デーブ大久保の現在がアグレッシブ!肉蔵でーぶの経営にゴルファーも?スマホ野球指導に息子も協力?

デーブ大久保の現在がアグレッシブ!肉蔵でーぶの経営にゴルファーも?スマホ野球指導に息子も協力?

デーブ大久保の現役時代は読売ジャイアンツ移籍でムードメーカーに!西武1軍コーチ時代は?


デーブ大久保のプロフィール
◆生年月日:1967年2月1日
◆出身:茨城県
◆身長・体重:180cm・108kg
◆出身校:茨城県立水戸商業高校
◆ポジション:捕手
◆所属:埼玉西武ライオンズ(選手1985-1992 コーチ2008、2010)
読売ジャイアンツ(選手1992-1995)
東北楽天イーグルス(コーチ・監督2012-2015)

デーブ大久保の現役時代!西武から巨人移籍でムードメーカーに

元プロ野球選手の大久保博元(おおくぼひろもと)は、デーブ大久保の呼び名で親しまれています。

茨城県東茨城郡大洗町出身で水戸商業高校時代は、甲子園出場にこそ届かなかったものの、強打の捕手として高校通算52本塁打を記録。1984年にドラフト会議で、西武ライオンズの1位指名でプロ野球入りしました。

持ち前の長打力には高い評価があったものの、守備力や体型が災いし、正捕手として君臨した伊東勤の存在にも阻まれて、控え要員として多くの時間を過ごしました。

1986年に米国野球留学し、サンノゼ・ビーズでプレーした頃に「デーブ大久保」のニックネームが定着します。運が開けたのは、1992年5月のこと。読売ジャイアンツへ移籍し、いきなり正捕手へ抜擢されると、攻守に大活躍。失速気味のチームに勢いを呼び込む立役者となりました。

しかし、その後は、代打や控え要員に甘んじることが多くなり低迷したデーブ大久保は、1995年シーズン中の骨折も災いして28歳で引退しています。

デーブ大久保の西武1軍コーチ時代は?

デーブ大久保は現役引退後は野球解説者として活動する一方、持ち前の明るいキャラクターを生かして「デーブ大久保」名義でタレントとしても活躍しています。

2008年には、渡辺久信監督の要請で埼玉西武ライオンズ一軍打撃コーチに就任。打線を機能させるため、メジャーリーグ流の早朝練習で「アーリー・ワーク」と称した打撃練習を取り入れるなど、チーム日本一に貢献し、その独自の指導法も脚光を浴びました。このアーリー・ワークについては、野村克也も一定の評価をしていたようです。

デーブ大久保自身、現役時代は一軍と二軍を行き来し、そのアドバイスの違いで改善方法に悩んだ経験から、一軍コーチと二軍コーチの間での綿密な連携を重視していました。頻繁にコーチ陣会議を開催して、若手の成長に役立てる方針だったことが知られています。

選手育成への熱意が行きすぎてしまったのか、2010年にコーチとして不適切な指導があったと指摘され、球団を離れました。

松井秀喜の奥さんがマスコミに一切出ない理由!子供は?

デーブ大久保は楽天監督を務めるも1シーズンで解任!プロゴルファーとして活動!飛距離に驚き?!

デーブ大久保は楽天監督を務めるも1シーズンで解任

2012年に東北楽天ゴールデンイーグルスの一軍打撃コーチへ就任したデーブ大久保は、同年シーズン終了後に二軍監督に就任しています。

2014年シーズン終了後には、星野仙一の後任として一軍監督へ就任したものの、2015年のシーズンは、パ・リーグ全5球団に負け越しとの結果に。チーム低迷を打破できず最下位となりました。

そして責任を取り、シーズン終了をもって辞任しています。後に「いろいろ考えながら戦ってきましたが、それが失敗したから6位という結果になったということです」と語り、冷静に現実を見つめているデーブ大久保。東北楽天ゴールデンイーグルスは元々、デーブ大久保が引き継いだ時点で最下位だっただけに「正直、1年じゃ足りなかった。しかし、1年契約を提示された限りはそこでAクラスに入れなければ責任を取るつもりでした」と辞任について語っています。

