山賀琴子はミスコンで三冠達成!ドラマ「逃げ恥」での英語演技にツイッターは大騒ぎ

山賀琴子はミスコンで三冠達成!ドラマ「逃げ恥」での英語演技にツイッターは大騒ぎ出典:https://smartlog.jp
スポンサーリンク

山賀琴子はミスコンで三冠を達成した「美しすぎる奇跡の女子大生」!

2016年に女優デビューした山賀琴子(やまがことこ)は、青山学院大学出身の才女。「ミス青学2015」でグランプリとなって出場した、日本一のミス・キャンパスを決める「第13回 Miss of Miss Campus Queen Contest」で偉業を成し遂げました。

山賀琴子がミスオブミスで達成した偉業とは、コンテストでグランプリを受賞しただけではなく、ミスモデルプレス賞、さらにミスJJ賞の三冠を勝ち取ったことです。このミスコンでの三冠達成を機に、芸能事務所の研音に所属します。女性ファッション誌「CanCam」では、5ページにわたって「美しすぎる奇跡の女子大生」として特集が組まれるほどの人気を獲得しています。

山賀琴子の英語力が凄い!ドラマ「逃げ恥」の英語演技にツイッターは大騒ぎ!

現役女子大生ながら女優になった山賀琴子の初出演ドラマは、2016年にTBS系で放送され、「恋ダンス」など社会現象も生み出すほど大ヒットしたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」でした。山賀琴子が演じたのは、石田ゆり子演じる土屋百合の部下で、今ドキ女子の堀内柚です。

帰国子女という設定で、実際に英語を披露する場面もありましたが、とても流暢だったことから、「容姿端麗なだけじゃなくて英語もペラペラなんだ」「英語喋れるんだ、凄いですね!」とツイッター上は大騒ぎに。まさに才色兼備な山賀琴子には、感嘆の声が多数寄せられました。

スポンサーリンク

山賀琴子の実家は超豪邸で姉も美人過ぎ!会員制高級ラウンジに勤務していた?!

山賀琴子がSNSで超豪邸の実家を公開!?姉妹揃って美人過ぎる!

女優としての活動も順調な山賀琴子の実家にも注目が集まっています。SNSにたくさんアップされている実家での写真に写っているのは、あまりにもゴージャスでハイセンスなインテリア。これらを見る限り、どうやら山賀琴子の実家は超豪邸である様子です。北海道旭川市出身の山賀琴子の出身高校は旭川龍谷高等学校で、出身中学は札幌聖心女学院高校だと言われています。

札幌聖心と言えば、皇后陛下美智子様の出身校である聖心女子大学の姉妹校であり、お嬢様学校として有名です。出身校をも見ても、それなりに裕福な家庭で育った可能性は高いと言えるでしょう。父と母に加え、兄と姉がいる山賀琴子ですが、同じくSNSにアップされている、まったく引けを取らない美貌を持つ姉にも注目が集まっています。

山賀琴子が西麻布の会員制高級ラウンジに勤務していた?!

2016年、芸能界デビューして間もない山賀琴子に、水商売をしていたという噂が広まりました。事の発端は、金持ち東大生としてテレビのバラエティ番組などにも出演していた稲井大輝のツイッターでした。そこには山賀琴子らしき女性の写真とともに、山賀琴子が3年前に西麻布にある会員制の高級ラウンジに勤務していたとの書き込みが。

スポンサーリンク

すると、名前が記載されていた高級ラウンジは実在する上、勤務している女性たちのレベルが高いことでも知られる店だったため、「芸能界入りの足掛かりにしたかったのでは?」と憶測を呼ぶことに。山賀琴子側が否定しなかったことに加えて、その後ツイートが削除されたことから、裏で何かしらの動きがあったのではという声まで出始めました。

とはいえ、高級ラウンジに勤務していたという情報は他にはないため、真相は不明なままとなっています。

山賀琴子がドラマ「ヘッドハンター」で演じる役柄は?働くことをテーマにしたビジネスドラマに初挑戦!

初出演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」を皮切りに、「突然ですが、明日結婚します」や「あいの結婚相談所」「今からあなたを脅迫します」などの人気作品に立て続けに出演してきた山賀琴子。また、テレビ東京系ドラマ「ヘッドハンター」にも出演します。

江口洋介を主演に迎えたドラマ「ヘッドハンター」は、月曜日午後10時に新設された、働くことをテーマに、ビジネスドラマに特化した「ドラマBiz」枠の第1弾作品。人材のあっせんをするヘッドハンターを通じて、転職の悲喜こもごもを描くヒューマンドラマとなっています。

江口洋介が演じる主人公の黒澤和樹は、転職会社「SAGASU」代表です。山賀琴子は、和樹の行きつけの洋食店の店長・及川百合を演じます。その他にも、和樹の部下を杉本哲太が、「SAGASU」の女性従業員をNHK連続テレビ小説「わろてんか」で話題の徳永えりが演じるなど、期待の高まるキャスティングです。

ミスコンで異例の三冠を達成し、その美貌から「和製ミランダ・カー」とも呼ばれている山賀琴子。有名になると、本人の意思とは関係なく、あることないことを噂されるものですが、ここまでの活躍ぶりを見る限り、彼女のキャリアを邪魔するほどのものではなかったようです。それも、山賀琴子の持ち前の知性と品の良さあってこそでしょう。「日本を代表する女優になりたい」と大きな目標を掲げ、新たなニューヒロインとして開花していく山賀琴子を応援していきたいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る