明石家さんま 息子・にちか、娘・IMARUの現在は?壮絶な生い立ちと義理の弟、継母と関係!

明石家さんま 息子・にちか、娘・IMARUの現在は?壮絶な生い立ちと義理の弟、継母と関係!

明石家さんま 息子・にちか、・娘IMARUの現在は?大竹しのぶとの離婚理由は?

明石家さんま 娘・IMARUは実の子供、息子・にちかは実の子供ではない 惜しまず与えた父の愛

明石家さんまと大竹しのぶは1988年に結婚しました。大竹しのぶは明石家さんまとの結婚前に、他の方と結婚をしていましたが、前の旦那はがんで亡くなっています。

その後、明石家さんまと大竹しのぶは「男女7人夏物語」で共演し、結婚に至ります。その頃、大竹しのぶには、前の夫との間の子「にちか」がいました。

その後、明石家さんまと大竹しのぶの間にIMARUが生まれましたが、明石家さんまは、別け隔てなく、二人を可愛がり愛情いっぱいの中で育てたそうです。

そんな、明石家さんまの息子・にちかですが、現在は、IMARUと大竹しのぶのマネージャーを務めています。

スポンサーリンク

明石家さんまの娘・IMARUはご存じの通り、タレントとして大活躍しTV番組にも多く出演しています。

明石家さんま 大竹しのぶとの離婚理由で笑いとる

大竹しのぶは、明石家さんま離婚した理由について「主婦って大変な仕事なんだけど女優に比べると喜びが少なかった。次第にお芝居がしたいと、ムズムズしてきた」と語っています。

しかし、大竹しのぶは明石家さんまと「結婚して良かった」とも。一方、明石家さんまは「ええことなかった。IMARUの誕生は良かったと思うけど、結婚は良くなかった」と冗談めいて話しています。

スポンサーリンク

二人の離婚を決定的にしたのは映画。明石家さんまが「夫婦で、もうアカンと思った時があって、子供もいたので、修復するために、二人で映画「ローズ家の戦争」を見に行ったら、離婚で殺し合いする映画だった」と、ラジオで共演した大竹しのぶと一緒に大爆笑。

それを受けて大竹しのぶは「あれ、スゴかった。あれで二人とも心が決まった」と語りました。さすがは芸能界の大物カップル。このような時でも、明石家さんまと大竹しのぶはしっかり笑いを忘れず、暗い話題に陥りがちなところ、反対に周囲を和ませていました。

明石家さんま 年収と名言、生い立ちが凄すぎる!そこから産まれた名言とは?

明石家さんま 継母との葛藤乗り越えての今 その凄すぎる生い立ち

後輩芸人から「さんま師匠!後輩が育たないから早く引退して下さい」などと、TV番組でいつも言われている、明石家さんま。その年収は8億とも言われています。

しかし、そんな明石家さんまにも乗り越えてきた過去があります。明石家さんまが3歳の頃、実母が病気でなくなりました。そして小学校の高学年の時に、父が再婚したことで、継母が。

けれども、この継母があまり良い人ではなかったそうです。また、この継母には連れ子がいて、これが明石家さんまの義理の弟となったわけですが、継母は、明石家さんまの寝ている部屋の隣の部屋で酒をあおり「うちの子はこの子だけや」と言って義理の弟だけを特別扱い。

壁越しに聞こえて来る言葉に、明石家さんまは心を痛め、ベットでたびたび泣いていたと、明石家さんま本人が語っています。それでも継母と仲良くしたくて、毎日必死で面白いことを考え、継母を笑わせようとしていた明石家さんま。

そんな明石家さんまから放たれた名言がこちら。「やろうとすればできんねん。人間みたいなもんは」「優しさを持った人は、それ以上の悲しみを持っている」。明石家さんまの凄すぎる生い立ちを知ると、それぞれの名言にさらに深みを感じてしまいますね。

明石家さんま お金持ちになって変わった?親友・島田紳助の言葉に……

年収が推定なんと8億だと言われる、明石家さんまですが、やはりTVで見る明石家さんまと、プライベートの明石家さんまでは、若干違うところもあるようです。

よく後輩芸人が、飲みに行った時のエピソードを語っていますが「飲み屋でおねえちゃんに、延々と営業トークをして笑わせている」など、人前ではなかなか自分を出すのが難しい様子の明石家さんま。

そんな明石家さんまの番組「さんまのまんま」に島田紳助が出演したとき、島田紳助が明石家さんまに「普段、TVに写ってないときのお前でいて欲しいわ」と言ったそうです。

この言葉から、本当の明石家さんまは、みんながTVで見るイメージとは少し異なるのかもしれません。その言葉に「あほ、普段の俺でいたら誰が認めてくれんねん」と明石家さんまは名言で返答。

このように、明石家さんまのトークには、時折グッとくる名言が混ぜ込まれているのです。

明石家さんま ビルを一棟買い?豪快すぎる買い物 生命保険はIMARUに残す

なんと、明石家さんまがビルを一棟買いしていたことを明かしました。3階と4階が生活スペースなのですが、現在のところリビングと寝室しか使っていないそうです。

年収が8億もあれば、ビルのひとつやふたつは余裕でしょうが、豪勢な買い物で、羨ましくなりますね。そんな買い物を人生で一度くらい経験してみたいですが、一般人には到底無理な話。

ところで、明石家さんま亡き後のこのビルは、娘・IMARUが相続することになっているそうです。生命保険の受取人も娘・IMARU名義。明石家さんま本人がそう語っています。

義理の息子・にちかも、明石家さんまが溺愛しているので、明石家さんまは「娘と息子には残してやろうと、後は寄付」とも言っています。

明石家さんまの懐の深いこと!明石家さんまが芸能界を引退しないのは、子供たちへ何かを残してあげるためということもあるのでしょうか……もう、残しすぎだと思いますが。最近はビートたけしをはじめ、大物芸能人の引き際についてのコメントが目につく気がします。

かつては明石家さんまも「60歳で引退」と言っていました。さいわいなことにその発言は撤回され、今も活躍中ですが、明石家さんまがいないテレビなんて想像がつきません。

後に続く有望な芸人を育てることもしながら、まだまだ引退はしないで、楽しいお笑いを見せて欲しいです。今後も、明石家さんまに、笑わせてもらえることを信じて、応援して行きたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る