風吹ジュンの芸能生活は波乱万丈!元夫・川添象郎は離婚後とんでもないことに!子供は?

風吹ジュンの元夫・川添象郎がとんでもなかった!子供は?


風吹ジュンのプロフィール
◆生年月日:1952年5月12日
◆出身:富山県
◆身長:157cm
◆血液型:B型
◆所属事務所:パパドゥ

ジュンは、京都から風に運ばれてデビューした少女だった

女優の風吹ジュン(ふぶきじゅん)の芸能界デビューはスカウトがきっかけです。1971年、巻き髪のロングヘアに、ホットパンツからすらりと伸びた足、元祖あひる唇で、舌足らずな可愛い女の子が、銀座のクラブでタレントにスカウトされました。

風に吹かれてきたかのように、京都から銀座にふらっと現れたので、風吹、そして語呂合わせにジュンという芸名をもらったその女の子こそ、風吹ジュンです。

風吹ジュンの元結婚相手、川添象郎の栄光と没落!子供は一男一女

風吹ジュンは1981年に結婚しましたが、この結婚相手が凄まじい人物でした。1960年、麻布に開店した「キャンティ」というイタリア料理店は、60年代から70年代にかけて、次代を担うさまざまな文化人や芸能人が集った伝説の店。オーナーは、明治の元勲後藤象二郎伯爵を祖父に持つ川添浩史で、風吹ジュンは、その息子川添象郎(かわぞえしょうろう)と結婚したのです。

川添象郎は、YMOや荒井由美の音楽プロデューサーを務めただけでなく、イヴ・サンローランやピエール・カルダンの日本におけるコンサルティングや、イベント・空間プロデューサーとして一世を風靡。風吹ジュンは、川添象郎との間に一男一女をもうけますが、川添の女遊びや放蕩生活は想像を絶するものがあり、1992年に離婚しました。

川添象郎は離婚後、バブル崩壊とともに没落。麻薬所持や恐喝傷害事件などを何度も引き起こしています。1997年には監禁暴行の容疑で全国指名手配され、懲役3年の有罪判決を受けますが、出所後は音楽プロデューサーとして活躍。2008年にプロデュースした青山テルマの「そばにいるね feat.Soulja」は大ヒット。華麗な復活を遂げたかと思いきや、その後、2013年にふたたび麻薬所持で逮捕されます。

2014年には、懲役2年の実刑判決を受けましたが、現在は出所しているようで、2018年にはアルファレコードの創立者であり音楽プロデューサーの村井邦彦と対談しています。元夫の経歴からも、結婚生活で風吹ジュンが苦労したであろうことがうかがわれます。

風吹ジュンの芸能生活も波乱万丈だった

そのキュートな容姿で、1973年、初代ユニチカマスコットガールに選ばれた風吹ジュン。さらに有名カメラマン、デイヴィッド・ハミルトンが撮った、ソフトフォーカスの写真集が男性誌を飾ると、爆発的な人気となります。風吹ジュンは、今で言うグラビアアイドルでした。

そして1974年5月1日には「愛がはじまる時」で歌手デビュー。舌足らずで歌唱力があるとは言い難い歌もかえってインパクトがあったようで、人気に拍車がかかります。しかし人気もつかの間、この年の9月に風吹ジュンが暴力団員と見られる人物に誘拐され、警察が出動するという大騒動が勃発。三つ巴の事務所移籍問題が原因で、当時の芸能界の暗部を白日にさらすスキャンダルとなってしまいました。風吹ジュンは、アイドルとしての人気は急落しますが、その後、独特の存在感で女優の道を歩むことになります。

奥貫薫が結婚した旦那は11才年下のアーティスト!「旅猿」ナレーションも大好評

風吹ジュンと松田優作共演「蘇る金狼」とは?

