神王リョウの投資手法は嘘?神リッチプロジェクトの評価は?

神王リョウの投資手法は嘘?神リッチプロジェクトの評価は?出典:http://www.神王リョウ.asia

神王リョウの投資手法は嘘?神リッチプロジェクトの評価は?

神王リョウの投資手法「スパイダー投資法」は嘘か真か?

神王リョウは、カリスマトレーダーとして、自身の投資手法をレクチャーするなどの活動をしているお金持ち。さまざまな情報番組にも出演し、投資手法が注目されてきた神王リョウですが、今、ネットでは、神王リョウの投資手法は嘘ではないか?と囁かれてもいます。確かに、資産30億円や年収2億円という数字は、神王リョウ本人の言葉。実際にその金額が正しいのかを確かめる術はありません。

しかし、資産や年収の金額が誇張かどうかはともかく、神王リョウがかなり稼いでいるのは事実でしょう。神王リョウは何社もの会社を経営しており、レコード会社を設立して、そこから自分のCDをリリースしたりもしています。スパイダー投資法といわれる神王リョウの投資手法については、賛否両論、さまざまな評価があるようですが、少なくとも神王リョウ自身は、このスパイダー投資法なる投資手法を使って、一定の収益を上げていると考えられるでしょう。

神王リョウが手掛ける神リッチプロジェクトの評価は?誰でも稼げるなんてやっぱり嘘なの?

神王リョウの神リッチプロジェクトとは、「皆で楽しみながら、億万長者を目指す」ことを謳った、神王リョウの投資手法を学ぶスクールのようなもの。いわゆる情報商材というものですが、決して手頃な価格ではありません。そんな神王リョウの神リッチプロジェクトの評価については、さまざまな意見があります。

そもそも、投資というのは一種のギャンブル。成功するには、やはりそれなりのセンスや、先を見通す眼力も必要になります。たしかに神王リョウ自身はかなり稼いでいるでしょうが、神リッチプロジェクトで、神王リョウのスパイダー投資法やその他のノウハウを学ぶことで、全ての人が稼げるかには疑問符が付きます。どのような情報商材にもいえることでしょうが、神王リョウの神リッチプロジェクトは、実施した人が成功したか否かによって、評価が大きく分かれると思われます。

スポンサーリンク

神王リョウの出身大学、本名、プロフィール!商材広告バナーがうざい!?

神王リョウの出身大学、本名、プロフィールとは? 30分の投資で人生をエンジョイ!?

神王リョウの出身大学は、大阪市立大学の法学部。本名は山本亮です。1979年生まれで、現在36才になる神王リョウは、もともと大阪出身で、現在も大阪を中心に活動しています。起業家・投資家、ミュージシャンや音楽プロデューサーなど、さまざまな肩書を持つ神王リョウ。

プライベートでは、国内・海外へ旅行をしたり、吉本のお笑い芸人や芸能人とも付き合いがあって、彼らのパーティーにもよく出席したりしているようです。神王リョウのプロフィールに書かれている通り、「1日30分の投資」で稼いでいることが本当ならば、残りの時間は全て、人生を楽しむことに費やされているのかもしれません。

神王リョウの商材広告バナーがうざい!?非表示にする方法を知りたい人が続出してた!

神王リョウの商材広告のバナーがうざいといわれているようです。ネットユーザーにはよく知られていますが、Yahoo!には、神王リョウの商材広告のバナーが、うざいくらい表示されることがあります。このため、神王リョウの商材広告バナーを非表示にする方法が、ネット上であれこれ公開されているほどです。

スポンサーリンク

うざいといわれる背景には、そもそも投資方法の広告ですから、神王リョウの商材広告バナーに限らず、FXや金投資などのバナー自体、かなり胡散臭いと思われることも影響しているでしょう。中にはYahoo!がこのようなバナー広告を出すこと自体が、Yahoo!のビジネスモデルの限界であり、長期的にはYahoo!の媒体価値を下げると指摘する辛辣な意見もあります。

神王リョウはカリスマ投資家といわれたが2016年現在はどうなのか?

神王リョウは、カリスマ投資家といわれてきましたが、2016年現在においては、投資家としての活動よりも、企業運営や神リッチプロジェクトの講師活動に重点を置いていると見る向きが大半です。中には「もう以前のように投資で稼げなくなったから、神リッチプロジェクトや、投資講座の商材で稼いでいるんじゃないのか」といった意見もあります。神王リョウの30億の資産や、年収2億円という収入は、現在手広く行っている事業展開から考えれば、運営資金として、継続して必要な金額であるともいえそうです。

確かに、国内に多くの企業を持ち、海外のヘッジファンドのアドバイザーとしても活動しているようですから、現在も、神王リョウは、ある程度の継続的な収入は確保できているのでしょう。しかし逆に考えれば、企業のオーナーですから、なにかあれば、負債を負うこともあるはずです。ここにきて、安倍首相は、経済状況を「リーマン前に似ている」と言っています。今後、投資業でスランプに陥ったり、リーマンショックのような世界規模の経済混乱が起きたりした時に、うまく切り抜けることができるかどうか……神王リョウの真の実力が試されるのはこれからかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る