ヒプノシスマイクとは声優界初の男性声優キャララップバトルプロジェクト!個性豊かな12人の声優が集結

ヒプノシスマイクとは声優界初の男性声優キャララップバトルプロジェクト!各キャラや名前が個性的すぎる

ヒプノシスマイクとは声優界初の男性声優キャララップバトルプロジェクト!

最近は、音楽を軸にしたアイドルアニメや、声優がアーティストを兼ねる声優アーティストが多くなってきましたが、声優×ラップという新しい掛け合わせの「ヒプノシスマイク」も話題になっています。ヒプノシスマイクは、2017年9月に始動した12人の男性声優キャラによるラップバトルプロジェクト。

人の精神に影響を及ぼす特殊なヒプノシスマイクを用いて、シンジュク、シブヤ、イケブクロ、ヨコハマといった各ディビジョン代表のMCグループがバトルを繰り広げます。武力ではなく、ラップで優劣を決めるという点がポイントで、領土テリトリーバトルが展開されるというストーリーです。

普通に歌うより難度が高そうですが、声や言葉のスペシャリストであり、イケボで滑舌も良い声優たちが演じることで、ハイクオリティなラッパーチームに仕上がっています。

ヒプノシスマイクの各キャラや名前が個性的すぎる!

ヒプノシスマイクには、個性の強いメンバーが3人ずつ集まったチームが4組登場します。イケブクロを仕切る「Buster Bros!!!」は、長兄の山田一郎を筆頭に、山田二郎、山田三郎と山田家三人兄弟で結成。ヨコハマを代表する「MAD TRIGGER CREW」は、ヤクザの碧棺左馬刻を中心に、汚職警察官の入間銃兎、元海軍一等軍曹の毒島メイソン理鶯というとんでもない組み合わせです。

シブヤを代表する「Fling Posse」は、リーダーでファッションデザイナーの飴村乱数と、作家の夢野幻太郎、ギャンブラーの有栖川帝統というユニークなメンバーで結成されています。シンジュクを代表するのは「麻天狼」。天才医師の神宮寺寂雷を中心に、ホストの伊弉冉一二三、サラリーマンの観音坂独歩というミステリアスなメンバーが揃いました。

それぞれ独特な雰囲気がありますが、現在敵対している各リーダーたちは昔、「The Dirty Dawg」という伝説のチームを構成していたという過去も。いったいどのような経緯で今のチームが出来上がったのかも興味深いところです。

ヒプノシスマイクに個性豊かな12人の声優が集結!必携ライブグッズ、カラオケ人気曲は?

ヒプノシスマイクに個性豊かな12人の声優が集結!

ヒプノシスマイクの個性豊かなキャラを演じるのは、木村昴、石谷春貴、天﨑滉平、浅沼晋太郎、神尾晋一郎、駒田航、速水奨、木島隆一、伊東健人、白井悠介、斉藤壮馬、野津山幸宏の12名の男性声優たち。キャラに合った色彩豊かな声優が揃っています。若手や新人の声優が目立ちますが、「Buster Bros!!!」のリーダー山田一郎役は、「ドラえもん」ジャイアン役でお馴染みの木村昴。

ヨコハマを仕切る「Mad Trigger Crew」のリーダー碧棺左馬刻役は、舞台でも活躍している浅沼晋太郎で、シブヤを代表する「Fling Posse」のリーダー飴村乱数役は「美男高校地球防衛部LOVE!」鳴子硫黄役でブレイクした白井悠介です。さらに、「麻天狼」のリーダー神宮寺寂雷役には魅惑のバリトンボイスを持つベテラン声優の速水奨と、各リーダー役には実力派声優がキャスティングされています。声優陣の幅広さもまたヒプノシスマイクの魅力のひとつと言えるでしょう。

ヒプノシスマイクの必携ライブグッズ、カラオケ人気曲は?

ヒプノシスマイクは、今までさまざまなCDをリリースしており、ランキングの上位にも入っています。2018年7月18日に配信された「Fling Posse VS 麻天狼」は、7月30日付オリコン週間デジタルアルバムランキングで初登場1位を獲得。CDの売り上げもオリコン3位と、さらなる盛り上がりを見せています。カラオケでは、JOYSOUND系で配信が始まっており、Division All Starsによる「ヒプノシスマイク-Division Battle Anthem-」「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-」、伊弉冉一二三の「シャンパンゴールド」、Buster Bros!!! VS MAD TRIGGER CREWの「WAR WAR WAR」などが人気のようです。

また、グッズも積極的に展開され、ライブにピッタリのTシャツやパーカーも販売中。お気に入りのユニットのTシャツを着て参加すれば、気分が盛り上がること必至です。その他にも、普段使いができるミラーやシャーペン、缶バッジやアクリルキーホルダーなど、バラエティ豊かなグッズが展開されています。

ヒプノシスマイクの魅力は無限大!2ndライブが2018年8月26日に開催!

ヒプノシスマイクは、2018年8月26日に、2ndライブ「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 2nd LIVE@シナガワ《韻踏闘技大會》」開催します。どのようなバトルが繰り広げられるのかはもちろん、朗読パートも気になるところです。ヒプノシスマイクの楽曲は、作詞・作曲にサイプレス上野やGADORO、ラッパ我リヤなど、HIP HOP界の重鎮ラッパーが名を連ねています。

異色なところでは、オリエンタルラジオ藤森慎吾も参加しているなど、クリエイター陣の豪華さも話題に。また、「俺が一郎」の作詞を手掛けた好良瓶太郎は、実は山田一郎役を務めている木村昴の別名義で、作詞に初挑戦したとか。以前からラップが大好きだった木村昴は、今までラップ風の曲を歌ったことはあっても、ヒプノシスマイクのような本格的なラップは初めてで、本プロジェクトにかける意気込みには並々ならぬ気迫が感じられます。

配信されているヒプノシスマイク関連のMVは、キャラ絵と声優の映像がリリックと上手く合わさったエッジの効いた映像になっており、若者を中心に徐々に人気が広まっているところです。アニメ&声優ファンと、ヒップホップファンの両方から注目を浴びているヒプノシスマイク。

声優に託される仕事も多様化し、日々変化していく声優界ですが、ヒプノシスマイクは、声優業界が脚光を浴び、ヒップホップ人気も熱を帯びてきた今の時代に最もフィットしているプロジェクトと言えるでしょう。キャラ、声優、ラップ、ストーリーとさまざまな方向から楽しむことができ、コラボカフェやアパレルメーカーとのコラボも展開されるなど、無限大の可能性を秘めたヒプノシスマイクからは目が離せそうにありません。

関連記事

ページ上部へ戻る