池田成志の演技は大人の魅力がたまらない!結婚はしているの?「半沢直樹」で注目度アップ!

池田成志の演技は大人の魅力がたまらない!主な出演ドラマは?


池田成志のプロフィール
◆生年月日:1962年9月27日
◆出身:福岡県
◆身長:173cm
◆血液型:O型
◆所属事務所:吉住モータース

池田成志の演技は大人の魅力がたまらない!演技のスタンスは「無心」?

池田成志(いけだなるし)は、舞台を中心に活躍してきた実力派俳優です。これまで出演してきた舞台は数知れず。2017年は、急逝した名優、平幹二朗の代役に抜擢されて、舞台「死の舞踏」で主役を演じました。これだけでも、役者としての力量が、いかに高く評価されているかが伝わるエピソードです。

2020年版の「半沢直樹」など、テレビドラマへの出演も増えてきているので、名前を知らなくても池田成志の顔を見れば、「ああ、この人か」と思う人も多いかもしれません。池田成志が演じる役柄は多岐にわたりますが、どのような役でもクールに演じきる姿が魅力の1つと言えるでしょう。「胡散臭くて怪しい、ちょっと外れている変わった役柄が好きだ」という池田成志は、演技に対するスタンスについて、その役になりきるのではなく「ただ無心に演じ切るだけ」と語っています。

池田成志の出演ドラマや映画は?

池田成志のテレビ初登場は、1989年「IQエンジン」というクイズ番組の問題VTR映像です。その後、1991年10月期ドラマ「次男次女ひとりっ子物語」など役名付きの出演が少しずつ増えていきます。2012年9月から放送された「仮面ライダーウィザード」には白い魔法使い役として出演しました。

2013年のNHK大河ドラマ「八重の桜」大隈重信役での濃くて重厚な演技や、2014年のNHK朝ドラ「マッサン」特高警察のリーダーである桜田役は、ご存じの方も多いはず。朝ドラ「マッサン」では、エリーにスパイ容疑をかける高圧的で憎たらしい役柄を見事に演じ、視聴者からその演技力が高い評価を受けました。

池田成志は2020年1月にはドラマ出演が相次ぎ、「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」では神戸一郎役、「ケイジとケンジ」では見城長一郎役、「病院の治しかた〜ドクター有原の挑戦〜」では田所伊久磨役で登場しました。同時期に複数のドラマに出演しており、2020年は池田成志にとってテレビで露出が飛躍的に増えた年となっています。

池田成志は映画でもほぼ毎年何らかの作品に出演しており、2018年4月に公開された、元SMAPの稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾らが主演したオムニバス映画「クソ野郎と美しき世界」に出演し、2019年11月公開の「最初の晩餐」では東盛一を熱演していました。

映画やドラマでは渋い脇役として重要な役割を果たしています。若手俳優には真似のできない、味のある大人の俳優として、これからもますます成熟した演技で視聴者を虜にしていくことでしょう。

細田善彦は御曹司?出身校は進学校!プロフィールや出演作品は?

池田成志が結婚した妻や子供の情報!出身校やプロフィールは?

池田成志が結婚した妻や子供の情報!自ら既婚であることを明かしていた!

池田成志は2014年3月16日に放送されたトーク番組「ボクらの時代」で、結婚していることを自ら明かしていました。プライベートは刺激的でないほうが好ましく、家にいるときはどうでもいい時間を過ごしたいとコメント。妻に関してそれ以上詳しい情報が公開されていないところを見ると、結婚相手は一般女性なのかもしれません。

家庭ではのんびり過ごしたいという池田成志の思いを尊重できる、安らぎを与えてくれる存在なのでしょう。そんな池田成志夫婦には子供もおり、娘が1人です。

「ボクらの時代」の2017年3月5日放送回には池田成志が勝村政信、八嶋智人と一緒に登場。池田成志の娘が小さかった頃に伊豆で波の勢いに飲まれて砂浜で転がってしまい、焦って娘が水を嫌いにならないようにとスイミングスクールへ入れたとか。子供についての詳しいエピソードを語っており、子煩悩な一面を披露していました。

番組が放送された2017年時点では娘はすでに大学生。時折父親である池田成志の舞台を見に来るものの、面白かったかどうか程度の感想を聞くくらいだと話していました。娘も大人になって気恥ずかしいところもあるのかもしれませんが、観劇に足を運ぶのは役者としての父親を応援しているからなのでしょう。