風吹ジュン、映画「甦る金狼」松田優作との生唾ベッドシーン

イメージ悪化からの再起に向けて、風吹ジュンは1982年3月、心機一転ヌード写真集を出版しています。また、 1979年8月4日公開の故松田優作の代表作「甦る金狼」に出演。松田優作との大胆なベットシーンが話題となりました。

映画は、大藪晴彦のハードボイルド小説が原作で、日常は冴えないサラリーマンを演じながら、肉体を鍛え銃の扱いを覚えた男が、会社を乗っ取る計画を立て、経営幹部や暴力団と壮絶な戦いに挑むという、まさにハードな作品。「甦る金狼」での風吹ジュンは、男が会社の情報を得るためにヘロインを使って籠絡する、重役の情婦役でした。

風吹ジュンは、「甦る金狼」出演をきっかけに本格女優の道へ

この作品で腹を据えた風吹ジュンは、本格的に女優の道を歩むようになります。結婚は1981年でしたが、夫・川添象郎は80年代はマルチプロデューサーとして絶頂期にあり、風吹ジュンはマイペースでテレビや映画に出演し続けます。気負うことがないナチュナルな演技に評価が高まるとともに、いくつになっても衰えない美貌で、新たな人気を呼ぶようになっていったのです。

その後1992年に離婚した風吹ジュンは、40歳になっていました。しかしその時、風吹ジュンは、俳優としての地位をすでに確立していて、汚れ役や母親役もこなせる名女優になっていたのです。心に響く演技をするためには、経てきた人生や感性といった要素も重要なのかもしれません。

入山法子が結婚した旦那・岡峰光舟とは?化粧品イメージモデルを務める美肌女優!あのドラマにも出演!?

風吹ジュンは、朝ドラ「あさが来た」ヒロイン波瑠に慕われていた!「半分、青い。」ナレーションも

風吹ジュンは朝ドラ「あさが来た」に出演

風吹ジュンは、2015年の連続テレビ小説「あさが来た」で、主人公が嫁いだ家の姑役を演じました。近年の朝ドラマの中でも、とりわけ重厚なキャスティングだった「あさが来た」。近藤正臣や萬田久子、宮崎あおいや柄本祐など、ベテランから若手まで実力派の俳優が揃う中、風吹ジュンは、主人公の舅役である近藤正臣とともに、ベテランとしてドラマを大いに盛り上げていました。

しかし、朝ドラといえば、半年の長丁場。まだまだ若く経験の浅いヒロイン役は、収録途中で体調を崩してしまいがちです。波瑠もまたその例外ではなかったようで、声が出なくなったことがあったそう。義母役である風吹ジュンは、現場で常に母親のように波瑠に接し、さっそく、体のケア方法や、おすすめの漢方などを事細かに波瑠にアドバイスしてあげて、波瑠は感激しきりであったといいます。

風吹ジュンは朝ドラ「半分、青い。」でナレーション初体験

2020年までに4作の朝ドラに出演している風吹ジュン。2018年の「半分、青い。」では、永野芽郁演じるヒロイン・鈴愛のおばあちゃん役を演じたほか、ナレーションも担当しました。風吹ジュンは、本作品がナレーション初挑戦。ナレーターはドラマ全体の流れを考えなければならないため、女優とは違うモードで収録に臨んでいたのだとか。風吹ジュンにとってナレーションは、いずれはクリアしたいと思っていた憧れの仕事だったそうで、「女優冥利に尽きます」と語っていました。

風吹ジュンは朝ドラのほか、連続ドラマや映画にも出演しています。2019年4月には、倉本聰作の「やすらぎの刻(とき)~道~」に出演しました。「やすらぎの刻(とき)~道~」は、2017年に放送され話題となった「やすらぎの郷」の続編にあたる作品。前作では石坂浩二演じる主人公の妻・菊村律子役を演じた風吹ジュン。続編では菊村律子役と根来しの役の2役を演じています。

スキャンダルで注目されたグラビアアイドルが、芸能界のレジェンド「キャンティ」の御曹司、川添象郎と一発逆転のシンデレラ結婚。そして泥沼の愛憎劇の果ての離婚と、元夫の没落。その後、女優として自立した現在。風吹ジュンは、その芸名の通り、芸能界の荒海を風に乗って駆け抜けてきたようです。

ともさかりえの親友は椎名林檎!?40歳に見えない美ボディをインスタで披露していた!
一路真輝は宝塚「エリザベート」の初代トート閣下!内野聖陽と離婚するも娘のおかげで関係修復?!
峯村リエは「真田丸」「あな番」出演のあの女優!目指していた職業は役者ではなかった?!

関連記事

ページ上部へ戻る