広末涼子の若い頃のCMと曲がかわいすぎ!元夫との授かり結婚は確信犯?再婚後の離婚危機報道とは?

広末涼子の若い頃のCMと胸キュンソングは記憶に刻まれる魅力!映画の代表作は?


広末涼子のプロフィール
◆生年月日:1980年7月18日
◆出身:高知県
◆身長:161cm
◆血液型:O型
◆所属事務所:フラーム

広末涼子の若い頃のCMと胸キュンソングは記憶に刻まれる魅力!

広末涼子(ひろすえりょうこ)の芸歴の始まりは、1994年開催の第1回クレアラシル「ぴかぴかフェイスコンテスト」でグランプリを受賞したこと。翌年1995年に同製品のCMでデビューしました。

その後数々のCMに出演していますが、中でも1996年に出演したNTTドコモのポケットベル、通称ポケベルのCMは話題に。「広末涼子、ポケベル始める」というフレーズが耳に残る第1弾で瞬く間に名前が広まりました。シリーズ化されて、以降も透明感あふれる可愛さを見せつけたこのCMに、心奪われた人は多かったようです。

そして高校への進学を機会に、高知から上京。1997年4月に竹内まりやのプロデュースで「MajiでKoiする5秒前」という曲で歌手デビューし、大ヒットを収めました。2曲目は、同年6月に岡本真夜プロデュースで「大スキ!」という曲を出し、オリコン1位を獲得。その年の「第48回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たしました。

「MajiでKoiする5秒前」はポケベルのCMソングで、「大スキ!」は「三ツ矢サイダー」のCMで使用された楽曲。1度聴いたら忘れられなくなるメロディや歌詞と広末涼子の可愛らしさのインパクトが強烈で、今でも流れると当時を思い出すという声が聞かれます。

広末涼子の映画の代表作は?アカデミー賞の常連

広末涼子は数々の映画で高く評価されています。映画初主演を飾った作品は1997年7月に公開された青春映画「20世紀ノスタルジア」です。高校生が映画作りを行いながら絆を感じていく様子を描いたこの映画での演技が評価され、第21回日本アカデミー賞新人俳優賞、第35回ゴールデンアロー賞最優秀新人賞など多くの賞に輝きました。

その後も躍進は止まらず、1999年の第23回日本アカデミー賞では、同年9月公開の映画「秘密」で優秀主演女優賞、同年6月公開の映画「鉄道員」で優秀助演女優賞をダブル受賞する快挙も成し遂げています。

また2008年9月公開の映画「おくりびと」で第32回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を獲得。翌2009年11月公開の「ゼロの焦点」で第33回日本アカデミー最優秀新人賞を獲得。2012年9月公開の映画「鍵泥棒のメソッド」で第36回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を獲得と、日本アカデミー賞の常連的な存在です。

檀れいと元夫・及川光博の離婚後!性格や江原啓之、松田聖子との過去とは?

広末涼子と元夫の授かり結婚は確信犯?現在の夫や子供は?離婚婚危機報道が出た過去とは

広末涼子が元夫と授かり結婚した時期の心境を告白!

広末涼子は、1998年11月には早稲田大学に自己推薦入試で合格しましたが、入学後にはマスコミが押し寄せる騒動もあり、2003年に退学してしまいます。1999年には当時モデルとして活躍していた伊勢谷友介との交際が報じられました。

そして2001年には金子賢との交際疑惑報道があったものの、2003年12月にモデルの岡沢高宏との結婚と妊娠を同時に発表。産休をとって2004年4月に男の子を出産し、2005年7月放送のドラマ「スローダンス」にて女優復帰しています。

そこから仕事の面では順調であった広末涼子ですが、この結婚は長くは続かず2008年3月に、岡沢高宏との離婚を自身のホームページにて発表しました。

元夫との最初の結婚を決めた頃の心境について、広末涼子が後に告白しています。2017年に「FRaU」にて受けたインタビューの中で「結婚なんて許されない時だった」と振り返り、授かり結婚については「正直、確信犯ですよね」と明かしていました。

