松下奈緒はいい人すぎる性格!演技力は今一つ残念?!「天才バカボン」でバカボンのママ役!

松下奈緒はいい人すぎる性格!演技力は今一つ残念?!「天才バカボン」でバカボンのママ役!

松下奈緒はいい人すぎる性格!ピアニストとしての実力は?

松下奈緒は女優としてもピアニストとしても活躍!そのピアニストとしての実力は?

松下奈緒は、1985年生まれ、31歳の女優かつピアニストです。兵庫県内の高校を卒業後、東京音楽大学音楽学科ピアノ専攻に進学しました。音大在学中の2004年に、日本テレビ系のドラマ『仔犬のワルツ』で女優デビューした松下奈緒。2010年には、NHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」で水木しげるの妻役を演じて大ブレイク。以来、映画やドラマでコンスタントに活躍しています。

最近では女優としての活躍が目立つ松下奈緒ですが、これまでにベスト版やサウンドトラック版を含め9枚のアルバムをリリースし、日本フィルハーモニー交響楽団と共演するなど、ピアニストとしての活動も女優業と並行して続けてきました。松下奈緒のピアニストとしての実力は、音楽大学出身だけに、ある程度のものはあるのは確か。

しかしコンクールで上位入賞したというような演奏家として華麗な経歴をほこるものではないのが実際のところです。現在の松下奈緒は、「女優で」ピアニストと、演奏家としてはややカジュアルなポジションにいるといえるでしょう。

松下奈緒、お嫁さんにしたい女優No. 1!の性格は?

松下奈緒のスラッとした長身と、美貌。良家のお嬢さまや、美しい奥さん役がぴったりな印象の松下奈緒には、育ちがよくて、おしとやかという印象が強いようです。しかし、実際に共演した俳優からは、松下奈緒が「いい人すぎる」と、その意外な性格についてのコメントが聞こえてきます。

スポンサーリンク

2015年4月にWOWOWのドラマ「闇の伴走者」で共演した古田新太は、松下奈緒の人柄について「きれいでチャーミングで、おっさんみたいな人」と意外性のある素顔を暴露。共演者からも「また共演したい」と言われることが多い松下奈緒は、明るくサバサバした性格なのだとか。これまで熱愛等のスキャンダルがほとんど報じられてこなかった松下奈緒ですが、清楚な美貌に反した豪快なキャラクターが、浮いた噂に繋がらない理由なのかもしれません。

松下奈緒演技力は今一つ残念?!「天才バカボン」ママ役で一皮むける?!

松下奈緒はドラマで引っ張りだこ!でもその演技力は?

松下奈緒は、女優として、一線級で活躍しています。しかし、ネット上では「あまり上手ではない」という評判が多く聞こえてくる松下奈緒の演技力。確かに演技派という印象はあまりなく、本人の持つキャラクターに引っ張られた役柄を演じていることが多いように見えますね。
松下奈緒の演じているキャラクターを、いくつかのキーワードで表すならば、「清楚、聡明、しっかりもの、だけどちょっとおっちょこちょい」というような感じではないでしょうか。朝ドラで人気が出た女優は、そのイメージをずっと引きずって行く傾向が強いので、松下奈緒の場合もその影響は否めないかもしれません。
本人の意向なのか、制作側の意向なのかは分かりませんが、極端な汚れ役や、どこか吹っ切れたような役を演じることなく、従来からのイメージにのっとった役を演じてきているため、役の幅が狭い=女優としては今一つ、というイメージが染み付いているのではないでしょうか。

松下奈緒、ドラマ「天才バカボン」でバカボンのママ役!

松下奈緒は、日本テレビ系スペシャルドラマ『天才バカボン〜家族の絆』で、バカボンのママ役を演じます。バカボンのママといえば、暴走するバカボンのパパを優しく見守る美人の妻、というキャラクター設定。ドラマ自体はシュールなギャグマンガの世界観ですから、松下奈緒もバカボンのママ役で一皮むけるか?!と期待したいところですが、従前の松下奈緒のイメージとこれまたピッタリな役柄なので難しいかもしれません。

スポンサーリンク

バカボンのパパ役が上田晋也、バカボン役がおかずクラブのオカリナと、キャラありきのドラマですから、さもありなんという感じですが……。

松下奈緒が30センチ以上ばっさり!初のショートカットにした理由とは?

松下奈緒は、4月スタートのフジテレビ系ドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』で主演を務めるにあたり、30センチ以上髪を切ったことがニュースになりました。
松下奈緒演じる主人公の早子は、女子力ゼロのサバサバした性格で、変顔やダジャレも披露する三枚目キャラクター。古田新太をして「おっさんみたい」と言わしめる松下奈緒の素顔とそっくりですが、これまで演じてきた役柄とは結構イメージが違います。松下奈緒は、これまでのイメージとは大きなギャップのある早子役になりきるために、高校生以来でデビュー後は初というショートカットにしたのだそうです。早子役を演じることで「早子同様、何か自分も変わりたい」との決意を表しています。

これは、女優として一皮むけたいという意思の表れとしての大変身、ということでしょう。どうやら、松下奈緒自身、自身に向けられている「清楚で聡明なお嬢様」という固定的なイメージを冷静に把握して、脱却のチャンスを狙っていたようです。これまでのスタイリッシュなロングヘアも素敵でしたが、ショートカットも非常に似合っていますね。松下奈緒が心機一転を図ったドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』は、独身小学校教師の早子が、周囲に巻き込まれて結婚に向かって動き始め、傷つきながらも自分の幸せを見つけていく物語。

今までの松下奈緒のイメージと違った役柄を観ることができそうで、非常に楽しみですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る