渡辺雄太は日本バスケ界でNBAに最も近い男!身長体重、大学はどこ?

渡辺雄太は日本バスケ界でNBAに最も近い男!身長体重、大学はどこ?出典:http://www.jsports.co.jp

渡辺雄太(バスケ)は日本でNBAに最も近い男!身長体重、大学はどこ?

渡辺雄太(バスケ)は日本でNBAに最も近い男か?!

渡辺雄太(バスケ)は、日本でNBAに最も近い男。渡辺雄太の長身を活かして繰り出されるダンクシュートは、リングを軽々と越えた高さから繰り出されます。日本人初のNBAプレイヤーである田臥勇太は、切れのあるスピードが持ち味のポイントガードですが、練習中に、渡辺雄太からマークを受けたことについて、「(スピードのある)自分とマッチアップできるのは大したもの」と評価。このように、渡辺雄太は、自身の才能の片鱗を、そこかしこで披露しています。

両親と姉も、日本の実業団でプレイしたことがあるという渡辺雄太のバスケ遍歴は、サラブレッドさながらで、小学校1年から、本格的にバスケを始めています。今、渡辺雄太は、日本でNBAに最も近い男といわれていますが、まずは、日本男子バスケチームのリオオリンピック出場の切符を勝ち取ってくれることに期待したいです。

渡辺雄太(バスケ)の身長体重、大学はどこ?アメリカ留学を後押ししたのは田臥勇太だった

渡辺雄太(バスケ)の身長は203cmで、体重は88kgです。高校は、香川県のバスケの名門、尽誠学園高等学校を卒業している渡辺雄太。現在は、アメリカに留学中で、首都にあるジョージ・ワシントン大学に在学中です。アメリカ留学に際しては、渡辺雄太本人は強く希望していたものの、周囲は大反対だったとか。

しかし、日本人初のNBAプレイヤーである田臥勇太の後押しもあって実現しました。ジョージ・ワシントン大学は、大学体育協会としては世界最大規模の全米大学体育協会(NCAA)1部に所属している文武両道の名門校。無事に卒業すれば、渡辺雄太の出身大学は、ジョージ・ワシントン大学ということになるでしょう。

スポンサーリンク

渡辺雄太(バスケ)の米国の評価!今後の進路が気になる!

渡辺雄太(バスケ)の米国の評価はいかに!

渡辺雄太(バスケ)に対する米国の評価はどうでしょうか。日本では、NBAに最も近い男といわれて大注目ですが、米国NCAAのドミニカン大学でプレイしている田渡凌からも高評価の声が上がっています。渡辺雄太より先に渡米していた田渡凌は、日本にいると分かりにくい、渡辺雄太の真の実力の高さについて、「あのレベルで2桁得点取るのって本当にすごいんです」とコメント。

渡辺雄太の米国での評価が高い証としては、2015年シーズン中、メキメキと頭角を現す渡辺雄太に対して、メジャーなメディアである「ワシントン・ポスト」や「ニューヨークタイムズ」が、渡辺雄太の特集を組んで報道したこともあげられます。この先、リオオリンピックへの切符を手にすれば、世界からも注目されることは間違いなし。渡辺雄太の米国での評価も、さらに高くなっていくことでしょう。

渡辺雄太(バスケ)の今後の進路が気になる!

渡辺雄太(バスケ)の今後の進路が気になります。現在は、ジョージ・ワシントン大学に留学中ですが、すでに米国での評価も高いため、その実力が認められれば、当然NBAプレイヤーになることも夢ではありません。では、渡辺雄太が、30チームあるNBAチームの中から、どこを選ぶのかということですが……実はなんと小学校3年生の時点で、すでに加入したいチームを決めていたという渡辺雄太。

スポンサーリンク

そのチームに入るために、米国にバスケ留学し、チャレンジを続けてきているともいえるでしょう。渡辺雄太が加入を切望するチームとは、マジック・ジョンソンや、コービー・ブライアントら名プレイヤーを数多く有し、数々の勝利を飾ってきた、名門ロサンゼルス・レイカーズです。日本のプロ野球選手が、数多くメジャーリーグでプレイする昨今においても、日本人プレイヤーが、バスケの最高峰リーグであるNBAでプレイできる可能性はかなり低いことは事実。

しかし、「NBAに最も近い男」渡辺雄太には、NBAデビューの可能性がおおいにありそうです。夢が叶い、晴れてロサンゼルス・レイカーズのユニフォームをまとってNBAでプレイする渡辺雄太の姿が見られるのも、そう遠い先のことではないかもしれません。

渡辺雄太(バスケ)は長身から繰り出すダンクシュートでリオオリンピックに奇跡を呼ぶ!!

渡辺雄太(バスケ)が、1年ぶりにオリンピック日本代表チームに合流しました。日本バスケ界は、プロリーグの内紛により、国際試合への参加を停止されていたこともあって、実現すれば実に12年ぶりとなるオリンピック参加の切符を最終予選で狙います。2015年は、大学の単位取得のため、オリンピック日本代表としての活動は合宿参加のみだった渡辺雄太。

この土壇場へ来て、起死回生の希望をつなぐ男が日本に帰ってきました!渡辺雄太のポジションは、スモールフォワード。オールラウンダーの動きが要求されて、なおかつポイントゲッターでなければいけないという、とても重要な役回りになります。日本代表チームのヘッドコーチからは、「高さもあり、ブロックにも優れており、どんな選手もマークできる速さも持っている」と、渡辺雄太への高い信頼を感じさせるコメントが。

出場国中最下位で世界ランク48位の日本代表チームを、リオオリンピックに導く奇跡を呼び込んでくれることが期待されている渡辺雄太。リオオリンピック出場に、NBAにと、たくさんの期待を背負っている渡辺雄太ですが、本場アメリカでの経験もあるため、最終予選で活躍する自信はあると力強くコメントしています。

まずは目の前のリオオリンピック、そしていつの日かNBAの舞台で活躍してスタープレイヤーになることで、渡辺雄太には、これからの日本スポーツ界の起爆剤となってくれることを期待しています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る