内野聖陽の初朝ドラにはクレームが殺到?再婚は?西島秀俊との共演に「何食べ」ファン歓喜

内野聖陽の初朝ドラにクレームが殺到した理由は?時代劇制作の舞台裏ドラマが高評価!

内野聖陽のプロフィール
◆生年月日:1968年9月16日
◆出身:神奈川県
◆身長:177cm
◆血液型:AB型
◆所属事務所:スターダストプロモーション(業務提携)

内野聖陽の「ふたりっ子」にクレームが殺到した理由は?出演作を振り返り

内野聖陽(うちのせいよう)は時代劇から現代劇まで、様々な役柄を見事な演技力で表現することで高い評価を受けている俳優です。1996年10月より放送を開始した朝ドラ「ふたりっ子」に出演したことで、注目を集めるようになりました。

この作品で内野聖陽が演じた森山史郎は、岩崎ひろみ演じるヒロイン・野田香子の相手役。史郎が初めて登場した際には、なんと視聴者からのクレームが殺到したのだとか。

理由は、史郎の「銀ぶち眼鏡の嫌味なキャラクター」が視聴者に受け入れられなかったためだと、内野聖陽本人が明かしています。ちなみに、その後、眼鏡をコンタクトに変えてからは、女性からも支持されるようになったのだそう。当初、視聴者からは不評でしたが、内野聖陽自身は、「少し暗い破滅キャラ」の史郎を気に入っていたそうです。

同年3月に公開された初主演映画「(ハル)」で内野聖陽は、日本アカデミー賞新人俳優賞受賞を受賞しました。NHKの大河ドラマは、1998年1月放送開始の「徳川慶喜」、2007年1月放送開始の「風林火山」、2016年1月放送開始の「真田丸」の3作品に出演しています。

中でも「風林火山」では主演の山本勘助役を務め、俳優としての人気を不動のものとします。また内野聖陽は、ドラマや映画だけでなく舞台にも多く出演しており、2017年4月には「ハムレット」の主演を演じました。

内野聖陽の主演時代劇制作の舞台裏ドラマが賞を総なめ!

2019年3月23日に放送された、内野聖陽主演ドラマ「スローな武士にしてくれ ~京都 撮影所ラプソディー~」は高い評価を得ています。

同作は、現在の超ハイテク撮影技術を駆使して、時代劇ドラマを制作する舞台裏を描いた物語。ドローンでの空撮や最新VFX、最新鋭のスーパースローモーションカメラなどの最新技術を使用して撮影が行われました。

「スローな武士にしてくれ」は、NHKから「最新鋭の技術を駆使した時代劇のパイロット版を撮影してほしい」という依頼を受けた、京都の歴史ある映画スタジオ「京都撮影所」の時代劇スタッフや俳優たちが、最新鋭の撮影技術を駆使してそれに挑むというヒューマン活劇です。

内野聖陽は同作の主人公で、切られ役専門のうだつが上がらないベテラン大部屋時代劇俳優・シゲちゃんこと村田茂雄を演じました。内野聖陽の他にも、柄本佑や中村獅童といった、豪華キャストが出演しています。

後日、NHKで試験運用されたばかりのチャンネル「BS4K」でも放送され、その映像美が話題となった同作は、「第56回ギャラクシー賞」のテレビ部門フロンティア賞をはじめ、「第35回ATP賞テレビグランプリ」総務大臣賞、「第74回文化庁芸術祭賞」テレビ・ドラマ部門優秀賞と名だたる賞を数々受賞。世間の注目を集め、2020年3月20日には異例となる再編集版の放送も行われました。

内野聖陽は一路真輝と離婚していた!「きのう何食べた?」と「初恋」では豹変しすぎ?

内野聖陽&西島秀俊ダブル主演作「きのう何食べた?」は大人気!映画版も公開?

内野聖陽&西島秀俊がダブル主演した「きのう何食べた?」が人気!

内野聖陽&西島秀俊がダブル主演したテレビ東京系ドラマ「きのう何食べた?」は、2019年4月から6月まで放送された人気ドラマです。

原作は「大奥」などで知られる漫画家・よしながふみによる同名漫画で、内野聖陽と西島秀俊(にしじまひでとし)が演じる男性同士のカップルの食生活をメインに、同性カップルが抱える諸事情や家族との向き合い方を描く1話完結ドラマです。

2020年元日には「きのう何食べた? 正月スペシャル2020」としてスペシャル版が放送され、話題になりました。

内野聖陽出演の「きのう何食べた?」が受賞!2021年には映画公開も?

