ウルフ・アロン(柔道)の父は大学の英語講師?!胸毛にファンが一目惚れ

スポンサーリンク

ウルフ・アロン(柔道)の父は大学の英語講師?!ベイカー茉秋とは同じ柔道クラブの出身!

ウルフ・アロン(柔道)は勉学も学年3位で文武両道!父は大学の英語講師

父はアメリカ人で母は日本人のハーフである柔道家のウルフ・アロンは、1996年2月25日生まれで、東京都葛飾区新小岩出身。階級は100kg級で、身長181センチの見事にビルドアップされた肉体を誇ります。ベンチプレス180キロを上げる怪力のウルフ・アロンは、技だけではないパワー柔道が信条。相手がどれほど粘っても、脚をはね上げ投げ飛ばして一本を取る豪快さも魅力です。

ウルフ・アロンが柔道を始めたのは6歳の頃ですが、決して柔道一筋というわけではありませんでした。勉学にも力を入れていたウルフ・アロンは、中学では学年3位の成績とまさに文武両道です。柔道は30歳で引退し、将来は教師になるという夢があるため、勉強を欠かすことはありません。

それには、ウルフ・アロンの父ウルフ・ジェームスが、駒沢大学グローバル・メディア・スタディーズ学部の英語講師をしている影響もあるのでしょうか。眼鏡をかけ、柔和な笑顔の父ウルフ・ジェームスの研究実績は、同大学のウェブサイトに掲載されています。

ウルフ・アロン(柔道)とベイカー茉秋は同じ柔道クラブ出身!東海大浦安高校で大将と副将だった

ウルフ・アロン(柔道)が6歳の時に練習していたのは、講道館にある春日柔道クラブです。そこには、1学年先輩で、2016年のリオオリンピックで金メダルを獲得し、ユーモラスなコメントでも一躍脚光を浴びたベイカー茉秋(ましゅう)もいました。ウルフ・アロンとベイカー茉秋は、同じ東海大学付属浦安高校柔道部の一員として、2012年に、金鷲旗全国高等学校柔道大会で共闘したこともあります。

スポンサーリンク

ウルフ・アロンが副将で、ベイカー茉秋が大将として試合に臨み、圧倒的強さで東海大浦安が優勝しました。世界選手権ではすでに優勝しているウルフ・アロンですが、ベイカー茉秋が手にしたオリンピックの金メダルはまだ獲得していません。当然、2020年の東京オリンピックでは、金メダルを獲得することだけを目指しているでしょう。

ウルフ・アロン(柔道)の胸毛にファンが一目惚れ!?怪我の回復具合は?

ウルフ・アロン(柔道)の胸毛にファンが一目惚れ!?ジャンクSPORTSでギャグ連発

2018年9月に放送された「ジャンクSPORTS」は、ウルフ・アロン(柔道)をはじめ、井上康生監督や現役の柔道選手が出演し、柔道特集が組まれました。番組で、ウルフ・アロンは、井上康生監督の「モテたい疑惑」を暴露した他、阿部一二三を「自分がジャニーズだと勘違いしている」と口撃。テレビ受けする面白いコメントを連発して本領を発揮(?)しました。

ウルフ・アロンの試合映像とともに紹介されたのは、柔道家としての素晴らしい戦績の数々です。国内の柔道大会での優勝回数は全てを紹介しきれないほどで、世界大会でも優勝しているウルフ・アロン。底知れないスタミナと並外れたパワーが強さの秘密と紹介されましたが、本人が今一番悩んでいることは、柔道とは少し離れた内容でした。

スポンサーリンク

「もともと胸毛が濃くて、世界選手権の前に、ためしに胸毛を全部剃った」と明かしたウルフ・アロンは、「胸毛を『刈った』ら試合にも『勝った』ということで」と駄洒落を炸裂。しかし、女性ファンから「胸毛に一目惚れした」というファンレターをもらったため、次の試合には胸毛を剃るべきかどうか悩んでいると言います。

そこで、「どっちがいいですか?」と永島優美アナにいきなり質問。困り果てながらも「ツルツルのほうがいい」と回答した永島優美アナに対し、すかさず「永久脱毛します」と答え、皆を爆笑させました。

ウルフ・アロン(柔道)2度の怪我の回復具合は?

ウルフ・アロン(柔道)は、これまで2度の大怪我に悩まされています。2017年には、右胸鎖関節挫傷となり、12月のグランドスラム・東京を欠場。さらに、2018年1月には左膝半月板を損傷する怪我を負い、手術しました。この結果、翌2月のグランドスラム・パリも欠場を余儀なくされています。

「多少の怪我など気にしません」と強気に言い放ったウルフ・アロンの復帰戦は、6月に開催された全日本実業柔道団体対抗大会となりました。4月に了徳寺学園の職員になったウルフ・アロンは、実業団体三部でオール一本勝ちし、健在ぶりを見せつけています。とはいえ、怪我による練習不足でスタミナが戻っていないことを露呈する形になったのも事実。底知れないスタミナが強い理由の1つであるウルフ・アロンには、早くスタミナを戻してもらい、完全復活を遂げてほしいです。

ウルフ・アロン(柔道)が柔道世界選手権で5位に終わるも、これからが本当の勝負!

ウルフ・アロン(柔道)は、2018年9月25日に行われた柔道世界選手権の100kg級に出場しました。結果は、準々決勝で対戦したロシアのニヤス・イリアソフに、小外掛で無念の一本負け。気を取り直して3位決定戦に臨みましたが、これまたモンゴルの選手に隅落で一本負けし、5位に終わっています。

2008年の北京オリンピックで柔道金メダルを獲得した石井慧は、ウルフ・アロンの準々決勝を振り返り、無名で出場した前大会とは異なり、今大会では各国の選手に研究され尽くされていたことを指摘しました。それを踏まえて、「ウルフ選手も自分の得意とする組み手を早く作らないといけない」と指摘しています。

前回優勝の世界王者であるウルフ・アロン本人は、開口一番「本当に申し訳ない気持ちで一杯です」とコメント。敗因は、怪我により質量ともに練習不足だったことだと分析したほか、「自分に自信がありすぎた」とも語りました。しかし、早くも立ち直り、「柔道人生は始まったばかり。この負けを胸に刻んで次に進みたい」と力強い決意も口にしています。

ウルフ・アロンが言うように、これからがまさに勝負本番です。若いウルフ・アロンは、2020年の東京オリンピックではまだ24歳。自慢の底知れないスタミナと超ド級のパワーで、夢の金メダルを狙います。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る