満島ひかりの旦那、子供は?結婚5年目にして離婚し永山絢斗と熱愛中!

満島ひかりの旦那、子供は?結婚5年目にして離婚し永山絢斗と熱愛中!

満島ひかりの旦那、子供は?結婚5年目にして離婚し永山絢斗と熱愛中!

満島ひかりの旦那、子供は?結婚5年目にして離婚し永山絢斗と熱愛中!

満島ひかりは、女優として脚光を浴びた翌年の2010年、自身が主演を務めた「川の底からこんにちは」の監督・石井裕也と結婚しました。石井裕也は、大阪芸術大学から日本大学芸術学研究科へ進み、映像芸術修士号を取得した映画監督。2005年に大阪芸術大学の卒業制作で監督を務めた「剥き出し日本」は、ぴあフィルムフェスティバル2007年グランプリに輝き、ロッテルダム国際映画祭では無名新人監督ながら、チケットが完売したという伝説の持ち主です。

ちなみにアタックは、満島ひかりからだったそうです。しかし、満島ひかりと旦那・石井裕也が結婚して5年経った今では、旦那の話が、満島ひかりの口から出ることがなくなりました。満島ひかりと旦那・石井裕也の間には、子供はいません。昨年から巷では2人は、忙しさゆえの擦れ違いで、離婚間近なのでは?とも囁かれていました。子供について聞かれた時、満島ひかりは「欲しいですが、授かりものですから」と答えていましたが、それは叶わず離婚を選択したのです。

そして、次のお相手に満島ひかりが選んだのは、英太の弟である永山絢斗(けんと)!すでに英太・木村カエラ夫婦とも懇意らしく、また満島ひかりの実弟・満島真之介も交えて食事会をしているそう。結婚・離婚・年下の彼氏と、女優業を磨いているような遍歴に、これからの満島ひかりの演技にどう影響がでるのか気になります。

満島ひかりの弟・満島真之介が結婚!結婚相手はまさかの……

満島ひかりの弟・満島真之介は、2012年放送のNHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」で注目され、映画「永遠の0」などで活躍の場を広げているので、ご存じの方も多いでしょう。2009年にデビューし、現在26歳の満島真之介。デビュー前は、学童保育のアルバイト経験があり、今でもオフの時には、保育士時代の友達と絵本を作っているそうです。

スポンサーリンク

また、高校卒業と同時に自転車で日本一周、2010年までは映画助監督を務めていたなど、満島真之介はバラエティ豊かな人として知られています。そんな満島ひかりの弟・満島真之介は、これからの映画界を担う若手俳優として駆け出したところではありますが、まさかのあの人と昨年末に結婚したというから驚きです!

その結婚相手とは、満島真之介の所属事務所のマネージャーで7歳上の女性。しかも何と、満島ひかりのマネージャーなんだそうです。満島ひかりを交えて、家族ぐるみの付き合いから恋へと発展し、1年半ほどで結婚に至ったそうです

満島ひかり、抜群の演技力裏にあった壮絶人生とは!?

満島ひかり、抜群の演技力裏にあった7年間の迷走時代!

満島ひかりは、体当たりの演技で数々の新人賞を受賞した2009年の映画「愛のむきだし」や、ぴょん吉の声を演じた実写ドラマ「ド根性ガエル」と、抜群の演技力で人々を魅了する女優です。満島ひかりの演技力は、輝かしい現在の裏にあった壮絶な人生によって培われたものなのかもしれません。

スポンサーリンク

沖縄出身の満島ひかりは、女優を夢見て沖縄アクターズスクールに入所しました。アイドルユニット「Folder」のメンバーとして11歳でデビューを果たし、即ブレイク。14歳で上京した満島ひかりでしたが、メンバー脱退を経てユニットを「Folder5」に改名することに。その後、3rdシングルが、アニメ「ONE PIECE」オープニングテーマに起用されるなど、満島ひかりが所属する「Folder5」はヒットしたものの、2002年には活動休止してしまいます。

翌年には女優として芸能活動を再開しましたが、水着のグラビアをやったり、クイズ番組に出たり、ものまね番組で浜崎あゆみのものまねをやってみたりと迷走していた満島ひかり。どれもうまくいかずに毎日泣いてばかりだったそうです。将来への不安を抱えたこの時期の満島ひかりの顔は、ストレスによる吹き出物だらけで、人前に出ることさえ怖くなっていたといいます。

満島ひかりの突破口は実父の教えが体当たり演技の原動力に!

満島ひかりは、突破口を見いだせないまま、7年間も迷走を続ける形となりました。しかし、「愛のむきだし」の監督・園子温との出会いによって、満島ひかりは大転機を迎えます。「愛のむきだし」で主演を務めることになった満島ひかりは、心身ともにボロボロになりながら、園子温の熾烈なシゴキに耐え、撮影に挑みました。園子温が満島ひかりに「気持ち悪い!悔し泣きしてんじゃねーよ!」など、酷い罵声を浴びることも度々。

しかし満島ひかりの胸には、上京前に、地元沖縄の中学校教師でバスケ部顧問として全国大会優勝の経験をもつ実父から貰った言葉が常にあったのです。「1カ月に1回くらい自分を殺して、また生まれ変わったいいよ」。この実父の教えこそが、満島ひかりの体当たり演技の原動力。

こうして、映画「愛のむき出し」で、女優・満島ひかりは脚光を浴びることになりました。また、2013年の主演ドラマ「Woman」では、夫を亡くし、2児をもつシングルマザーを演じて高評価を得た満島ひかり。その裏には、母子家庭で育った、満島ひかりの実父の経験が生かされていました。演じる役の詳細を分析し、同じ境遇の人物からの見分を書き留めるためのノートを持ち歩くなどの努力もまた満島ひかりが開花した要因なのです。

満島ひかりの抜群の演技力が磨かれていく!今度は男役で!

満島ひかりは、来年1月11日、23日、24日にNHK BSプレミアムで放送される「シリーズ・江戸川乱歩短編集 1925年の明智小五郎」で、3回にわたり名探偵・明智小五郎を演じます。え?明智小五郎って男ですよね?しかし、男役であろうが、どんな個性的な役であろうが、その世界にどっぷりつかり込んだ演技で魅せてくれるのが女優・満島ひかりなのです。実父がフランス系アメリカ人のクオーターであることから、どことなく多国籍な美しさと、ミステリアスさを兼ね備えた満島ひかり。

その血を分けた弟・満島真之介もまた俳優ですし、妹・満島みなみもモデルをやっているのです。そんな芸能一家の先駆けとなった満島ひかりは、常に暗中模索というプレッシャーと、孤独の重圧との戦いだったことでしょう。そんな満島ひかりを支えたのは、実父の教えと、迷走時代を切り抜けたド根性。

あのストイックなまでの役作りと入魂ぶりからは、アイドル時代を脱却できずに泣いてばかりいたという姿は垣間見られません。しかし、確実に全ての経験を女優としての糧にしてきて今があるのは間違いないでしょう。また2009年のブレイク後に結婚した旦那・石井裕也とも切磋琢磨できる存在として、女優・満島ひかりの成長には欠かせなかったはずです。

「愛のむきだし」で数々の新人賞を獲得しただけにとどまらず、それ以降は毎年のように国内外の受賞歴を積み上げていったのもその証。満島ひかりの抜群の演技力は、これからさらなる経験を余すことなく吸収して、まだまだ深みを増していくはず。妊娠・出産はしばらく先でもいいではないかという気がします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る