イモトアヤコはイッテQ高視聴率の功労者!女優業も上々?!

イモトアヤコはイッテQ高視聴率の功労者!女優業も上々?!出典:http://boukenka.info

イモトアヤコはイッテQ高視聴率の功労者!ドラマではかわいいと話題に

イモトアヤコの捨て身の挑戦とイッテQの視聴率成長!珍獣ハンターの旅に視聴者はクギヅケ!

イモトアヤコは、今や「世界の果てまでイッテQ」の顔と言っても過言ではありません。2005年に放送が始まった「イッテQ」は、滑り出しから視聴率12%で安定していました。

そんな中、2007年にオーディションを経て、イモトアヤコが、世界各国を飛び回る”珍獣ハンター”に選ばれます。インドネシアに渡ったイモトアヤコが挑んだのは、世界で最も危険な生物と言われる巨大トカゲ・コドモドラゴンとの直接対決。身長153cmの小柄な女性が、ヒモで食餌となる肉を体に括り付けられ、コモドドラゴンに追い回される姿は、視聴者に大きな衝撃を与えました。

以来、生命の危機と隣り合わせの超ド級企画の撮影のために、1年の大半を海外で過ごすこと10年の間に、「世界の果てまでイッテQ」の視聴率は上昇の一途。2017年2月に放送された、イモトアヤコの世界の旅99カ国の軌跡を辿る「珍獣ハンターイモトのワールドツアー99カ国の軌跡」は、2010年2月に記録した最高視聴率22.6%に次ぐ、22.5%を叩き出しています。

「イッテQ」が、10~20代の若い世代を中心に、今でも高い支持を受け続けるのは、イモトアヤコの果敢なチャレンジの賜物とも言えるでしょう。

スポンサーリンク

イモトアヤコのドラマでのナチュラルメイクに大反響!実はミスコン優勝の過去があった!

「イッテQ」では、黒く塗りつぶした太眉とセーラー服姿にガニ股と、嫁入り前の女性にあるまじき、あられもない姿を晒してきたイモトアヤコ。各国のゲテモノを食らい、”野ション”すらいとわないイモトアヤコですが、ドラマで見せた顔は全くの別人でした。

2010年のTBSドラマ「99年の愛」で女優デビューを果たし、これまでにスペシャルドラマの主演など、計6本のドラマ出演歴があります。最も記憶に新しいところでは、2016年7月期のドラマ「家売るオンナ」の、北川景子演じる敏腕営業ウーマンにしごかれる新人社員役。

女性らしいナチュラルメイクのイモトアヤコには、「こんなにかわいかったのか!」と絶賛する声が相次ぎました。それもそのはず、実はイモトアヤコは、鳥取県立米子西高校時代には、学園祭のミスコンでグランプリに輝いたこともある正真正銘の美女。その肩書を脱ぎ捨てて、「イッテQ」で見せる全力疾走には、もうアッパレとしか言いようがありません。

スポンサーリンク

イモトアヤコのアコンカグア登頂が実現しなかったワケ!イッテQ登山部の次なる目標は?

イモトアヤコがアコンカグア頂上200mを前に涙の下山!イッテQ登山部に何が!?

イモトアヤコは、「イッテQ」で世界各国を巡る中、28カ国目の訪問国タンザニアで、登山家の精鋭たちが挑んできたアフリカ大陸の最高峰キリマンジャロ(5895m)の登頂に成功しました。これを機に、番組ではイッテQ登山部が発足。2012年1月、37カ国目のアルゼンチンで、南米大陸最高峰アコンカグアに挑むことになります。

ところが、アコンカグアへの挑戦は、頂上までわずか200m残した標高6890mのところで中断。数々の不可能をガッツで乗り越えてきたイモトアヤコの挫折は、視聴者にも意外に映ったものです。しかし、アコンカグアは登山の達人をもっても苛酷な山である上に、この日の天候は最悪のコンディションでした。

そんな中、迂回を強いられ続けたイッテQ登山部は、ほぼ気力だけで歩みを進めていた状態だったことに加えて、嵐の兆候が。イモトアヤコは、「自分も視聴者もガッカリさせたくない!」との思いで、限界を超えた気力を振り絞りました。しかし、下山する体力と生命の安全を考慮した山岳ガイドの判断で、断念せざるを得ないという結果に。失敗に終わったとはいえ、その時のイモトアヤコの涙は、やはり強く胸を打たれるものでした。

イモトアヤコ&イッテQ登山部の目標は世界最高峰エベレスト!新たな伝説へ

イモトアヤコらイッテQ登山部は、2009年のキリマンジャロをはじめ、フランスのモンブラン(4810m)、マッターホルン(4478m)、2013年にはヒマラヤ山脈のマナスル(8156m)の登頂に成功。2015年にマッキンリー(6194m)を極めると、2016年8月には4000m弱ながら、登攀困難の岩壁を擁するスイスの三大北壁アイガーの登頂を遂げています。

これだけの超難所に挑んできたイモトアヤコにとって、やはり心残りは、アコンカグアの挫折です。失敗した直後には、「いずれどこかで挑戦したい」とブログに綴っていましたから、ぜひ雪辱を願いたいものですよね。また、イッテQ登山部は、2015年に、世界最高峰エベレスト(8848m)にも挑戦する予定でした。

しかし、入山予定の数日前に、ガイド数十人の死者を出すエベレスト史上最悪の雪崩が発生し、この企画は頓挫しています。イッテQ登山部が発足した当初は、「素人には危険すぎる」と、番組には心配の声も多く寄せられましたが、8年の荒行を経て確かな実績を積み上げてきました。イモトアヤコがエベレスト登頂に成功し、新たな伝説となる日が楽しみです。

イモトアヤコの体当たり演技に期待!NHKドラマ「あなたにドロップキックを」の主演に抜擢

イモトアヤコが、2017年2月12日放送の「イッテQスペシャル」で、ついに100カ国目の訪問を達成しました。イモトアヤコの100カ国目の訪問国となったのは、南アフリカ内陸にある高原の国レソトです。この放送回は、前週の「99カ国の軌跡」に続き、番組歴代6番目となる視聴率22.2%を記録しています。

番組放送開始10年目にして、「イッテQ」が月間最高平均視聴率21.1%を記録したのは、今では珍しくなった本気の企画の賜物でしょう。スタッフの熱意と共に、イモトアヤコの情熱は、テレビ界を挙げて讃えられてしかるべきものです。そんなイモトアヤコが、今度はドラマで体当たりの仕事に挑みました。

それが、2017年3月放送のNHKスペシャルドラマ「あなたにドロップキックを」で、イモトアヤコは、元カレとの婚約破棄など、他人の理不尽な振る舞いに自信を失った主人公の秋子を演じます。秋子は、悪役としてリングで体を張る女子プロレスラーのモモに出会い、次第に”人生の主人公”たる自信を取り戻していくという役どころ。

無名の芸人から、「イッテQ」での過酷なチャレンジで、数々の感動を与える国民的タレントにのし上ったイモトアヤコには、この上ないハマリ役となりそうです。イモトアヤコは、体当たりで挑んだ役の感想を、「自分でも見たことがない顔が28回くらいあった」と述べています。どんな分野にも全身全霊で、常に未知の領域に踏み込んできたイモトアヤコに、まだ見ぬ一面があったのかと思うと、ドラマには期待が募るばかりです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る