内野聖陽&西島秀俊のダブル主演で話題となったドラマ「きのう何食べた?」は、2020年6月に「第57回ギャラクシー賞」の「マイベストTV賞第14回グランプリ」に選出されたことが発表されました。

この「マイベストTV賞」は視聴者によって選ばれたため、1年を通した人気番組の指標でもあります。同賞は2007年に創設されて以来、「ハゲタカ」(NHK)や「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS)など数々の人気作が受賞しています。

「きのう何食べた?」の受賞は、テレビ東京系のドラマでは初となる快挙でした。また「きのう何食べた?」は、2021年に映画版が公開予定とされています。

2021年5月時点で、詳細なスケジュールは発表されていませんが、内野聖陽にとっても大きな転機となった作品の続編だけに、公開が今から楽しみです。

一路真輝は宝塚「エリザベート」の初代トート閣下!内野聖陽と離婚するも娘のおかげで関係修復?!

内野聖陽は再婚してる?実家はお寺?「おかえりモネ」キャストに「何食べ」ファン歓喜!

内野聖陽のプロフィール!実家や再婚が気になる!

内野聖陽は1968年9月16日に神奈川県横浜市で生まれました。実家は横浜市の曹洞宗の寺院です。世田谷学園高等学校を卒業後、早稲田大学に入学。在学中に文学座研究所に入所し、演技の道を歩き始めました。

そして2006年、元宝塚歌劇団雪組のトップスター・一路真輝(いちろまき)と結婚し、同年に長女が誕生。その後2011年に離婚したことで心機一転、20年以上在籍していた文学座を退団し、個人事務所を設立。2013年には自身の芸名の読み方を本名の「うちのまさあき」から「うちのせいよう」に改めました。

2015年時点のインタビューでは、自身は再婚しておらず、独身だと話していた内野聖陽。2019年5月には、女優の小山あずさと交際していることを明かしました。

この時、週刊誌「女性セブン」の記者に突撃された内野聖陽は、自身と小山あずさの関係について言及。結婚について問われると「そんなことはまだ全然考えていないです」としながらも、「親しくしています」と、交際していることを認めました。

内野聖陽が「おかえりモネ」で主人公の父親役!西島秀俊との共演に「何食べ」ファン歓喜

内野聖陽は、2021年5月に放送を開始した朝ドラ「おかえりモネ」に出演しています。「おかえりモネ」は、清原果耶演じる主人公の永浦百音が、気象予報という仕事を通じて成長していく様子を描く作品。内野聖陽は、家業を継がず、地元の銀行に勤めている百音の父親・耕治役を演じています。

耕治の妻であり、百音の母親である亜哉子を演じているのは、鈴木京香です。内野聖陽曰く、耕治のキャラクターは「ちょっと鈍感で不器用な愛すべき父親」。放送前のコメントでは、主人公の百音が生まれ育った街である、宮城県気仙沼市という土地に触れ、「気仙沼という海の町のヴァイタリティ―の中で、明るく前向きに生きられたら」と意気込んでいました。

百音と父の気持ちがすれ違う放送回の後には、公式ツイッターに「娘のことが突然わからなくなる瞬間ってあるよなぁと共感」というコメントを寄せています。実際に娘を持つ父親として、思いを重ねながら演じているようです。

また、「おかえりモネ」の脚本は「きのう何食べた?」と同じ安達奈緒子が担当。こうした縁もあってか、「きのう何食べた?」で内野聖陽とカップル役を演じた西島秀俊も、気象キャスターの朝岡覚役で出演しています。

キャスト発表時から「2人の絡みがあるのか注目してしまう」「朝ドラにケンジとシロさん」など、内野聖陽と西島秀俊の共演に注目する声が上がっていました。「何食べ」視聴者へのサービスシーンがあるのか展開を見守りながら、ヒロインの父親役として内野聖陽が見せる表情を堪能しましょう。

西島秀俊が結婚前プロ彼女と呼ばれた嫁に求めた条件とは!本名や身長・体重は?
鈴木京香と恋人・長谷川博己が出会ったドラマは?2021年は朝ドラ「おかえりモネ」に出演!
長谷川博己がNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主演に抜擢!一躍有名になったきっかけとは?

関連記事

ページ上部へ戻る