートだったのに私が言い寄った」と発言して、共演者を驚かせました。

スポンサーリンク

滝沢ななえが同性愛を告白した理由とは?LGBTのスポーツ選手たちやファンに伝えたいこと

同性愛者であることをカミングアウトしてからしばらく経った滝沢ななえは、その心境を、オピニオンサイト「iRONNA」にてあらためて語りました。世界を見渡せば、同性愛をカミングアウトしているスポーツ選手は見受けられるものの、日本の現役スポーツ選手となるといまだ例がありません。

セクシャルマイノリティを表すLGBTという言葉自体は世間に定着してきましたが、実際に受け入れられる体制であるかどうかはまた別ということなのでしょう。滝沢ななえが自身はレズビアンだと確信を持ったのは、成人後のことでした。プライベートでは、「彼氏はいるの?」などといわゆる恋バナを振られると誤魔化さざるをえないなど小さな気苦労はあったものの、バレーボール選手としての不便は全くなかったそうです。

曰く、「私がセクシャルマイノリティだからといって、試合中にミスが増えるなんてことはない」。唯一の気がかりは、「かわいい」と応援してくれる男性ファンの気持ちでした。「だましているつもりはないけれど、少し申し訳なく思っていた」と、当時を振り返った滝沢ななえ。ファンがあってこそと考えるのは、プロアスリートとしての高い意識があってこそで、葛藤はあったと言いますが、意外なことに、カミングアウトを受け入れる男性ファンも多かったと言います。

そんな自らの経験を踏まえ、「現役選手でモヤモヤしている人がいるのなら、怖がらないで」「ファンの人は、ファンのままだから」と呼びかけました。日本の現役のスポーツ選手が、LGBTであることをカミングアウトすることは、まだ難しい現状です。その意識を変えるべく、勇気を出して告白した滝沢ななえの勇気と真の強さを称えると共に、彼女の示す新たな生き方を応援したいですね。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る