西島隆弘は歌、ダンスとも完璧なAAAの人気メンバー!演技力も蜷川幸雄が絶賛していた

西島隆弘は歌、ダンスとも完璧なAAAの人気メンバー!演技力も蜷川幸雄が絶賛していた出典:http://www.jprime.jp
スポンサーリンク

西島隆弘は歌もダンスも完璧なAAAの人気メンバー!Nissy(ニッシー)としてのソロ活動も!

西島隆弘はAAAの人気メンバー!歌とダンスが完璧だと話題に!

男女6人組のアーティストグループAAAに所属し、メインボーカルを務めている西島隆弘。そのルックスと美声から、一躍人気メンバーとなりました。特に女性から非常に人気が高く、ライブの巨大スクリーンに西島隆弘の顔が映し出されるたびに大歓声が巻き上がるほどです。

可愛い笑顔に心をつかまれた女性ファンは、その特徴的な厚い唇にイチコロに。感動しやすく、すぐに泣いてしまう西島隆弘の表情や仕草もたまらないと評判です。人気の理由はそれだけではなく、AAAのメンバーの中でも圧倒的な歌唱力を誇る西島隆弘。彼のリードボーカルがAAAを引っ張っていると言っても過言ではありません。

歌にとどまらず、ダンス力も西島隆弘は、ブレイクダンスを披露することも。キレのある完璧なダンスパフォーマンスでも、AAAを盛り上げています。

西島隆弘がソロ活動でNissy(ニッシー)として始動!ゆずの北川悠仁と「ゆずっしー」結成も

西島隆弘は、Nissy(ニッシー)としてソロ活動をスタートさせました。Nissyという名前は、AAAとしてデビューする前からの愛称で、昔から西島隆弘を知っているファンにとっては慣れ親しんだ名義と言えます。Nissyのソロとしての初ライブは、大阪城ホールと国立代々木競技場第一体育館で、それぞれ2日間行なわれ、チケットが即日完売し大成功をおさめました。

スポンサーリンク

音楽番組にソロ出演することが多くなった様子を見ても、Nissyとしての活動も順調であることが分かります。「FNS 歌の歌謡祭」では、スキマスイッチとコラボした「奏」は聴く人を魅了。華原朋美とコラボして熱唱した「I´m proud」は、番組瞬間最高視聴率を叩き出しました。

もともと、ゆずの北川悠仁に似ていると言われていた西島隆弘は、自身もゆずに憧れていることもあり、「FNSうたの夏まつり」では、「ゆずっしー」として念願のコラボを果たしています。AAAとしての活動とは違った一面が多く見られるソロ活動を並行することで、音楽のスキルを磨きながら、さらに魅力を高めていくに違いありません。

西島隆弘はドラマや映画で見せる演技もすごい!ファン必携のグッズやライブの注目ポイントは?

西島隆弘がドラマ、映画での演技力を蜷川幸雄も絶賛

西島隆弘の才能は、音楽活動だけではなく、俳優としても発揮されています。演技力が話題になったのは、月9ドラマの「いつ恋」こと「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」に出演した時のことでした。もともと演技力に定評があった西島隆弘ですが、実は「いつ恋」では、「セリフが棒読みで演技に違和感がある」という声も多数上がっていました。

スポンサーリンク

しかしこれは、父親役だった小日向文世の淡々とした話し方を息子役として似せて演じているためという見方も。それが本当であれば、かなりの演技派と言えます。NHK大河ドラマ「平清盛」では、主人公の弟役という重要な役を担い、西島隆弘の涙を誘う演技が観る人を魅了しました。

また、初主演を果たした映画「愛のむきだし」では、キネマ旬報の新人男優賞や、スポニチグランプリ新人賞、報知映画賞新人賞を受賞。演出家の蜷川幸雄からは、「音楽を辞めて俳優の世界に来い」と認められるほどの演技力を持つ西島隆弘。その才能は、はかりきれないものがあります。

西島隆弘ファンの必携グッズをチェック!ライブで注目するポイントとは?

西島隆弘を一目見ようと、ライブ会場にはたくさんのファンが駆けつけますが、数ある中でもマフラータオルとペンライトはファンの必携グッズです。マフラータオルは、首にかけておき、ノリノリの曲が始まった時にグルグル振り回し盛り上げます。

ペンライトは、AAAのメンバーカラーで光るようになっており、西島隆弘ファンはオレンジが基本です。演出のため、ペンライトが全員同じ色に光るように遠隔操作されるのもAAAライブの醍醐味で、まさに”必携”です。必携グッズを手に入れたら、息の合ったダンスパフォーマンスや、綺麗なハモリ、メンバーによる面白いMCなど注目ポイントもりだくさんなライブを楽しみましょう!

一方、Nissyのソロライブの注目ポイントと言えば、ステージ、演出、衣装など、全てを西島隆弘自身がプロデュースしているところ。Nissyの全てが注ぎこまれているライブは、ファンにとってはたまらなく貴重な時間となること間違いなしです。

西島隆弘はインディーズからの下積みを経て得たもの

西島隆弘が、メイクアップブランドのM・A・Cとコラボ―レーションすることが決まり話題となっています。今回のコラボでは、西島隆弘がピックアップした5色のリップスティックを含めて5400円以上購入すると、先着でコラボショッパーがもらえます。男性が化粧品ブランドとコラボするのも、多くの女性ファンから支持され続ける西島隆弘だからこそと言えるでしょう。

大成功を収めている西島隆弘ですが、現在に至るまでには多くの努力と大きな選択がありました。本格的な芸能活動のスタートは、北海道札幌市のアクターズスタジオに通い、ボーカルやダンス、演技のレッスンを日々こなし、アイドルグループJaps(ジャップス)として始めたインディーズ活動です。この頃から西島隆弘の歌唱力はズバ抜けており、メンバーの中で1番人気でした。

しかし、メジャーデビューを控え、「さぁこれから」という時に、西島隆弘はエイベックスオーディションに合格して上京すると共にJapsから脱退。彼の歌唱力と人気がグループを支えていただけに、彼が抜けたJapsは解散してしまいました。西島隆弘という存在がいかに大きかったかが分かりますが、グループ活動があるにもかかわらずオーディションを受けたのは、プロとしての高みを目指す本気度の現れだったと言えます。

人は、選択しなければならない時が何度もやってきます。しかし、全ては行動しなければ始まらないもの。夢への1歩を踏み出した西島隆弘の勇気は、後に続くアクターズスタジオ生にも夢や希望を与えているのではないでしょうか。自らの道を、自らの手で切り拓いてきた西島隆弘の今後の歩みも応援していますえ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る