西城秀樹2度の脳梗塞を支えた妻、子供は?現在の症状は?

西城秀樹2度の脳梗塞を支えた妻、子供は?現在の症状は?

西城秀樹2度の脳梗塞を支えた妻、子供は?現在の症状は?

西城秀樹、2度の脳梗塞を支えた妻、子供は?

西城秀樹は往年のスーパーアイドル。今でも、カラオケで西城秀樹の歌を歌いながら盛り上がる、なんて人も多いのではないでしょうか。そんな西城秀樹に降りかかった、2度の脳梗塞。1度目は2003年、そして2011年に再発という苦難を経験してきました。その西城秀樹を支えたのが現在の家族です。

西城秀樹は、2001年に18歳年下の一般女性と結婚。その後、2男1女をもうけますが、その幸せな生活には、常に脳梗塞との闘いが付きまとっていました。最初の脳梗塞の際、奥さんが「焦らないで、ゆっくり治していこうね」と声をかけたのをきっかけに、できることからやっていこうと決めた西城秀樹。

子供たちも、体の自由の利かない西城秀樹の背中を流したり、階段の昇り降りを介助していたりしたのだそう。西城秀樹は、家族のあたたかい支えが、リハビリへの励みになったと、雑誌の取材でコメントしています。

スポンサーリンク

西城秀樹が乗り越えた2度の脳梗塞、現在の症状は?

西城秀樹は、2度の脳梗塞に加え、後遺症からか2013年に右目が網膜症、左目が白内障になってしまい、今度は、両目の手術をすることとなってしまいました。たび重なる病に、一時は、何もかもやる気が出なかった時期もあった西城秀樹ですが、今ではリハビリも順調。多少のマヒは残るものの、歌が歌えるようになるまで回復しています。

そして12月3日には、朗読劇に出演した西城秀樹。椅子に座りながらの出演でしたが、歌も、デビュー曲である「恋する季節」など4曲を歌い、元気な姿をアピールしていました。ただ、西城秀樹が「(寒いから)調子は良くない」と冗談交じりに言っていた、なんて少し気になるエピソードも残されています。

西城秀樹が年齢詐称?身長、体重は?

西城秀樹がまさかの年齢詐称?

西城秀樹は、プロフィール上、昭和30年4月13日生まれで現在65歳ということなっていますが、これにまさかの詐称疑惑が。
西城秀樹は、「新御三家」として、郷ひろみ(30年10月18日生まれ)、 野口五郎(31年2月23日生まれ)と一緒に「3年B組金八先生」に出演していました。その際に、3人とも同級生であったほうが都合いいということで、西城秀樹の年齢を二人に揃えた、ということがあったのだそう。実際、西城秀樹が、郷ひろみや野口五郎より「おれのほうが一つ上だということになっている」とコメントしたこともあるのです。

スポンサーリンク

西城秀樹の本名が、木本龍雄ということと、地元である広島の人からの証言などから、西城秀樹の本当の生まれは、1952年(昭和27年)の辰年なのでは?という疑惑は、いまだ色濃いものとされています。

西城秀樹の身長、体重は?

西城秀樹の身長は181cm。65歳の世代の人間からするとかなりの高身長ですよね。背が高く、引き締まった体で、若いころに一世を風靡しました。現在の西城秀樹の体重は70kgといいますから、2度の脳梗塞や、長期間にわたるリハビリにもかかわらず、体重はきっちり太らずに守っていたのですね。

それもそのはず、2003年に起こした1度目の脳梗塞以後、西城秀樹は、食べ物には特に気を使っていたのだとか。脳梗塞の原因は、ラーメンの食べ過ぎなど食生活によるものが主な原因なのではないか、とも言われていますから、西城秀樹が食事に気を使うのも当然と言えば当然なのでしょう。

西城秀樹 脳梗塞の後遺症でまひ残るも朗読劇出演、4曲熱唱

西城秀樹は12月3日、東京・渋谷のシアターコクーンにて、朗読劇「キミに贈る物語~観て聴いて・心に感じるお話集~」に出演。2度の脳梗塞により、右半身にマヒが残る西城秀樹には、発声などの舞台への影響が心配されました。しかし、力強い声で、見事、高村光太郎作「道程」を朗読、その上、デビュー曲「恋する季節」を含めた4曲を歌い、会場は割れんばかりの拍手と歓声に沸きました。
記者会見にて、西城秀樹は、現在しているリハビリについて「公園を歩く練習をしている」と話したり、1年を振り返り「女房によくしてもらった」などと話している様子からも、どうやらリハビリは順調のようです。

そんな中、妻と一緒に西城秀樹を支えている3人の子供たちが美男美女すぎるという話題も飛び出しました。今後、この3人の中から、だれかが、いや3人とも、お父さんの西城秀樹のようなスーパーアイドルに育ってくれるかも知れませんね。とはいえ、子供たちも、長女は13歳、長男が12歳、二男が10歳と、まだまだお父さんが必要な年齢。

西城秀樹には父親として、そして永遠のスーパーアイドルとして、一日も早い完全復活を願ってやみません。ただ、今は外が寒いので、あまり無理をなさらないようにしていただきたいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る