トム・クルーズ主演映画「アウトロー」あらすじネタバレキャスト!

トム・クルーズ主演映画「アウトロー」あらすじネタバレキャスト!出典:http://adhd-guide.info

トム・クルーズ主演映画「アウトロー」あらすじネタバレキャスト!

トム・クルーズ最新公開映画は「アウトロー」続編の「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」!あらすじネタバレに迫る

トム・クルーズは、1962年生まれの54歳、アメリカ合衆国の有名な俳優兼映画プロデューサーです。数多くのヒット作に出演してきた超人気俳優トム・クルーズの名は、世界中に知れ渡っています。そんなトム・クルーズ最新の公開映画は「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」。本作品は、2012年公開映画「アウトロー」の続編です。そこで、映画「アウトロー」のあらすじをまとめてみましょう。

ピッツバーグ近郊の河川敷で、5人が射殺される事件が発生します。捜査の結果により、逮捕されたのは、元軍人のスナイパー、ジェームズ・バー。しかし、彼は容疑を否認します。ジェームズ・バーは、軍人時代に彼を逮捕した男、ジャック・リーチャーへの連絡を要求するも、元米軍秘密捜査官のジャック・リーチャーは、今や放浪する一匹狼となっており、見つけることができません。

そんな中、ジャック・リーチャーが警察に現れると、1発の弾丸が外されている事実から、凄腕スナイパーのジェームズ・バーは犯人ではないと訴えます。その後、独自捜査に挑んだジャック・リーチャーは、無差別殺人に思われた事件が、意図的に仕組まれていたという真相にたどり着き、真犯人一派を一掃しました。そして、無事、ジェームズ・バーの容疑は晴れます。

スポンサーリンク

トム・クルーズ主演映画「アウトロー」出演キャストは?

トム・クルーズは、映画「アウトロー」にて、主役のジャック・リーチャー役を演じています。ジェームズ・バーは、ドラマ「ER 緊急救命室」へのゲスト出演でも知られるジョセフ・シコラ、彼の女性弁護士ヘレン・ロディンは、芸術家一家に育ち、語学も優秀な才媛ロザムンド・パイクです。

近年、演技力の評価が高まり、ゴールデングローブ賞やアカデミー主演女優賞にノミネートされた経験も持ちます。ジェームズ・バーを逮捕し、真犯人の1人でもあったというエマーソン刑事はデヴィッド・オイェロウォが、殺害された5人を狙撃した狙撃種チャーリーは、ジェイ・コートニーがキャスティング。

ヘレン・ロディンの父であり、地方検事のアレックス・ロディンは、リチャード・ジェンキンスが演じています。

スポンサーリンク

トム・クルーズ主演映画作品おすすめ一覧!養子たちの現在は?

トム・クルーズは多くの映画に主演!おすすめ主演映画をピックアップ!

トム・クルーズは、多くの有名作品に出演していますが、特におすすめしたい主演映画をピックアップ!「ミッション・インポッシブル」シリーズは、過去5作品が公開されており、いずれもトム・クルーズは製作にも関わっています。

どの作品もアクションが盛りだくさんで、見応えのある映画ですが、スパイ要素が濃厚な1作目「ミッション:インポッシブル」、3作目「M:I:III」、4作目「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」がおすすめです。「マイノリティ・リポート」は、近未来を描いたSF映画で、トム・クルーズが、スティーブン・スピルバーグ監督と手を組んだ作品です。

犯罪予防局という未然に犯罪を防止するという興味深いテーマのもと、終始にわたる緊迫感と、ラストのどんでん返しが見ものです。「ラスト・サムライ」では、トム・クルーズが、日本を代表する名俳優・渡辺謙と共演しており、国境を越えたサムライ・スピリットにスポットをあてた感動作に仕上がっています。

トム・クルーズには2人の養子が存在している!その養子たちの現在は!?

トム・クルーズは、1987年に結婚したミミ・ロジャースと離婚した後、1990年に、同じく人気女優のニコール・キッドマンと結婚しました。2人は、1993年にイザベラ・ジェーンを、1995年にコナー・アンソニーを養子として迎えます。子供2人は、すくすくと成長しますが、残念ながら、トム・クルーズとニコール・キッドマンは2001年に離婚。2人の養子は、両親の間を行き来しながら成長することになりました。

娘のイザベラ・ジェーンは、2015年に結婚し、ロンドンで生活していますが、トム・クルーズとニコール・キッドマンとも良好な関係にあるようです。コナー・アンソニーは両親の影響もあってか、ショービジネスの世界に足を踏み入れ、13歳で初めて映画に出演し、最近は、DJとしても活動をしています。

トム・クルーズ「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」ロンドンプレミアに登場!54歳とは思えないアクションに注目!

トム・クルーズは、2016年10月20日、「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」のロンドンプレミアに登場しました。前作「アウトロー」は世界興収2億ドルを超えるヒットを記録。

続編となる本作は、ベストセラー小説「ジャック・リーチャー シリーズ」18作目の「Never Go Back」を原作として、「ラスト・サムライ」のエドワード・ズウィック監督とトム・クルーズが再び手を組んだ話題作です。トム・クルーズは当日、日本に行くのが待ちきれないとコメントしており、来日を楽しみにしていました。念願叶い、11月9日には、都内でのプレミア上映会に、トム・クルーズが登場。本作のストーリーとアクションの魅力を伝え、誰にでも満足してもらえる自信作に仕上がっていると話しています。

54歳になっても、ほとんどスタントを使わずにアクションに挑むトム・クルーズ。彼は、映画俳優の仕事を仕事とは思っておらず、とにかく幼い頃から大の映画好き。今でも映画が好きでたまらないと語っています。情熱をもって創造性のある人と仕事をしなければならないと、さらに前向きな姿勢を示しているトム・クルーズの勢いは、とどまることを知りません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る