増田珠、名前の由来がステキすぎる!長崎出身なのにロッテファンでドラフト指名確実か?!

増田珠、名前の由来がステキすぎる!長崎出身なのにロッテファンでドラフト指名確実か?!出典:http://sports-sougou.com

増田珠の名前の読み方は「しゅう」!父親に影響を受けて野球を始めた!

増田珠の名前の読み方は「しゅう」!中学時代はリトルシニア全国大会出場3回!

ドラフト指名有力候補として注目されている横浜高校・増田珠外野手は、走攻守3拍子揃ったスラッガーという逸材です。しかし、なんといっても気になるのは、名前の読み方。「珠」と書いて「しゅう」と読みます。なぜこのような名前をつけたかというと、「珠」には「宝物」という意味があるからだとか。将来は、プロ野球界の宝物と言うべき選手に育ってほしいものです。

増田珠は、1999年5月21日生まれ。長崎県長崎市出身で、身長181cm、体重83kgと恵まれた体格をしています。小学1年でソフトボールを始めた増田珠は、長崎市立淵中学校進学後に、「長崎リトルシニア」のメンバーとして硬式野球に転向。長崎リトルシニア時代は、全国大会出場すること3回、それぞれの大会で非凡な活躍を見せました。

中学3年生の時には、15歳以下を対象とする「第2回IBAF野球ワールドカップ」で日本代表入りし、4番・キャプテンとして、大会通算打率5割5分6厘を残す活躍を演じています。中学卒業後は、プロ入りを視野に入れて、名門・横浜高校に単身上京して入学。1年春からベンチ入りを果たし、夏からは早くも外野レギュラーの座をつかみました。

スポンサーリンク

増田珠は父親に影響を受けて野球を始めた!

増田珠が野球を始めたのは、父親に大きな影響を受けてのことだそうです。増田珠の父親は、息子をあまり褒めたりしない厳しい人物の様子。褒めて伸ばすというよりは、自ら這い上がらせて厳しさを教えるという教育方針なのかもしれません。とはいえ、息子の試合には忙しい合間をぬって足を運んでいるようで、猛暑の中、日焼けした顔をものともせず、スタンドから息子のプレーを懸命に応援する姿も目撃されています。

「アメトーク」の「高校野球大好き芸人SP」内で、トータルテンボス藤田憲右が明かしたところによると、高校野球が大好きな彼に、増田珠の父親は、「長崎リトルシニア」時代の帽子をプレゼントしてくれたとか。そんな厳しくも息子の応援に熱心な父親に甘やかされず育てられたからこそ、ドラフト候補になるほど立派に育ったのでしょう。

増田珠は長崎出身でロッテファン?横浜高校での成績をおさらい!

増田珠は長崎出身なのにロッテファン!ドラフト指名でロッテ入団か?

ドラフト指名の行方が注目される増田珠は、千葉ロッテ入団を熱望しているという噂をよく耳にします。増田珠は長崎県出身ですから、地元球団にはソフトバンクがあるはずですが、千葉ロッテ入り希望とは一体どういうことなのでしょうか?実は、千葉ロッテファンの増田珠。もとより父親が千葉ロッテファンで、幼い頃からよく試合を見ていたこともかなり影響しているようです。

スポンサーリンク

また、千葉ロッテには、増田珠と同じ外野手に、日本代表クラスの好選手が顔をそろえていることもあるのかもしれません。実際、千葉ロッテのスカウトも、増田珠に高い関心を寄せ、「軽く振っただけで打球を飛ばせる天性の能力と魅力を持ち合わせている」とコメントしています。

増田珠の魅力は、単なる長距離砲だけでなく、走攻守のバランスが取れていること。打って守って走れて、3割・30本塁打・30盗塁のトリプルスリーを狙えるタイプと評価されています。最近の千葉ロッテは、助っ人外国人選手に頼ったり、せっかく獲得した優良助っ人を他球団にさらわれる有様なので、将来の中軸候補として増田珠がドラフト指名されるという予測はかなり現実味を帯びています。

増田珠の横浜高校時代の成績は通算33本塁打!公式戦ではわずか10三振!

増田珠は横浜高校入学後、1年の春からベンチ入りし、1年の夏の神奈川県予選全試合にセンターでスタメン出場すると、8試合で打率3割7分9厘、1本塁打5打点1盗塁の成績を残します。ハイレベルな神奈川県勢の中で、1年生当初からこれだけの成績を残すことは並大抵ではありません。

2年夏の神奈川県予選では中軸を打ち、7試合で、打率4割4分、3本塁打8打点1盗塁の成績で横浜高校優勝に貢献しています。2016年夏の甲子園では、2回戦に進出して履正社高校に屈したものの、2試合で、打率5割の成績を残した増田珠。3年夏の神奈川県予選では、7試合でなんと打率6割!5本塁打11打点4盗塁と活躍し、神奈川大会新記録の4試合連続本塁打をマークしています。

2017年夏の甲子園では、秀岳館高校に敗れ、打率3割3分3厘で、期待されたホームランも残念ながら出ませんでした。そんな増田珠の甲子園までの公式戦通算成績は、56試合で、打率4割7分4厘、13本塁打51打点16盗塁。高校通算で33本塁打を放っていることもすごいですが、公式戦通算173打席に立ちながら、わずか10の三振しか記録していないことに驚かされます。

「三振しない」ことは、バッターとして非常に有利なポイント。足も、50mで6秒0と、試合で盗塁できる能力は備えていますが、プロで盗塁を稼ぐにはもうひと工夫要りそうです。

増田珠が甲子園であいさつする「センターの神様」!目標は「増田のようになりたい」と言われる選手になること!

甲子園にやって来た増田珠には、欠かすことのない1つの儀式があります。それは、センターの守備位置で、バックスクリーンへ頭を下げることです。時間にして3秒、長くて10秒ほど頭を下げて動きません。彼曰く「センターの神様にあいさつし、祈っている」とのこと。

「甲子園のセンターの神様に『また戻って来ることができました』とあいさつして、『今大会でいいプレーができますように』と祈るんです」と純真に語る彼の眼を見ると、神様の存在を信じたくなるから不思議です。「どんな選手になりたいか?」と質問されると、彼からは必ず次のような答えが返ってきます。

「小さい子供から『増田のようになりたい』と言われる選手が目標」。数あまたの高校野球ファンから「横浜らしくない選手」と評されることも多い増田珠。横浜高校は、松坂大輔(現・ソフトバンク)に代表されるように、ハイレベルな選手が緻密な野球を演じてみせ、数々の金字塔を打ち立てた強豪校です。どちらかというと、野球頭脳に秀でたエリート選手がサラリと勝利をもぎ取るのが、かつてのチームイメージでした。

しかし、今やチームカラーを変えつつある横浜高校は、往年の横浜らしさをしのばせながらも、1人1人の選手を成長させる方向にシフトしつつあります。増田珠の純真無垢さは、その象徴と言えるかもしれません。横浜高校は、2017年夏の甲子園第4日の第2試合で秀岳館高校に4-6で初戦敗退しましたが、試合後の増田珠の目には涙は見られませんでした。

それは、「絶対泣かないと心に決めた」から。今後の進路は、「今のところプロ一本」と、プロ志望を明言している増田珠が、「センターの神様」と再会するのは、もう一回り成長してからになりそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る