「忘却のサチコ」は忘れるために飯を食う異色の美食漫画あらすじネタバレ!スペシャルドラマが大好評!

「忘却のサチコ」は忘れるために飯を食う異色の美食漫画あらすじネタバレ!スペシャルドラマが大好評!

「忘却のサチコ」忘れるために飯を食う!異色のグルメ漫画あらすじネタバレ

「忘却のサチコ」は忘れるために飯を食う異色の美食漫画!あらすじは?

「忘却のサチコ」は、小学館の週刊「ビッグコミックスピリッツ」にて2014年から連載されている阿部潤の漫画作品です。「忘却のサチコ」は、主人公の佐々木幸子が、美食を求めて全国各地を巡るグルメ漫画。美食を求める理由が風変わりなところが大きな特徴です。

29歳で結婚も決まり、仕事も順調だったサチコでしたが、結婚式当日に婚約者の俊吾が失踪したことで事態は一変。鉄の女と評されるサチコも、さすがに精神的ダメージが絶大でした。そんな時、サチコは、偶然入った定食屋で食べたサバの味噌煮定食に魅了されます。

こうして、美味しいものを食べている時には嫌なことを忘れられると気が付いたサチコは、美味しいものを求めて全国を巡ることに。実在しているお店やメニューも多いので、サチコが食事を味わう姿に食欲を刺激された読者が実際に味わうことができるのも嬉しいところです。

「忘却のサチコ」の登場グルメを紹介!逃げた婚約者はどうなった?ネタバレ

「忘却のサチコ」の主人公サチコは、文芸編集者として全国各地を飛び回り、美食を堪能します。香川県では、タクシーでうどん店を案内してくれる「うどんタクシー」に乗車して、うどん店巡りを敢行。その他にも、飛騨高山の朴葉味噌焼きや、福岡の博多ラーメン、大阪の串カツ、岩手の盛岡冷麺など、ご当地の有名グルメの名店が次々に登場します。

ナポリタンやトルコライス、チャーハンといった庶民の味もあるなど、美食のハードルが高くないところも「忘却のサチコ」の嬉しいところです。サチコが美食に走るきっかけを作った婚約者の俊吾についても、サチコの思い出の中でさまざまな情報が登場し、7巻では、東北の温泉宿でついに偶然の再会を果たします。

しかし、あの日逃げた理由を問うサチコの目前から俊吾がまたも逃亡してしまったため、理由はいまだに語られていません。

「忘却のサチコ」スペシャルドラマが大好評!原作漫画休載の理由は?

「忘却のサチコ」スペシャルドラマが大好評!キャストや内容は?

「忘却のサチコ」は、2018年1月2日にスペシャルドラマが放送され、大きな反響を巻き起こしました。完璧な仕事ぶりから「鉄の女」と呼ばれながらも、少々抜けたところのある佐々木幸子を演じたのは高畑充希です。グルメ漫画集めが趣味だという高畑充希は、もともと「忘却のサチコ」の原作ファン。

そのため、演じる時に理想が高くなり、悩みながら演じていたそうです。ストーリーの中心はコミックス1巻の内容で、サチコが美食に目覚めていく場面や食べているシーンがおいしそうと好評を得ました。また、ロボットのような能面顔から食事を味わった後の安らいだ表情へと大きく変化する高畑充希の名演技に驚いた視聴者も多かったようです。

「忘却のサチコ」がドラマで大注目されるも原作漫画が長期休載になった理由は?

スペシャルドラマ化で注目を集めた「忘却のサチコ」の原作は、2017年7月頃より休載が続いていました。現在最新刊となっているコミックス10巻では、後輩の小林と北海道グルメを堪能するも、ホテル側の手違いで2人が同室になるという展開に。コミックス派の読者にとっては続きが気になってしかたがない状態で、1年以上という長期休載に及んだことから「続きは出るのか」と不安の声も多く上がっていました。

しばらく休載するという記載だけで、どういった理由での休載なのかは明かされていませんが、作者の阿部潤はどうやら体調不良だった様子。しかし、スペシャルドラマ放送時に発表された作者のコメントによると、ドラマの撮影現場を見学したとのことだったので、命にかかわるほどの重病というわけではなかったようです。そんな中、2018年10月1日発売の「ビッグコミックスピリッツ」44号より待望の連載が再開!「待ってました」というコメントがSNS等を賑わせています。

「忘却のサチコ」が高畑充希主演で待望の連続ドラマ化!最新情報

2018年1月に放送されて好評を博したスペシャルドラマ「忘却のサチコ」が、連続ドラマになってかえってきます。スペシャルドラマ同様、主人公の佐々木幸子役を演じるのは高畑充希です。その他、吹越満やふせえり、逢沢りなといったクセのあるキャスト陣も続投となっています。

加えて、サチコのいる編集部にやってきた新人編集部員・小林心一役を葉山奨之が演じると発表。心一役については、「同じゆとり世代で共感する部分もあるものの、意外と真面目なところ、徐々に幸子のことを尊敬するところなど、変化の過程を表現できるよう心がけている」とコメントしています。

さらに、今回は、圧倒的な存在感なのにスペシャルドラマでは姿形すらなかった婚約者の俊吾がついに登場!早乙女太一演じる俊吾のつかみどころのなさや、曇りのないさわやかな笑顔にも注目です。放送開始に向けて、公式サイトではPVも公開されていますが、印象的なのは、原作通り、食べて食べて食べまくるサチコの姿。スペシャルドラマの時よりも、食べる量に拍車がかかっているようです。

文芸編集者のサチコと関わることになる、個性的すぎる作家たちを誰が演じるのかにも注目が集まっていましたが、長谷川朝晴や池田鉄洋、大和田伸也らが出演することが明かされています。さらにゲストキャラクターとして、マグロ料理店の店主役に泉谷しげる、サチコの幼馴染・梶幸聖役に清原翔、ライバル編集者・尾野真由美役に佐藤めぐみが登場。物語にどのように関わっていくのか目が離せません。連続ドラマ「忘却のサチコ」は、テレビ東京にて2018年10月12日から放送スタート。一風変わったグルメコメディドラマを、空腹に耐えつつ視聴いたしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る