アリアナ・グランデは海外で嫌いな有名人第1位!その理由に納得!?

アリアナ・グランデは海外で嫌いな有名人第1位!その理由に納得!?出典:http://laughy.jp

アリアナ・グランデは海外で嫌いな有名人第1位!その理由に納得!?

アリアナ・グランデは1年以上も海外で嫌いな有名人第1位独走中!その理由は?

アリアナ・グランデの日本人気が最高潮に達する中、海外で嫌いな有名人第1位に選出されたという不名誉なニュースが飛び込んできました。このランキングは、リアルタイムでオンライン投票が受け付けられており、2位以下のパリス・ヒルトン、ジャスティン・ビーバーらを抑えて、アリアナ・グランデが1年以上にもわたり1位を独占しているといいます。

アリアナ・グランデはなぜ嫌われているのでしょうか。一般人の投票コメントには、「高慢」「男に媚びている」「見せかけだけ」「イラつかせる」と態度を批判したものや、歌さえも「マライア・キャリーのものまね芸」とこき下ろしたものまでありました。実際にアリアナ・グランデと関わった多くの有名人が彼女をディスっている現状を考えると、アリアナ・グランデに持つイメージから単純に一般人が誹謗中傷を行っているというわけではなさそうです。

アリアナ・グランデはとにかく確執が多い!わがままもここまでくれば病気!?

アリアナ・グランデには「ビクトリアス」で演じた、キュートで清純なイメージがありました。しかし、元カレのジェイ・ブルックスが彼女の不貞への恨み節ツイートを公開して、そのイメージが崩壊。スタッフにお姫様抱っこされて移動する様子が何度も公開されたり、自らジャスティン・ビーバーに頬キスされている画像をアップしたりして、ふしだら感が拭えなくなっていきます。

また、アリアナ・グランデは、言動がトラブルを呼ぶことが多く、大先輩歌手セレーナ・ゴメスを口パク呼ばわりしたり、英国トーク番組を無断欠席したりと節操ゼロ。さらには出待ちファンへサービスした直後に乗り込んだエレベーターの扉が閉じる瞬間、「あいつら、みんな死ねばいいのに」と言い放ったという噂もあります。それなのにインスタグラムでは、自撮りしてカワイイ自分をアピール。確かに、これが本当ならば、人々がアリアナ・グランデを嫌う理由にも納得できます。

スポンサーリンク

アリアナ・グランデは日本語の勉強に一生懸命な親日家!身長体重、年齢は?

アリアナ・グランデが日本語を猛勉強!親日家はリップサービスじゃなかった!

アリアナ・グランデは、来日時に「帰りたくないよ」と言うくらいの親日家で有名です。大好きなきゃりーぱみゅぱみゅに会った時には、テンションが上がりっぱなしだったアリアナ・グランデ。自身のファッションにも猫耳や着ぐるみを取り入れるなど、特に原宿系”カワイイ”にご執心です。

世界中には、来日時だけ親日家になりすますスターもいるようですが、どうやらアリアナ・グランデの親日ぶりは筋金入り。「わたしはひらがなをかきます!にほんごのぶんをつくります。かたかなのべんきょうをします!」と日本語でツイートしたのもポーズではなく、自筆で勉強したノートの画像までアップしています。

日本通の人物から日本語レッスンを受け、「脳みそが痛いワ。」と言いながらも、日本語学習アプリで50音から勉強しているというアリアナ・グランデ。世界で嫌われていようが、ここまで日本に愛着を持ってもらえるなら嫌いにはなれません。

スポンサーリンク

アリアナ・グランデの身長体重、年齢!過去に激太り、激ヤセしていた?

アリアナ・グランデは身長153cm。体重は45kgくらいではないかと言われており、アメリカでは特に小柄な部類です。しかし、高いヒールを履いてパフォーマンスする姿はセクシーそのもの。アメリカ人特有の豪快すぎるグラマラスさはありませんから、特に日本を含むアジア圏で憧れの存在となっています。

アリアナ・グランデは1993年6月26日生まれなので、年齢は、現在23歳。2010年から放映されたテレビドラマ「ビクトリアス」のアリアナ・グランデは、今のようなホッソリした体型ではありませんでした。人は「激太り期」と呼んでいるようですが、当時の年齢を考えると、思春期太りだったといえそうです。その後、マイナス10kgは痩せたのではないかと思われるくらい激ヤセしたアリアナ・グランデには拒食症の噂さえ囁かれていましたが、本人は「ジャンクフードを止めて健康的になっただけよ」と一蹴してます。

アリアナ・グランデ来日!熊本地震被災者へ日本語でエールも!

アリアナ・グランデが、4月11日、ニューアルバム「Dangerous Woman」のプロモーションのため、8カ月ぶり6度目の来日を果たしました。海外で嫌いな有名人第1位という不名誉を背負いながらも、平日夜にも関わらず、羽田空港では約150人のファンがお出迎え。「ダイスキ」「カワイイ」とファンサービスに応じる親日家のアリアナ・グランデに、日本人が性格云々をどうこう騒ぐ理由はありません。

アリアナ・グランデは、7オクターブの音域をもつ稀有な歌姫として、「ポストマライア」と呼ばれてきました。実際にマライア・キャリーのカバーもやっていますし、彼女を嫌う人々が「マライアの二番煎じでムカつく」と叩く材料は揃っています。しかし、アルバムのリードシングル「Dangerous Woman」は、シングルチャート初登場10位。デビュー作から3アルバム連続でリードシングルが初登場トップ10入りしたのは、米billboard史上アリアナ・グランデが初。

結局、世界一嫌われているということは、同等の人気もあるということ。そんなアリアナ・グランデの生ライブが「めざましテレビ」で観られるということで、日本のファンは胸を躍らせていたところでしたが、前日夜の熊本地震の影響で自粛となりました。

その日の午後、アリアナ・グランデはツイッターで「きょうの じしんで ひがいを うけた かたがたへ、 わたしの あいと いのりが とどきますように。」と、日本語で被災者へエールを送っています。奔放な性格かもしれませんが、実像は心の温かい人なのかもしれませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る