水谷果穂が次々と話題ドラマに出演!「Going!」ではお天気キャスター就任

水谷果穂が次々と話題ドラマに出演!写真集が「エロティック」と好評?

水谷果穂が次々と話題ドラマに出演!

水谷果穂(みずたにかほ)は、1997年11月3日生まれ、静岡県出身の女優です。
ドラマ「ナポレオンの村」では、星河市役所農林商工課の職員・鈴木甘菜を熱演した水谷果穂。はじめは、定時の17時になった瞬間に帰る甘菜でしたが、浅井栄治(唐沢寿明)の情熱に打たれ、仕事に熱心に取り組む職員に変わります。

レギュラー出演していた水谷果穂は、ネットでたちまち「あの可愛い女優は誰?」と話題になりました。
唐沢寿明とは、朝ドラ「とと姉ちゃん」でも共演しています。同作では、花山伊佐次(唐沢寿明)の娘・茜を演じており、病床に伏せてもなおペンを持ち続ける父・伊左次を止める茜。死ぬまで書き続けようとする父と、体のために止めようとする娘という父娘のドラマを、見事に演じ切った水谷果穂は、「とと姉ちゃん」の最終章に重みを持たせました

そんな水谷果穂は、ヒーローが幽霊という奇抜な設定で話題になった「仮面ライダーゴースト」にも出演しています。演じたのは、仕事一筋で家族を省みない警官の父・夏目真一郎(井田國彦)に不信を抱く娘の真由役です。悲鳴を聞いた主人公のタケル(西銘駿)が向かった先には、宿敵ガンマイザーによって父と心が入れ替わってしまった真由の姿がありました。

さすがは女優の水谷果穂は、ガンマイザーに心を支配された真由を熱演。タケルもマコト(山本涼介)もアラン(磯村勇斗)もそれぞれ父を思うに至るこの回は、親子の絆を強く意識させる内容になりました。このように、水谷果穂は、朝ドラ「とと姉ちゃん」と「仮面ライダーゴースト」の両方で、奇しくも親子の絆を演じることとなっています。

水谷果穂の写真集が「エロティック」と好評?これ以上攻めたらセミヌード!?

水谷果穂は、2017年11月3日、自身二十歳の誕生日に、3冊目の写真集「Anniversary」を出版しました。2017年11月2日のブログでは、「今日が10代最後の日です。謎の緊張感。20歳の私に会いにきてね」と写真集「Anniversary」を紹介した水谷果穂。春は桜の下で微笑み、冬は雪の温泉でのぼせた顔。

そして、なんといっても沖縄の海で魅せたセクシーな水着姿は最高にエキサイティングです。そのほかにも、上半身裸の手ブラ姿など、ファンではなくてもドキッとするショットが満載で、「記念日」という意味のタイトルにふさわしく、ファンの期待に応える写真集に仕上がっています。

もともとファースト写真集から惜しみなく可憐な水着姿を披露してきた水谷果穂。18~19歳の頃の素顔を切り取ったセカンド写真集「1819」も、膝と腕で大切なところを隠している全裸姿や、バスタオル1枚、キュートなミニスカートなど大胆な写真満載です。続く3冊目の写真集「Anniversary」では、少女から大人と変わる水谷果穂を見事に表現したと言えます。

写真集を見た読者の声を見ると、「果穂ちゃんスタイル良すぎる」「美しい背中」「健康的で爽やかでエロティック」と満足した人が多数だった様子です。「下着姿がなかった」「次回はもう少し踏み込んで欲しいところ」という意見もありましたが、これ以上踏み込んだらセミヌードになってしまいますよね。

水谷果穂が「Going!」でお天気キャスター就任!ドラマ「ブラックペアン」で看護師役

水谷果穂が「Going!」でお天気キャスター就任!上田晋也から愛あるツッコミ

水谷果穂は、上田晋也がMCを務める日本テレビのスポーツ&ニュース番組「Going!」で、2018年3月31日から土曜日のお天気キャスターを担当しています。トラウデン直美と一緒にお天気キャスターを担当している水谷果穂ですが、天気予報を伝える役割だけではありません。「まずは、プロ野球です」と言ってボールを投げる格好をするなど、MCをサポートする仕事も任されています。

水谷果穂が初めて「Going!」に登場した回では、激しいツッコミで熱烈歓迎した上田晋也。小学生の時にスーパードッジボール部だったと知った上田晋也は、「スーパードッジボールって?」と質問。「ドッジボールを少し真剣にやるヤツです」と答えた水谷果穂に、すかさず「え、それだけでスーパーってつくの?」と鋭いツッコミ。どうやら上田晋也に気に入られた様子の水谷果穂に、その後もツッコミの嵐が続きました。水谷果穂は、お天気キャスターとして幸先の良いスタートを切ることができたようです。

水谷果穂が「ブラックペアン」で看護師役!

水谷果穂は、2018年の春ドラマ、TBS日曜劇場「ブラックペアン」に、看護師の宮元亜由美役でレギュラー出演しました。ドラマ「ブラックペアン」の原作は、医師で作家の海堂尊の同名の小説です。原作では、ドラマでは竹内涼真が演じている世良雅志が主人公ですが、ドラマでは、二宮和也が演じる渡海征司郎が主役となっています。

放送開始から数回を経て、強烈なセリフを吐く二宮和也の悪魔ぶりが凄いと注目を集めたドラマ「ブラックペアン」。水谷果穂が演じる看護師の亜由美は、男子研修医たちとも対等に会話するハキハキした性格で、仕事もテキパキとやる優秀な看護師役でした。近い将来、ゴールデンタイムでぜひ主演を張って欲しいものです。

水谷果穂が歌う「若おかみは小学生!」の主題歌「君のステージへ」はパワーをもらえる応援歌!

水谷果穂は、2017年に「青い涙」で歌手デビューしていますが、2018年6月27日に、2曲目となる「君のステージへ」を発売します。この曲は、2018年4月からスタートするテレビアニメ「若おかみは小学生!」の主題歌です。このことを、ブログで報告した水谷果穂は、主役を演じる小林星蘭とのツーショット写真をアップしました。

女優としての存在感を増している水谷果穂ですが、歌唱力もなかなかのもの。本人曰く「練習して上手くなった」そうで、透き通るような声が魅力的です。「君のステージへ」について、「歌うことでパワーをもらえる」「大切な人に歌ってあげたくなる応援ソングになっています」と語る水谷果穂は、芝居に歌にグラビアと幅広く活躍し、まさに絶好調。

2018年には、「honey」「セントウ・レコード A-side」と2本の映画に出演することが発表されています。映画「セントウ・レコード A-side」では、2016年公開の「バレンタインナイトメア」に続き、主演を務めます。となると、次に目指すのは、やはり連ドラの主演ではないでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る