池田成志の出身校やプロフィールは?キャリアのはじまりは早稲田大学「第三舞台」

池田成志は、1962年9月27日生まれで、福岡県大野城市の出身です。福岡県立筑紫丘高校を卒業後、早稲田大学に進学し、大学在学中から劇団「第三舞台」に参加して、1982年に俳優活動を始めました。その後独立しますが、舞台を中心に、俳優としてだけではなく、演出家としても活躍中で、こちらでも高評価を得ています。

役者として吉住モータースに所属し、それ以降の活動歴としては、つかこうへいや、三谷幸喜、宮藤官九郎、長塚圭史など、それぞれ個性的な作風で知られる、名だたる演出家たちの作品に出演しています。

また、生瀬勝久、古田新太とともに「ねずみの三銃士」という演劇ユニットを組んで活動していることでも知られています。宮藤官九郎脚本の3作品「鈍獣」「印獣」「万獣こわい」は、演劇通の間で「間違いなく演劇界で最強の組み合わせ」と評されました。

石垣佑磨はピアノにスポーツと多才!イケメン俳優が消えたワケとは?

池田成志と舞台や歌舞伎で人気の俳優陣が「半沢直樹」を盛り上げる!クドカンの舞台も注目!

池田成志が半沢直樹に出演!役者対決も見どころ?

池田成志は、2020年7月からTBS系で放送されている大人気ドラマ「半沢直樹」にも出演。2013年に大好評だったこのドラマの続編に出演が決まったときは「俺でいいのかしら?」と臆する気持ちもあったとか。ドラマ内では話のカギを握る諸田祥一役を熱演。出演者たちの顔芸も話題になることが多いこのドラマで、ほかの俳優陣に負けず対決シーンも披露していました。

2020年版の「半沢直樹」では、歌舞伎界で活躍する香川照之、市川猿之助などといった役者陣に加え、池田成志や古田新太を始めとした小劇団出身の名優たちが集っているのも大きな魅力に。撮影後、池田成志は「最初はどの程度の声量・熱量でやればいいのか?と戸惑いの連続で…。おっかなびっくりやってたのは反省してます」と語っています。

本格派俳優たちが躊躇せずに怒鳴り合うシーンもこのドラマの見どころの一つ。堺直人演じる半沢直樹との真剣勝負そのものの絡みは見逃せません。

「半沢直樹」では、池田成志が本来醸し出している紳士的な雰囲気とは裏腹にワルの役でしたが、何かを企んでいるような表情やその態度は、さすが演技派俳優という印象を視聴者に与えたことでしょう。

池田成志はクドカンの舞台でも大活躍!

池田成志は、2020年10月よりパルコ・プロデュース、クドカンこと宮藤官九郎作の舞台「獣道一直線!!!」への出演が決まっています。出演者は、池田成志をはじめ生瀬勝久、古田新太、山本美月、池谷のぶえ、そして宮藤官九郎本人と、豪華キャストが揃っています。

この企画公演は、2004年の第1回公演「鈍獣」では第49回岸田國士戯曲賞を受賞し、のちに映画化。2009年の第2回公演「印獣」では主演に大女優・三田佳子を迎え、豪華競演。そして、2014年の第3回公演「万獣こわい」では第22回読売演劇大賞優秀作品賞受賞と大きな話題をさらっています。この第4回目公演も期待が高まります。

出演にあたり、池田成志は「色々と心配なことが多い昨今ですが、そんなムードを吹き飛ばすような楽しいことを劇場で起こせたらと思っています。今回も、『宮藤すごいな!』っていう内容で、ゲラゲラ笑いながら読んでいたら、家族にひかれてしまいました」とコメントしており、楽しさが伝わってきます。

「半沢直樹」では嫌味のある悪役を熱演し、これまでも渋く味のある演技が印象的な池田成志。今後もドラマや映画、そして舞台で成熟した演技を見せてほしいものです。

内野聖陽&西島秀俊が賞を受賞!?プロフィールや経歴を総まとめ!
 香川照之は東大出身バイリンガルのハイスぺだった!?プロデュースした昆虫絵本が発売前重版の大ヒット
和田聰宏は俳優になる前に就職していた?ドラマ「あなたの番です」で大注目!

関連記事

ページ上部へ戻る