「来年は大久保から監督が代わって、楽天が強くなったと言われればそれでいい」とあくまでもチームのことを考え、その思いは前向きだったようです。

デーブ大久保はプロゴルファーとしても活動!飛距離に驚き

デーブ大久保は1999年から「週刊パーゴルフ」で連載を担当したのをきっかけに、プロゴルファーとしても活動していました。

2001年のクォリファイングトーナメントに挑戦し、ファーストクォリファイを突破してセカンドへ。サードには進出できなかったものの、主催者の推薦によって出場が認められ、2002年のダイヤモンドカップトーナメントでツアーデビューを果たしました。

その後も12回レギュラーツアーに参戦していますが、予選通過はできず。しばらくプロゴルファーとしての活動は休んでいたものの、2018年よりその活動を再開しています。

2019年5月には下部ツアーであるAbemaTVツアー太平洋クラブ・チャレンジトーナメントに主催者推薦枠で出場しました。390ヤードの8番(パー4)において、デーブ大久保のドライバーショットがグリーンに到達。2パットでバーディーを奪い、ギャラリーを沸かせました。

圧倒的な飛距離を見せつけたデーブ大久保のプレーについて、同組だった小林伸太郎も「8番の1オンにはびっくりした」と振り返っています。

2019年11月にはトーシン産業株式会社と所属契約も結び、デーブ大久保のプロゴルファーとしての人生はまだまだこれからのようです。

新垣渚のバニッシュボールと称されたスライダーとは?今は育成世代のジュニアチームの監督やコーチ!

デーブ大久保の現在は?居酒屋肉蔵でーぶの経営者!スマホで野球指導事業を息子もサポート

デーブ大久保は居酒屋肉蔵でーぶの経営者!

デーブ大久保は食品衛生管理者の資格を取得し、2016年3月4日、新橋に居酒屋「肉蔵でーぶ」を開業しました。博多の屋台を模した店内では、焼き肉、おでん、ラーメンなど多彩なメニューを展開。デーブ大久保のファンはもちろん、肉グルメを愛する人々からも人気です。

本人のツイッターアカウントでも「肉蔵でーぶ」の営業情報や最新情報についてツイートしています。2020年新型コロナウィルス拡大の影響で、飲食店は夜の営業について制限されましたが、「肉蔵でーぶ」も営業時間を調整しながらなんとか切り盛りしているようです。

ツイッターには常連客やファンからも多くのコメントが寄せられ、デーブ大久保はこまめに返信をし、応援メッセージなどに励まされていることがうかがえます。

デーブ大久保はスマホ野球塾でLINEを使った野球指導!息子がブログ運営!YouTubeも活用

デーブ大久保は、東京・横浜で「デーブ・ベースボールアカデミー」を経営していますが、身の周りに直接野球の指導をしてくれる人がいないという子供向けに「デーブ大久保スマホ野球塾」というサービスを行っています。

このサービスはLINEにて子供のフォームを撮影した動画を送り、プロのコーチが直接アドバイスをするというもの。デーブ大久保は「この指導ツールを使って、少しでも地方の子どもたちに、脈々と受け継がれている野球の基礎を継承していきたと思っています」と公式サイトでも語っています。

そんなデーブ大久保には子供がおり、息子・大久保泰成は専修大学時代、3年生から4番バッターで試合に出場していました。セガサミーで野球を続け、都市対抗野球決定戦でMVPを獲得、現役引退後は株式会社セガトイズに入社しています。現在は「デーブ大久保スマホ野球塾公式ブログ」の運営に協力しており「自称:プロに一番近いアマチュア」として、父親と共に野球に役立つ情報を配信中です。

さらにデーブ大久保は2020年6月よりYouTubeチャンネルを開設し、野球についての雑談や裏話などを毎日投稿しています。デーブ大久保はスマホで野球指導のサービスを立ち上げ、居酒屋経営にプロゴルファーと積極的に新しい活動を展開しています。引退後も活発なデーブ大久保から、今後も目が離せません。

古田敦也と中井美穂夫妻、離婚説の真相は?子供や講演会の評判、年収!
前田智徳はイチローが惚れた90年代最強打者!伝説的なフォーム!息子のためにある動きを…?
斎藤雅樹は遅咲きの元巨人軍エース!全盛期の最強伝説や現在の活動は?

関連記事

ページ上部へ戻る