シソンヌじろうが彼女の友人に手を出した!?最低すぎる性格の噂!

シソンヌじろうが彼女の友人に手を出した!?最低すぎる性格の噂!出典:http://www.iza.ne.jp

シソンヌじろうが彼女の友人に手を出した!?最低すぎる性格の噂!

シソンヌじろうは彼女の友人にまで!まちゃまちゃが最低な女グセを大暴露!

シソンヌじろうといえば、お笑いコンビ・シソンヌのボケを担当し、ネタだけではなく、演技面でも定評がある芸人です。そのシソンヌじろうについて、ネット上では、女遊びが激し過ぎるという噂がはびこっています。その発端となったのは、モヒカン頭の女芸人・まちゃまちゃの生放送での発言でした。

シソンヌは、2006年の結成当初から、「キングオブコント2014」で優勝するまで、長く不遇の時代を余儀なくされていました。しかしその間も、シソンヌじろうは、女とあらば誰かれ構わず手を付けていたそうです。まちゃまちゃによると、シソンヌじろうは、自分の彼女の友人にまで手を出したこともあったのだとか。まちゃまちゃのキレようや、シソンヌじろうのうろたえようからも、女グセの悪さは間違いではなさそうです。

シソンヌじろうは最低!?コネ使いの腹黒性格という噂

シソンヌじろうについては、女遊びの他にも、性格が最低すぎるという黒い噂が満載です。シソンヌじろうは、かつて新聞社でアルバイトしていたことがあり、その時のコネを使って、「シソンヌが中高生に人気のわけ」といった内容の記事を書かせたという話があります。その見返りとして、先輩にあたるチーモンチョーチュウ菊池の結婚話を新聞社にリークしたというのが本当ならば、かなり最低ですよね。

シソンヌじろうは、とにかく芸人仲間の足を引っ張る最低芸人として有名で、自分たちのライブで、同期芸人の恋愛などを、本人の了承もなく暴露することも少なくないといいます。また、知名度の低いシソンヌが、2014年2月放送の「指原の乱」に出演した時も、何かと物議を醸しました。

スポンサーリンク

卑しいことに、シソンヌじろうは、権力に媚びるのがウマイらしく、「キングオブコント2014」にもコネによる出来レース説が浮上していました。「指原の乱」出演も、出演者である人気劇作家・福田雄一に取り入ってのことと囁かれており、「だから客が離れるのに」との意見も。真相は定かではありませんが、シソンヌじろうの好感度が低いことだけは良く分かります。

シソンヌじろうは英語力と母親はスゴイ?朝ドラ「まれ」に出演できたのはなぜ?

シソンヌじろうの英語力がスゴイ理由!母親は老舗蕎麦屋を経営するお金持ち!?

シソンヌじろうの英語力は、ネタや、「しゃべくり007」などのバラエティ番組でも披露されています。シソンヌじろうは、偏差値68という青森県屈指の進学校である、県立弘前高等学校出身です。卒業後は、英語関係の仕事に就くことを夢見ていたため、関西外国語大学短期大学部へ進学。弘前高校出身者の進学先としては十分なレベルではないものの、英語を習得する地頭は備わっていたということでしょう。

また、シソンヌじろうの母親は、実家のある青森県で蕎麦屋を経営しています。この蕎麦屋は、1934年に創業した老舗中の老舗。今でも繁盛しており、実家は非常に潤っているのだそうです。シソンヌがコンビ名を決める時、相方が提案した”アラベスク”といい、シソンヌじろうが頑として譲らなかった”シソンヌ”といい、どちらもバレエ用語です。金持ちなだけに、バレエでもやっていたのかと思いきや、シソンヌじろうとバレエとは、全く無縁だそうです。

スポンサーリンク

シソンヌじろうが朝ドラ「まれ」出演で本格派俳優に!やはりNHKのコネなの?

シソンヌじろうは、「キングオブコント2014」での優勝に続き、2015年秋から放送されていた、土屋太鳳主演のNHK朝ドラ「まれ」への出演を果たしています。かねてから、シソンヌのコントでも、高い演技力が評価されていたシソンヌじろうは、”演技派芸人”と呼ばれてきました。

すでに、2013年の織田裕二主演ドラマ「oh,My Dad!!」で俳優デビューを果たしていたものの、知名度が上がった途端に、最高峰ともいうべきNHK朝ドラに抜擢されたシソンヌじろう。このオファーを機に、芸人と俳優の”二刀流”を宣言したシソンヌじろうは、実際に、金儲けを企むアクの強い役を好演して存在感を示しました。

ところが、シソンヌじろうの朝ドラ「まれ」の起用には、首をかしげる人々も。NHK朝ドラは、例外を除いて、非常に厳しいオーディションを通過しないと出演できないことで有名です。シソンヌじろうは、NHKの「LIFE!~人生に捧げるコント~」に不定期出演していたこともあり、やはりここでも、コネを発動したのではないかと噂されています。

シソンヌじろう映画「にがくてあまい」出演はコネじゃない!芝居の実力は本物だった!

シソンヌじろうのNHK朝ドラ「まれ」への出演は物議を醸しましたが、俳優業は順調な様です。シソンヌじろうは、2016年9月10日公開の、小林ユミヲ原作漫画の実写映画「にがくてあまい」にも出演しています。「にがくてあまい」は、野菜嫌いのOL・江田マキ(川口春奈)と、ゲイのベジタリアン・片山渚(林遣都)の共同生活を描いたラブコメディ。

シソンヌじろうは、売れっ子モデルのマネージャー役を演じました。「今回もコネ?」という声が聞こえてきそうですが、実は、今回の出演は、「にがくてあまい」の監督・草野翔吾の熱烈なラブコールによるものだといいます。草野翔吾は、シソンヌのコントに強い衝撃を受け、長い間、「自分の映画に出演してほしい」と願ってきたそうです。

「にがくてあまい」のキャスティング会議にも、シソンヌの2人にハマりそうな役を見つけては提案し続け、執念実って、シソンヌじろうの起用にたどり着いたのだといいます。シソンヌのコントは、演劇性が高いため、劇作家や映画監督など、演劇界の人物にはかねてから支持されてきました。

一方で、本来のお笑いファンからは理解されにくくなっていることが、長らく続いた不遇時代の原因でもあったのです。しかし、シソンヌじろうの芝居への想いは並のものではなく、相方・シソンヌ長谷川への演技指導にも余念がありません。コネを利用したのし上りは美しくありませんが、それを受け入れてもらえるだけの実力は確かにあったと考えるべきでしょう。

現在、シソンヌは、「キングオブコント」の歴代ファイナリスト全6組で競われるコンテスト「キングオブグラブるコント」に参加中です。優勝した組のコントは、10月2日の「キングオブコント2016」当日にCM放送されるそうですが、仮にシソンヌが優勝した場合は、再び出来レース説を口にしたくなりそうです。

しかし、”多くのアーティストたちが絶賛した実力者”という角度で眺めてみると、シソンヌじろうのお顔も、少しは善人に見えてくるのかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る