だいたひかるには2度の結婚歴があった!再婚相手が超イケメン!

だいたひかるには2度の結婚歴があった!再婚相手が超イケメン!出典:http://deai-wakare.tokyo

だいたひかるの結婚歴!元旦那と違って再婚相手は超イケメンだった!

だいたひかるには2度の結婚歴があった!元旦那は誰なの?

だいたひかるは、お笑い番組「エンタの神様」で一躍ブレイクしたお笑い芸人です。表情一つ変えずに、「どーでもいーいですよー」と、本当にどうでもよい事をつぶやく漫談スタイル。毒を含んだキレのいいツッコミが売りだっただいたひかるには、離婚歴があります。

最初の結婚は、2006年のこと。元旦那は、放送作家の北本かつらでした。交際期間2カ月というスピード結婚でしたが、終わりを迎えたのも早く、1年後に離婚しています。当初から、北本かつらが家にほとんど帰らないなど、すれ違いの生活だったといいますが、離婚の決め手となった原因は、だいたひかるがダンサーと不倫したからという噂も。そんなだいたひかるが再婚を発表したのは、離婚してから6年後の2013年5月でした。

だいたひかるの再婚相手が超イケメンと話題に!

だいたひかるは、最初の結婚相手・北本かつらについて、「段ボール箱に入っているジャガイモ」と表現していたことがあります。実際にジャガイモに似ているかはともかく、お世辞にもイケメンとは言えない顔立ちをしていることは事実です。一方、約半年間の交際を経て、2013年に再婚したアートディレクターの小泉貴之は、かなりのイケメン。そのイケメンぶりは、過去に、石原軍団にスカウトされたことがあるほどだとか。

出会った当初は、だいたひかるも、あまりのイケメンぶりに、バラエティ番組のドッキリ企画なのではとかなり疑っていたといいます。小泉貴之とは「行列のできる法律相談所」で共演したこともありますが、そのイケメンっぷりに、かなり大きな反響が集まったそうです。

スポンサーリンク

だいたひかるのプロフィール!消えた理由は何だったの?

だいたひかるは元美容師だった!気になるプロフィールは?

だいたひかるは、本名を小泉ひかるといい、1975年5月25日生まれの埼玉県東松山市出身です。身長156センチで、体重46キロ。東松山市立南中学校出身で、埼玉県立鶴ケ島高等学校を卒業後、美容専門学校に進んでいます。美容専門学校卒業後は、実際に美容師として、数年働いていたそうです。

しかし、美容院で定められているマニュアルに従うのが苦痛で、手をケガしたことをきっかけに、美容師を辞めただいたひかる。その後、素人として出演したフジテレビ「ブレイクもの!」で5週連続勝ち抜いたことで注目が集まり始め、「タモリのボキャブラ天国」「爆笑オンエアバトル」などで、徐々に知名度をあげていきました。

さらに「R-1ぐらんぷり」初代グランプリに輝いたことで、その人気は一気にヒートアップ。フリーのお笑い芸人から、吉本興業に所属し、本格的にお笑い芸人として活動し始めます。特技は、もちろんヘアカット。趣味は、映画、読書、ビールを飲むことに加え、韓国文化にもはまっているとか。また、幼い頃からの文具好きが高じて開催した「文具祭り!」で、再婚相手に巡り合っただいたひかるは、結婚の秘訣を「同じ趣味がある人を探すのがおすすめ!」と力強く語っています。

スポンサーリンク

だいたひかるが消えた理由は離婚原因にあった?

だいたひかるは、2004年ごろに起こったお笑いブームの全盛期には、超売れっ子芸人でした。しかし、ここ数年は、名前も全く聞かないように。これには、だいたひかるが1度目の結婚&離婚した際に生じた不倫疑惑の影響が少なからずあったようです。結婚相手であった元旦那の北本かつらは、さまぁ~ずやとんねるずなどのバラエティ番組を数多く手掛けている人気放送作家で、バラエティ界では影響力の強い存在でした。

コアなファンもいる北本かつらと離婚した際には、だいたひかるが執拗にバッシングされた場面もあったといいます。そのため、活躍する場が徐々に狭まっていったというもっぱらの噂。しかし、テレビで見かけなくなった時期に何もしていなかったわけではありません。「文房具ソムリエ」など、趣味の分野を活かして活動領域を広げていました。再婚後は、妊活をしていて仕事量をセーブしていたとの話もあります。

だいたひかるが乳がんの闘病秘話を告白!がんを経験したからこそ伝えられることとは

だいたひかるが乳がんを患い手術を受けたとのニュースが報じられたのは、2016年12月頃のことでした。年が明けて2017年1月27日には、フジテレビ系「キテレツ人生!なんでこうなった!?消えた芸人一斉捜査SP」に出演し、当時の闘病エピソードや葛藤を告白しています。2016年1月に乳がんが判明しただいたひかる。乳がん告知当初は、「がんイコール死ぬという構図で、もう死んじゃうんじゃないかって思った」と、絶望の淵に立っていたことを明かしました。

このとき、だいたひかるの心の支えとなったのは、再婚相手の小泉貴之でした。小泉貴之は、家中に「大丈夫」と書いた紙を貼り、だいたひかるを前向きにさせたとか。これぞ夫婦の愛の力、素敵ですね。その後、右乳房の全摘出を夫婦で乗り越えたと思った矢先、今度は、夫婦の絆を試すかのごとく、リンパ節転移が判明。最初は拒否したものの、だいたひかるは、抗がん剤治療にも立ち向かっています。

髪が抜けるなどの副作用も克服した現在は、定期チェックと服薬で経過を見ているそうです。乳がんを告白したことにより、注目が再び集まりつつあるだいたひかるは、再発の不安がよぎることもあるといいますが、「がんを怖がって過ごすより、なるべく病気を忘れて笑って過ごす」ことが大切だと語っています。

「乳がんあるあるネタを作ってみようかな」と思えるようにまでなったという今、だいたひかるにしか表現できない世界もあるに違いありません。体調をうかがいながらも、全盛期のように、お笑いの分野でも力を発揮してくれることも期待したいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る