五十嵐カノアの家族は全員サーファー!インスタには彼女も登場!今後が期待されている!

五十嵐カノアのプロフィールを紹介


五十嵐カノアのプロフィール
◆生年月日:1997年10月1日
◆出身:アメリカ・カリフォルニア州
◆身長:180cm
◆所属:木下グループ

五十嵐カノアは本場仕込みのプロサーファー

プロサーファーの五十嵐カノアは、両親ともに日本人ですがアメリカで生まれ、現在もカルフォルニア州で生活しています。「カノア」という名前は、ハワイ語で「自由」という意味を持つ言葉が由来なのだそう。

アメリカで生まれ育った五十嵐カノアがサーフィンを始めたのは、3歳の時。サーファーの父親に影響され、ハンティントンビーチでサーフィンを覚えたといいます。初めてサーフィンをしたのが3歳の誕生日で、その日のうちに立てたというので驚きです。

6歳で出場した「Kids For Clean Waves」で優勝を果たし、9歳の時に最年少で強化選手に推薦され、USAチーム入りした五十嵐カノアは2010年に12歳で全米タイトルを獲得。翌2011年にアメリカのサーフィン、スノーボードブランド「Quicksilver」と契約し、プロサーファーに。13歳でU-21プロジュニア優勝に輝きました。

子供の頃から世界で活躍を続ける五十嵐カノアは英語と日本語に加え、ポルトガル語、スペイン語、フランス語の5ヶ国語を話せるのだとか。これまでアメリカの選手として数多くのタイトルを獲得してきましたが、2017年12月25日に会見を開き、「日本代表として五輪に出たい」とコメントしました。

五十嵐カノアの背番号「50」は、「五十嵐」の名前にちなんで彼自身が選んだもの。アメリカで生活しながらも毎年日本を訪れており、日本人選手として世界の舞台で戦う意思の表れなのでしょう。

大原洋人(サーフィン)はUSオープン日本人初優勝の実力者!スポンサーや使用サーフボードは?

五十嵐カノアの家族は全員サーファー!?

東京オリンピックには日本代表として出場

五十嵐カノアの両親はアメリカ在住ですが日本人で、2人ともサーファーです。移住の地にカリフォルニアを選んだのは、サーフィンが盛んな土地で子供を育てたいという思いがあったのだとか。小さな頃から光る才能を見せた五十嵐カノアがサーフィンが出場する各国の試合に同行するなど、両親は彼がサーフィンに専念できる環境を整えてきたといいます。

五十嵐カノアは、いつもそばで支えてくれた両親の母国である日本で金メダルをとるため、2018年に国際サーフィン協会へ国籍登録の変更を申請、2020年の東京オリンピックで正式種目となったサーフィンに日本代表として臨むことを選びました。

そんな五十嵐カノアの弟・キアヌもサーファーで、2019年5月11日の五十嵐カノアのインスタに弟の誕生日を祝う様子が投稿されるなど、兄弟仲は良いようです。

張本智和は中国人の両親を持つ天才卓球少年!チョレイの意味とは?

五十嵐カノアのインスタには彼女の写真も!?

ラブラブぶりがファンの間で話題に

五十嵐カノアのインスタにはダイナミックなサーフィンをしている写真はもちろんのこと、プライベートショットも多く投稿されており、多くのファンが注目を寄せています。そんな彼のインスタには、彼女とのツーショット写真も度々アップされています。

五十嵐カノアの彼女は、ポルトガル人のテレサ・ボンヴァロ。2歳年下で、彼女もジュニアの大会で優勝するなどしているサーファーです。2016年2月15日に投稿されている彼女の写真に1年経ったとのコメントが添えられており、現在も交際が続いていれば、若いカップルながら交際期間は5年にも及びます。

2017年2月15日のインスタ投稿に「Amo te muito toto! És o amor da minha vida 」、同年5月8日の投稿にも「amo teeee」とのコメントを添えている五十嵐カノア。これはポルトガル語で「あなたを愛しています」という意味だそうです。アメリカ育ちらしく、堂々と彼女に向けて愛を表現できるところもカッコよく、清々しいカップルという印象です。

伊勢谷友介がインスタで見せた子供時代が眩しすぎる!英語や筋肉美にも絶賛の嵐

五十嵐カノアの今後の活躍に期待!

オリンピックでの活躍が楽しみ!

これまで五十嵐カノアはアメリカ選手として様々なサーフィンのタイトルを獲得してきましたが、2017年12月25日に彼が「日本代表として五輪に出たい」と発言してからは、日本中が期待を寄せています。

2020年の東京オリンピックでサーフィンが追加種目に決定してから、サーフィン大会を楽しみにしている人も多いでしょう。五十嵐カノアの活躍により、サーフィンファンが増えることも想像できます。

「金メダルを目指す」と宣言

東京オリンピック日本代表に選ばれたことを報告するインスタで「金メダルを目指す」と力強く宣言した五十嵐カノア。サーフィン競技の日程は、大会3日目の7月26日から千葉県の釣ヶ崎海岸サーフィンビーチで始まり、7月29日の午前に決勝が行われます。サーフィンの本場で小さな頃から磨き抜いてきた攻めの波乗りで、両親に捧げる金メダルを手にする姿が見られることを信じてやみません。

西村碧莉は東京オリンピック期待のスケートボード選手!ファッションが可愛いとインスタも人気
平野歩夢はスノーボードテクも超イケメン!平昌オリンピック強化指定選手にも決定
大池水杜は東京オリンピック期待のBMXアスリート!競技を始めたきっかけは?大会成績も紹介

関連記事

ページ上部へ戻る