指原莉乃が総選挙1位の裏側!中国人富豪応援と組織票あり!?

指原莉乃が総選挙1位の裏側!中国人富豪応援と組織票あり!?

指原莉乃が総選挙1位の裏側!中国人富豪応援と組織票あり!?

指原莉乃が総選挙1位の裏側!中国人富豪が爆買い&投票で応援!

指原莉乃は、2015年6月のAKB総選挙で、過去最多となる19万4049票を獲得して1位に返り咲きました。開催されたのが福岡ヤフードームだったため、九州は大分出身の指原莉乃に票が集まるのは当然といえば当然。しかし、指原莉乃の総選挙1位の裏側に強く作用していたのは、”強大過ぎる中国パワー”だったのです。

指原莉乃の握手会の客は2割が中国人。中でも中国人富豪応援団の存在は看過できません。彼らが、それぞれCDを大量購入して、全てを指原莉乃に投じるたらしいのです。また、こうした中国人富豪の中に、パトロンがいるのではないかという噂もあります。今回、指原莉乃が総選挙1位になったニュースを受け、中国版ツイッター「ウェイボ」には、「指原は神になった」「いいや、すでに神的存在だった」など、指原莉乃を神格化する声も。

中国人たちは、指原莉乃の見た目のかわいさと、飾らないキャラクターを愛しているうえ、”総選挙”という民主主義的な手法に強い憧れを抱いているため、爆買い&投票に走るのだともいわれているようです。

指原莉乃に組織票?総選挙不出馬の高橋みなみ票が大量に流入か

指原莉乃が総選挙1位になった裏側には、ある団体の組織票の影響もあったのではないかという噂があります。指原莉乃がセンターを務めた「恋するフォーチュンクッキー」の衣装が、この団体の”三色旗カラー”だったこと、指原莉乃がブログにアップした写真に団体の機関紙が映り込んでいたことがその裏付け理由として挙げられています。

スポンサーリンク

また、すでに卒業を発表し、総選挙へ出馬しなかった高橋みなみも同団体員であることは有名。今回は高橋みなみに対する組織票が、そのまま指原莉乃に流れたという、もっともらしい見方もあるようです。

指原莉乃がHKT48女帝化してる?政治力、プロデュース力が田中角栄並み?!

指原莉乃に嫌われるとHKT48で生きていけない!怖い女帝の実態

指原莉乃が、今やHKT48では女帝化していて、”指原莉乃に嫌われるとグループ内で生きていけない”というのが暗黙のルールとなっているそうです。HKT48では、AKB総選挙で結果を残しているメンバーよりも、グループ内最大派閥である指原派のメンバーを運営側が推しているのはファンの目にも明らか。

実質上、HKT48は、指原莉乃の天下となっており、指原莉乃自身も「たまにHKT48のステージに上がったかと思えば怒る」「普段は怒ることしかしない」と、”怖い先輩”を自称しています。23歳、HKT48の中では最年長者である指原莉乃は、卒業を考えた時期もあったそうですが、「今はいたほうが得」と思い至り、HKT48を牛耳り続けています。後輩メンバーにとって、目の上のたんこぶに違いありませんが、指原莉乃はそこいらの”怖い先輩”とはわけが違うようです。

スポンサーリンク

指原莉乃は本当に怖い先輩か?政治力、プロデュース力が田中角栄並み?!

指原莉乃は、HKT48はAKBと違って、発展途上にある学校のようなグループだといいます。決して後輩に抜きん出られたくないがために奢っているのではなく、「即戦力になる、いきなりセンターを張るような子に来てほしい」「フレッシュな子らが頑張っているのだから、私はいないほうがいいのではないか」という思いを抱きながら、HKT48のパフォーマンス向上のためだけに常に人事を尽くしているに過ぎません。

伸びそうな若手に目をかけ、指原派を最大派閥に押し上げた指原莉乃のプロデュース力には、政治力すら感じられるということで、秋元康やリリー・フランキーからは「アイドル界の田中角栄」と呼ばれているのだとか。HKT48のためにあえて”叱り役”を買い、強烈な求心力で結束させるバランス感覚は、女帝・指原莉乃の頭の良さの成せるわざでしょう。後輩たちは、指原莉乃を疎ましく感じながらも、将来は、厳しい環境で育てられたことに感謝するようになるやも?!

指原莉乃が芸能界女帝化目前にして歯列矯正で喋れない?!

指原莉乃が、並み居るAKBメンバーの中からメキメキと頭角を現したのは、「可愛い子はいくらでもいる、私はそっちの分類ではない」と、冷静に客観視した自己プロデュース力の賜物。ヘタレ、ブスというパーソナリティを身につけることで、大衆に、親近感を植えつけることに成功しました。アイドルらしからぬハングリー精神と推進力、それを可能にする頭の良さが備わっている指原莉乃には、毒舌のマツコ・デラックスも「自我を押し出す指原莉乃こそアイドルの王道」「指原莉乃がセンターならAKBを面白がれる」と大絶賛。

指原莉乃が、AKBの枠を超えてバラエティに進出するや、これまた毒舌の伊集院光を「売れている娘は違う。能力の高さに関心」と言わしめ、松本人志でさえ「本当に頭が良い」と舌を巻くのです。AKBグループに所属するだけで安穏とするのではなく、自らグループを向上させ、荒波の芸能界を自力で生き抜いていこうとする姿勢こそが、指原莉乃の本当の凄さ。「盗撮されているかもしれないから、ホテルのトイレではピースしながら用を足す」「エゴサーチすると悪口しか出てこないから、あえて”莉乃ちゃん”と検索する」など、機知に富んだトークにも、只者ではない匂いがしてなりません。

ところが今、その巧みなトークが危機に瀕しているという噂が。かねてから歯並びの悪さにコンプレックスを感じていた指原莉乃は、何を思ったか、今ごろになって歯列矯正を始めたため、「さしはらりの」が言えないくらい滑舌が悪くなってしまっているというのです。

近年、ブスであったはずが、徐々に可愛くなりつつある指原莉乃。歯並びの悪さもチャームポイントになっていたはずなのに、自己プロデュースの方針がブレ始めたのでは……。しかし、今やそんな波紋が起こることがかえって、指原莉乃へのニーズの大きさを物語っている気がします。アイドル界出身の大物として、指原莉乃が芸能界を牛耳る日が本当に来るのかもしれませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る