ブランディ・カーライルがグラミー賞6部門ノミネートの快挙!私生活をカミングアウト!?

ブランディ・カーライルがレズビアンを公表!結婚し子どもが二人いる!?

ブランディ・カーライル高校時代からレズビアンと公表!

アメリカのシンガーソングライター、ブランディ・カーライルは、2002年11月にアメリカの日刊紙「ロサンゼルスタイムズ」のインタビューで、自身がレズビアンであることを公表しました。

気付いたのは15歳の頃からとも語り、当時から隠さず過ごしていたというブランディ・カーライルは、高校の中で唯一、レズビアンであることをカミングアウトした生徒だったそうです。

ブランディ・カーライル同性のパートナーと結婚していた!

ブランディ・カーライルはチャリティ活動を通じて知り合ったというイギリスの女優・キャサリン・シェファードと2012年6月に婚約を発表。同年9月にマサチューセッツ州ボストンで挙式しました。

結婚後、2人の女の子を養子に迎え、現在はワシントン州メープルバレーで家族と暮らすブランディ・カーライルは、自身の曲で母親としての悩みも綴っています。

こちらもおすすめ:アンバー・ハード、ヒロインを務めた映画「アクアマン」で来日!ジョニデとの離婚劇の真相とは!?

ブランディ・カーライルの音楽活動は双子の兄弟と始まった!?デビューまでの経歴とは!?

ブランディ・カーライルの曲作りに双子の兄弟は欠かせない存在?!

ブランディ・カーライルは、2004年にティムとフィルという双子の兄弟とともに音楽活動を開始しました。デビュー前にライブで知り合った兄妹の演奏にブランディ・カーライルが惚れこみ、バンド結成のオファーをしたそうです。

最初は小さなクラブで演奏をしていましたが、彼らの作った曲に着目したコロンビア・レコードと契約を結ぶことになり、2005年にメジャー・デビューが決定しました。

ブランディ・カーライルはソロアーティストという形ですが、ティムとフィルは楽曲制作や、ティムがギター、フィルがベースでツアーの演奏をサポートするなど、現在も良きパートナーの関係が続いているようです。

ブランディ・カーライルの母親は歌手だった?!

1981年6月1日にアメリカのワシントン州で生まれたブランディ・カーライルは、母親が歌手だった影響で幼い頃から歌うことが好きで、ステージにも立っていました。

成長しても歌に対する情熱が消えず、15歳からギターで作詞作曲もするようになったブランディ・カーライルはバンド活動を開始。音楽活動に専念するため、高校を中退しています。

その後、ティムとフィルのハンセロス兄弟と出会ったことを機に音楽活動を本格化させ、デビューのチャンスをつかみました。

ブランディ・カーライル、グラミー賞受賞アーティストに!

ブランディ・カーライルは、2005年7月にリリースしたデビューアルバム「ブランディ・カーライル」で、 アメリカの音楽雑誌「ローリング・ストーン」が発表した「2005年に注目する10人のアーティスト」に選ばれ、グラミー賞にもノミネートされました。

さらに、収録曲「Tragedy」「What Can I Say」「Throw It All Away」がアメリカの放送局・ABCで2005年3月から放送されている人気ドラマ「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」に起用され、世界的に名前が知られることに。

2018年2月にリリースした6枚目のアルバム「By the Way, I Forgive You」は、2019年2月に開催された第61回グラミー賞で、最優秀アルバム賞を含む6部門にノミネートされました。最優秀アメリカン・ルーツ・パフォーマンス、最優秀アメリカン・ルーツ・ソング、最優秀アメリカーナ・アルバムの3部門を受賞したブランディ・カーライルは、授賞式で「The Joke」を熱唱。迫力のあるパフォーマンスが話題になりました。

同性愛者をサポートする他、ユニセフや国境なき医師団などに関わるチャリティ活動にも積極的に参加し、音楽以外でも幅広く活躍するブランディ・カーライル。これからも様々な形で、世界にメッセージを発信し続けてくれそうですね。

<こちらもおすすめ!>

チャイルディッシュ・ガンビーノがグラミー賞で史上初の快挙!新曲「This Is America」が話題に!
カミラ・カベロはフィフス・ハーモニーの元メンバー!第61回グラミー賞ではヒット曲を披露しオープニングを飾っていた!
ショーン・メンデスがヘイリーとの関係を告白!?人気曲とアルバムまとめ

関連記事

ページ上部へ戻る