「TEAM NACS」リーダー森崎博之 ハナタレナックス全国放送で日本のリーダーへ?!

「TEAM NACS」リーダー森崎博之 ハナタレナックス全国放送で日本のリーダーへ?!

「TEAM NACS」演劇ユニットが知名度を上げています。
個々の活動は知られていますが、北海道ローカルのバラエティ番組が全国放送されたことでユニット名も広く知れ渡ることとなりました。
まだまだ知らないTEAM NACSの活動とメンバーの素顔をお届けします!

「TEAM NACS」リーダー森崎博之さんにスポットをあてました。

「TEAM NACS」リーダー森崎博之ハナタレナックス全国放送で知名度さらにアップ!

スポンサーリンク

「ハナタレナックス」「TEAM NACS」リーダー森崎博之の北海道の人気深夜番組が全国放送!

2015年2月15日(日)、「ハナタレナックスEX特別編 自由気ままなドライブ旅 ちょいのり!in函館」が
テレビ朝日系24局ネットで放送されました。

「ハナタレナックス」は、2003年の放送開始から北海道のローカル放送にこだわっており、
2011年に歴代最高視聴率は11.6%、最近5年間の平均は7.0%と北海道の深夜帯では圧倒的な存在感を誇る番組です。

内容は、企画ごとの条件をメンバー5人がクリアしていく形で進行。
素なのか演技なのかわからないおバカぶりと楽しんでいる様子が見ものです。

スポンサーリンク

今回の特別編は人気企画「ちょいのり!」で、1台のワゴンに乗った5人の自由気ままな珍道中を観察したもの。
リーダーの森崎博之さんが体を張って番組を盛り上げました。

ネットでもおもしろかったとの反響があり、全国放送に期待がかかりますね!

「ハナタレナックス」にGLAYのTAKUROさんも出演

北海道ローカルのレギュラー放送では、1月29日の放送回で12周年を迎えた「ハナタレナックス」。
特別記念企画で、オープニング映像のメイキングの様子と2月からテーマ曲を担当する函館出身であるGLAYのTAKUROさんのインタビューが放送されました。

TEAM NACSの芝居をよく観に行くというTAKUROさんは、TEAM NACSの印象を「目の前で感情がぶつかり合う芝居でコンサートとは違うものを得ることができる。
音楽づくりのためにも観ておきたい作品ばかり」と言います。

テーマ曲「MUSIC LIFE」は、函館にいた頃の若きGLAYの日々を歌った青春ソングとのこと。
2014年に20周年を迎えたGLAYが2016年に20周年を迎えるTEAM NACSに対して「20周年続けたからこそ見える風景があるので、
20年、30年ともっと突っ走って楽しい雰囲気を作っていってほしい。お互いがんばりましょう。」とエールを送りました。

「TEAM NACS」リーダー森崎博之とは、どんな方?

森崎博之は1971年11月14日生まれ

北海道東川町出身

1990年 北海学園大学法学部に入学 演劇研究会に所属

大学卒業後 東京でサラリーマンとして働く

1996年 北海道に戻りTEAM NACSを結成

1999年 タレント活動を開始

「TEAM NACS」リーダー森崎博之さんは1996年、北海学園大学演劇研究会出身の安田顕さん、戸次重幸さん、大泉洋さん、音尾琢真さんとTEAM NACSを結成しリーダーとなります。
大学の卒業制作ですでに結成されていたので、厳密には再結成のようですね。

演劇の脚本や演出を手掛ける他、北海道中心にタレントとして活躍。
TEAM NACSの知名度が上がると共に、最近は全国放送の番組やドラマ、声優などもこなすようになりました。

ラジオのパーソナリティとして「森崎博之のジャンジャンジャンプ」(HBCラジオ)というリスナーも参加するトークバラエティや
「森崎博之のあぐり王国北海道」(HBCテレビ)では、農業をテーマにした教養番組で“食育・農業応援ソング”をプロデュースしたり、
農業や食育に関する講演をしたりと活動は多岐に渡ります。

「TEAM NACS」リーダー森崎博之は奥様からも「リーダー」と呼ばれる!?

森崎博之さんは、演劇をやっていなくても何らかのリーダーになっていただろうというほどリーダー気質とのこと。
声も体も顔も(!?)大きくまさにリーダーの風貌。番組を盛り上げるためなら何でもやる気持ちが画面からも伝わります。

演劇中も盛り上がると演技が変わってしまうこともあるそうで、稽古とは違うため共演者が困惑するようです。
お客様が喜ぶならついつい大げさにやってしまうのでしょう。

森崎博之さんは、メンバー以外の人からも「リーダー」と呼ばれ、奥様からも呼ばれているとか。

また、うどん好きとして有名で、うどんを食べるためだけに飛行機で香川に通い詰めたことがあるほど。
さらに2006年の映画「UDON」にも出演しています。抜擢理由はもちろんうどんが好きだから。香川で撮影した時はうどんばかり食べていたのでは?

「TEAM NACS」リーダー森崎博之の出身地 北海道東川町は移住者急増の住みやすい町

北海道のほぼ中央に位置する東川町は、旭川市や旭川空港に近く買い物や道外への交通の便もいいことから、移住する人もいるほど人気がある町です。
町域には日本最大の大雪山国立公園があり、標高2291メートルの旭岳を中心とした景色のすばらしさを見に登山客でにぎわいます。

旭岳は日本で最も遅いチシマザクラのお花見ができ、短い夏には高山植物が咲き誇り大群落は日本最大級です。
8月下旬には早い紅葉が見られ、平年9月中旬には初雪が降るそう。ロープウェイで標高1600メートル付近に行けるので、気軽な登山が可能です。

「TEAM NACS」リーダー森崎博之の出身地 北海道東川町はゴルフやスキー、自然にも親しめる

キトウシ森林公園家族旅行村は、標高457メートルのキトウシ山一帯の自然公園です。
ゴーカートやローラー滑り台の他、大雪山系や東川から旭川市街まで一望できる展望台など見どころがたくさん。

広大な場所を生かしてゴルフ場やスキー場、温泉などがあり、長期滞在が可能な宿泊施設ケビンもあるので1年を通して楽しむことができます。
キトウシ山の森には様々な動物が住んでおり、エゾリスやキタキツネ、アカゲラ、カッコウなどに出会えるかもしれません。
森林浴として散策路を歩けば、木々の香りに包まれリラックスすることができますよ。

チームを引っ張る森崎さん、メンバーにイジられつつもリーダーとして盛り上げてくれることを期待しています!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る