グッチオ・グッチがブランド「GUCCI」を立ち上げるまで!その歴史や商品は?

グッチオ・グッチがブランド「GUCCI」を立ち上げるまで!その歴史や商品は?

グッチオ・グッチがブランド「GUCCI」を立ち上げるまで!その歴史や商品は?

グッチオ・グッチの感性と思想は下積み時代にあり?ブランド「GUCCI」を立ち上げるまでの歴史!

グッチオ・グッチは、今や、世界中の人々に愛されているブランド「GUCCI」を創業した人物。GUCCIと言えば、バッグ、衣服、時計、宝飾品、香水と、さまざまな分野の商品を手掛けている大手ブランドメーカーです。GUCCIを立ち上げることで大成功を収めたグッチオ・グッチですが、どのような経緯を経てGUCCIを立ち上げるに至ったのでしょうか?

グッチオ・グッチは、1881年、イタリアのフィレンツェで誕生しました。青年期はイギリスのロンドンにある王侯貴族御用達だという最高級ホテル「サヴォイ・ホテル」の皿洗いやウェイターとして働いたそうです。ウェイターという仕事柄、王侯貴族の立ち居振る舞いや持ち物などを間近で目にする機会が多く、ここで培った美の感性と物に対する考え方は、後に立ち上げるブランドビジネスに大いに活かされていると言われています。

そして、第一次世界大戦後、グッチオ・グッチは、フィレンツェに戻り、高級レザーグッズ店に就職し、皮革の扱い方を学んだ後、1921年に自身の会社「GUCCI」を立ち上げることになりました。

スポンサーリンク

グッチオ・グッチのブランド「GUCCI」が愛されてきた歴史と理由!この春のイチオシ商品は?

グッチオ・グッチが立ち上げたブランド「GUCCI」。GUCCIの歴史は、イギリスから輸入した鞄の販売と修理が始まりだったそうです。鞄の修理をこなしているうちに、鞄の壊れやすい部分についての理解を深め、改善方法などの研究を重ねたグッチオ・グッチ。使いやすくて丈夫、かつ、美しいデザインの鞄を作り、世に送り出してきました。グッチ家が代々継いできたGUCCIですが、その後は、フランスの流通会社「ケリング」の傘下となり、現在ではこのケリングが事業をすべて引き継いでいます。

GUCCIは、グッチ家の手から完全に離れてしまいました。しかし、その人気は現在でも衰えることはなく、常におしゃれで洗練されたバッグを提供し続けています。そんなGUCCIのイチオシ商品は、「GGスプリーム キャンバス トップハンドルバッグ」。2016年の新作バッグで、GUCCIバッグの代名詞、GGスプリームキャンバスの生地が使われているおしゃれなデザイン。収納力抜群で普段使いにも便利なサイズのボストンバッグ。手持ちはもちろん、ショルダーとしても使える2wayタイプなので、さまざまなシーンで活躍しそうですね。

グッチワイン「TOBE G」ワインとは?価格、評価は?

グッチワイン「TOBE G」ワインとは知られざる秘蔵ワイン?ゴージャス感あふれる装飾も!

GUCCIといえば、使いやすく洗練されたデザインのバッグをたくさん世に送り出してきた名ブランド。この大手ブランドが、グッチ一族から離れた後、新しいブランドが生まれたことはご存じでしょうか?グッチ一族の四代目、グッチオ・グッチは、2008年に「TOBE G」という新しいブランドを立ち上げました。

スポンサーリンク

TOBE Gは、グッチ一族のテイストを形にしたいという思いから始まったブランドで、バッグ、装飾品などを始め、ワインも手掛けているとのこと。なんと、セレブ御用達の超高級クラブで密やかに振る舞われていたという幻のワイン。それが現在、飲食店やネットショップでも提供され始めているそうです。

特に注目されているのは、ボトルデコレーション。ボトルのロゴ部分にスワロフスキーのクリスタルで華やかにデコレーションすることができ、ロゴの上部分には、オリジナルメッセージを刻むこともできます。プレゼントする方への思いを刻んで送れば、きっと喜ばれること間違いありません。結婚祝い、特別な記念日、大切な方へのプレゼントなどに最適ですね。TOBE Gのワインを楽しんだ後は、ボトルをインテリアとして飾っておくと、良い思い出になりますね。

グッチワイン「TOBE G」ワインの意外な価格とは?気になる味や評価は?

グッチ一族四代目、グッチオ・グッチが世に送り出している「TOBE G」ブランドワイン。飲食店やネットショップでも提供され始めていますが、超高級クラブや限られた高級店でしかその姿を目にすることができなかったワインです。一度飲んでみたいものの、価格が気になるところ。
「TOBE G」ワインは、1万~2万円程度と、意外にもお求めやすい価格。安過ぎず、高過ぎずの価格なので、お祝いの席で飲むワインとしても、ちょうど良いのではないでしょうか。

「TOBE G」ワインは、赤、白、スパークリングの3種類があり、どれも飲みやすい口当たりとのこと。果物と花を感じさせるような華やかで芳醇な香りと、爽やかでコクのある深い味わいが楽しめるとのことで、多くの人から高い評価を得ています。特に、「Prosecco」というスパークリングワインは、柑橘系の味で、とても軽い口当たりのため、女性からの人気が高くなるのではないかとすでに高評価。「TOBE G」ブランドの店舗は、日本にはまだありませんが、2016~2017年の間に、大手百貨店に導入される予定だそうです。

グッチオ・グッチの伝統を引き継ぐ「GUCCI」の新作!ブライダルリング「インフィニティ」!

グッチオ・グッチによる、美の感性と、独自に開発された技術により、今や世界を股にかけるブランドにまで成長した「GUCCI」。現在の経営は、グッチ一族の手から離れ、フランスの大手流通会社「ケリング」に引き継がれています。しかし、新しいデザイナーにより、古くからの伝統と、時代に合った新しいデザインを織り込んだ商品が次々に発表されているため、GUCCIの話題は常に絶えることがなく、現在も高い人気を誇っています。

そんなGUCCIが、2016年に新しい商品を発表しました。その新作とはなんと、日本限定発売のブライダルリング、その名も「インフィニティ」。エンゲージリングとマリッジリングの2種類が用意されており、シンプルかつ、斬新なデザインでさっそく注目を集めています。

ブライダルリング「インフィニティ」のテーマは、ずばり「出会い」。人と人との出会いは一期一会。いつ誰と出会うかはあらかじめ分かるものではなく、それに加え、出会った二人が次第に心を重ね、結ばれていくことは、まさに奇跡のようなことです。そんな二人の、出会えた喜びと永遠の愛をイメージして作られたのが、インフィニティ。ストレートな2本のラインが交わる結び目の部分が、二人の運命的な出会いを表したデザインとなっています。まさに運命で結ばれた二人の新しい門出に相応しいリングです。エンゲージリング、マリッジリング共に、シンプルなデザインのため、2つのリングを重ね付けしても素敵に演出してくれそうです。

GUCCIは、初代、グッチオ・グッチのこだわりと情熱をもって誕生し、現在もケリングのデザイナーにより、その伝統は受け継がれています。今回発表されたブライダルリング「インフィニティ」も、グッチオ・グッチが大切にしていた、美しさと使いやすさが考慮されたデザインの商品といえるのではないでしょうか。次は一体どのような商品が発表されるのか、GUCCIの新作から目が離せません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る