荻野目洋子が結婚15年目の挙式!旦那や子供の現在は?

荻野目洋子が結婚15年目の挙式!旦那や子供の現在は?出典:http://opencast.jp

荻野目洋子が結婚15年目の挙式!旦那や子供の現在は?

荻野目洋子感涙、結婚15年目の人前結婚式

荻野目洋は1968年12月10日生まれ。歌手活動を中心に、ドラマやCMなど、さまざまな場で活躍してきました。2001年に辻野隆三と結婚してから15年。多忙を理由に挙げていなかった結婚式が、2016年5月26日、ブライダルの第一人者桂由美を主人公とした「桂由美物語」の公演後に行われました。

荻野目洋子の挙式は、舞台の企画の一環として行われたもの。各公演後に、1組のカップルが、シビルウエディングという、欧米では一般的な人前結婚式を挙げる、という企画です。初日の23日には、女優の高樹澪と夫の久樂匡の結婚式が行われています。ウエディングドレスに身を包んだ荻野目洋子は、3人の子供に対する感謝を口にするとともに、「1日1日を大切に、支えあってきたからこそのプレゼント」と、喜びの涙を見せました。

荻野目洋子の旦那は元プロテニス選手辻野隆三、私生活では3人の子供を持つ母だった

荻野目洋子と苦楽を共にしてきた旦那・辻野隆三は、元プロテニスプレイヤーです。人気アイドルとプロテニスプレイヤーでは一見接点がなさそうですが、2人の出会いは、結婚するよりもはるか昔の高校生時代。荻野目洋子と旦那・辻野隆三は、堀越学園の同級生でした。当時から交際をしていましたが、荻野目洋子の事務所の事情などにより、2人は一度別れることに。14年後の2001年に再会し、再び交際を始めたものの、荻野目洋子が妊娠していることが発覚したこともあり、そのまま結婚しました。

荻野目洋子の子供は、中学生の長女を筆頭に、女の子ばかり3人。自由奔放に育てることが教育方針だとのことです。姉で女優の荻野目慶子は、頑固で野菜きらい、偏屈だったという荻野目洋子の性格をよく知っているせいか、「いいお母さんになった」と感慨深そうに語っています。

スポンサーリンク

荻野目洋子「ダンシングヒーロー」が再ブレイクしたワケ!実は声優出身?

荻野目洋子の代表曲「ダンシングヒーロー」が再ブレイクした理由とは

荻野目洋子のデビューは1979年。「ちびっこ歌まねベストテン」に出演したことを契機にスカウトされて、小学4年生の頃に、ミルクというグループでデビューしました。高校生だった1984年に、「未来航海-Sailing-」でソロデビューした荻野目洋子。しばらくヒット曲には恵まれませんでしたが、7枚目のシングル「ダンシングヒーロー (Eat You Up)」が大ヒットし、その年の各音楽新人賞に多数ノミネートされました。

少し昔の曲ともいえる「ダンシングヒーロー(Eat You Up)」ですが、近頃では若者にも人気です。きっかけは、荻野目洋子の音楽番組出演。久しぶりに披露された「ダンシングヒーロー(Eat You Up)」は、放送終了後に、音楽配信サイトで1位を獲得し、再ブレイクすることに。荻野目洋子「ダンシングヒーロー」再ブレイクの理由としては、近年80年代カルチャーが注目を集めている影響も少なからずあるようです。

荻野目洋子は声優出身?あの人気作品「みゆき」のヒロイン役だった

荻野目洋子は、歌にバラエティにCMにドラマと、幅広く活動をしてきました。そんな活動歴の中には、「声優」というものもあります。荻野目洋子が担当したのは、あだち充原作の人気漫画「みゆき」のヒロイン若松みゆき。「みゆき」は、主人公若松真人と2人のみゆきとの甘い三角関係を描いた漫画で、いわゆる妹萌え漫画の先駆けともいえる作品です。

スポンサーリンク

「声優」荻野目洋子起用の理由は、清潔さと、声の魅力が絶賛されたことからでしたが、演技力でのファンの評価はイマイチ。荻野目洋子自身もその点を気にかけており、あだち充の「陽あたり良好!」の文庫化の際に担当した巻末の解説で謝罪しています。歌手デビューを果たした後も、声優の活動を続けた荻野目洋子は、「バリバリ伝説」のヒロイン伊藤歩惟なども演じており、その後の飛躍の足掛かりともなりました。

荻野目洋子デビューから30年の節目の年から活動再開!気になる今後の活動

荻野目洋子は、2014年にデビューしてから、30年という節目を迎えました。3人の子供の育児を理由に活動を休止していましたが、ここへきて本格的に再開。5年ぶりのアルバム「ディア・ポップシンガー」には、約15年ぶりとなる新曲も収録されています。単独ライブのほかに、デビュー30周年を記念したライブも行われました。そんな荻野目洋子と同様に、デビュー35周年という大きな節目を迎えたのが、作詞家の売野雅勇。中森明菜「少女A」や、チェッカーズの「涙のリクエスト」、ラッツ&スターの「め組のひと」など数々のヒット曲を手掛けています。

荻野目洋子への提供曲では「六本木純情派」などの歌詞を担当。曲と相まった世界には多くの人が魅了されてきました。実際、荻野目洋子は、「六本木純情派」で2回目の紅白歌合戦に出場しています。そんな売野雅勇のアニバーサリーコンサートの開催が決定しました。出演者には、荻野目洋子をはじめ、鈴木雅之、藤井フミヤ、中村雅俊と豪華な顔ぶれとなっています。節目を迎えて、精力的に活動を続ける荻野目洋子。現在では、曲作りに向けて、メモを取るようにしているのだとか。経験を重ねた分、ブランクを感じさせることなく、むしろ昔よりも力強くなったと感じられる荻野目洋子の歌声。懐かしいけれど、昔とは少し違う歌声に、再び耳を傾けられるとはうれしい限りです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る