「私は一度、あの時点でフェードアウトしないと壊れていたと思うし、女優業は続けていられなかったと思う」とも語っています。「あのタイミングで一度外の世界を見るというかフラットな自分に戻れたことは、私の人生においては、すごく大切でした」と、最初の結婚について後悔はないようです。

当時、休む間もなく売れっ子女優として活躍していた広末涼子には、周りからは見えないプレッシャーがのしかかり、そこからの打開策が最初の結婚だったのでしょう。

結果的に離れた期間のおかげで女優業に対する「好き」という気持ちを取り戻すことができたといい、結婚、出産は公私両面でのターニングポイントだったようです。

広末涼子が再婚した現在の夫や子供は?佐藤健との関係を疑う離婚危機報道があった?

芸能活動では躍進続きの広末涼子ですが、プライベートではスキャンダルが報道されたこともあります。広末涼子は2010年10月にキャンドルアーティストであるキャンドルジュンと再婚し、2011年3月に次男を出産しましたが、2014年2月に俳優の佐藤健との不倫疑惑報道が出ていました。

度々佐藤健のマンションを訪れる広末涼子の姿が目撃されていたようで、週刊誌「女性セブン」に写真入りの離婚危機報道記事が掲載されることに。ツーショットではなく出入りする姿で関係性が特定できるものではなく、双方の事務所は不倫関係を否定していました。

その後、2015年3月に広末涼子は所属事務所の公式サイトを通じて、妊娠5カ月であることを発表。「新しい命を授かり、とても、嬉しく、喜ばしく、思っております」と発表し、2015年7月に第三子である長女を無事に出産しました。

キャンドルジュンとは離婚に発展することはなく、現在も結婚生活が続いており、夫婦の間で問題になるような状況ではなかったのかもしれません。

佐藤健の性格は子供時代とギャップ大!若い頃はやんちゃだった?LINEやSUGERの恋人感覚が大人気!

広末涼子が子供との前でしないと決めたことは?ドラマ「桜の塔」撮影現場で側転?

広末涼子が子供との前でしないと決めたことは?

広末涼子は現在、3人の子供の母親でもあるわけですが、子供の前では台本は読まないと決めているのだそう。長男が1歳の頃、自宅で台本を開き読んでいたものの、息子の動向が気になって物語に集中できず、感情移入もできなかったそうで、それ以来家ではどんなに時間があっても台本は開かないルールにしているのだとか。

その分、台本に集中したいときは家をいつもより1時間早く出たり、帰宅前の1時間外で台本を読んだりするなど、公私の部分をうまく分けているそうです。

過去のインタビューで「家に帰ったらどんなに時間の余裕があっても、仕事ではなく家のことをする、子供と遊ぶようにしています」と語っている、広末涼子。3人の子供の前では女優という鎧を脱ぎ捨て、1人の愛情深い母としての顔を見せています。

広末涼子がドラマ「桜の塔」撮影現場で側転?

広末涼子は2021年4月15日より放送されている玉木宏主演ドラマ「桜の塔」にて正義感に燃える警視庁捜査一課主任の水樹爽を演じています。

玉木宏演じる警視庁捜査共助課の理事官・上條漣の幼馴染という設定で、上條漣とは考えなどで対立することが多いものの、基本的に彼のことを心配しているという設定。劇中ではヒロイン的な役回りということで、広末涼子の演技に注目が集まっています。

撮影現場も和気あいあいと楽しいらしく、玉木宏が「まぁとにかく広末涼子が明るい!いきなり側転したり、壁を見つけたら逆立ちしたり少年のような動きをたくさんする!!すごい元気もらってます」と裏話を明かしています。こうした面から玉木宏は、広末涼子について「ムードメーカー」だと語っていました。これからもパワフルで元気な広末涼子の活躍を見守っていきましょう。

玉木宏が若い頃モテなかった理由とは?趣味の域を超えたインスタがスゴすぎる!
風吹ジュン、元夫・川添象郎の離婚後が衝撃的!子供は?若い頃から芸能生活も波乱万丈!
徳永有美は内村光良の妻!ウッチャンのテレビ朝日出禁の真相や離婚した元夫の現在は?子供の話を解禁!?

関連記事

ページ上部へ戻る