窪塚洋介の元妻とPINKYの現在の関係は?長男の選択が示すもの

窪塚洋介の元妻とPINKYの現在の関係は?長男の選択が示すもの

窪塚洋介の妻・PINKYは元妻からの略奪婚?


窪塚洋介のプロフィール
◆生年月日:1979年5月7日
◆出身:神奈川県
◆身長:177cm
◆血液型:O型
◆所属事務所:アスマキナ(個人事務所)
◆エージェント:independent(英語圏)

窪塚洋介がPINKYに贈ったプレゼント

俳優業の傍らで卍LINE(まんじらいん)の名義で音楽活動も行っている窪塚洋介(くぼづかようすけ)は、独自の世界観を持ち、私生活のスタイルも注目されています。

窪塚洋介は2003年に一般女性と結婚し、2012年7月に、1ヶ月前に離婚が成立していたことを発表しました。その後、レゲエダンサーのPINKYこと菅野優香と再婚しましたが、PINKYとは元妻と結婚している頃から交際していたのではないか?と噂されています。

窪塚洋介が元妻と離婚した6月12日は、PINKYの誕生日でした。当日、PINKYがツイッターに「彼にしかできない私への贈り物が一番嬉しい」といった意味深な内容を投稿したため、元妻との離婚が誕生日プレゼントだったのではないかと予想した人がいたようです。

PINKYは元々、卍LINEのバックダンサーを務めていました。互いのSNSでも仲睦まじい様子が伝えられ、オープンな交際を貫いていた2人。2015年12月16日には、窪塚洋介がツイッターで「そろそろ結婚します」と報告していました。

2018年12月25日にはPINKYがインスタで、窪塚洋介と、同年6月20日に誕生した長女と3人で写った写真を公開し、結婚記念日を迎えたことを報告しています。

窪塚洋介がPINKYと長男の関係を告白!

2003年10月に、窪塚洋介と元妻との間に長男が誕生しました。PINKYは、窪塚洋介と元妻の間に誕生した長男のことも大切にしており、家の外で初めて「お母さん」と呼ばれた時には涙を流して喜んだのだとか。

窪塚洋介が、インタビューで「胃袋を掴まれた」と明かしているほど料理上手なPINKYは、中学進学時から一緒に暮らし始めた長男のために、お弁当も作っていたといいます。

自分に愛情をかけてくれているのを感じていたからこそ、長男はPINKYを「お母さん」と呼ぶようになったのではないかと、窪塚洋介は感じているようです。

窪塚洋介は家族についてのインタビューの中で、自身のスタイルについて「日本では珍しいかもしれない」とも話しています。というのも、離婚した元妻と、再婚した妻であるPINKYが家族としての関係性を築いているためです。

いしだ壱成は若い頃に逮捕歴あり?元妻3人との離婚理由! | 斜め上からこんにちは(芸能人、有名人の過去、今、未来を応援するブログ!)

窪塚洋介と元妻は現在も交流している?

窪塚洋介と元妻・のんちゃんの馴れ初めや離婚理由は?

2003年に結婚した元妻は“のんちゃん”と呼ばれており、窪塚洋介の熱愛彼女としてテレビに出演することもありました。

2人の出会いのきっかけは、ダンスです。東日本大震災を機に、窪塚洋介一家はのんちゃんの地元である大阪に引っ越しました。

2021年に公開されたインタビューでも、窪塚洋介が現在の妻・PINKYと息子と娘の4人で大阪に住んでおり、元妻も近いエリアで暮らしていることを明かしています。

元妻・のんちゃんとの離婚の理由については、「お互いが気持ちをぶつけ合ってしまったから」だと話す窪塚洋介。PINKYと元妻との距離を縮めるのは、決して簡単ではなかったといいます。

それでも、「ふたりが仲良くなれるようにやれることはやった」と、子育て層向けメディア「mamastaセレクト」のインタビューで振り返っており、長男のために努力したことがうかがえます。

感情の面だけでなく、元妻にも生活費を払うなど家族としての姿勢を保ち、長男が行き来しやすい環境を整えたのだそう。

2016年4月16日に公開されたPINKYのブログに「長男」という文字が出てきたため、ファンの間では「子供いたの?」と話題になりました。この時点ですでに、PINKYと長男の間には信頼関係が生まれていたのかもしれません。

離婚後も、長男と元妻、PINKYと長女を含む5人でイベントを楽しむなど、家族としての交流が続いています。

窪塚愛流の父親は窪塚洋介!映画「泣き虫しょったんの奇跡」で俳優デビュー | 斜め上からこんにちは(芸能人、有名人の過去、今、未来を応援するブログ!)

窪塚洋介が子供に見せた背中

離婚した後も、元妻と子供との関係を継続させている窪塚洋介。さらに再婚した妻も頻繁に顔を合わせるというのは、本人も自覚している通り、日本では稀な家族の形です。

なかなか多くの人には共感されないかもしれませんが、元妻との間に生まれた長男・窪塚愛流(あいる)は、父親の生き方に肯定的な感情を抱いて育ったようです。その証拠に、長男は父親と同じ俳優の道に進みました。

長男は2022年4月に開催されたイベントで、「父が仕事についてネガティブな発言をしているところを見たことがない」と話しており、楽しそうに仕事をする父親に憧れて、芸能界を志したことを明かしています。

珍しい形の家族構成だったとしても、子供にはきちんと親の愛情が伝わっていたのではないでしょうか。

窪塚洋介と長男・愛流が、いつか作品で共演する日が来るかもしれません。俳優として確固たる地位を築いている父親の背中を見て、長男がどのような成長を見せてくれるのか、楽しみに見守りたいものです。

窪塚洋介は9階から飛び降りるも奇跡の生還!転機になった作品は? | 斜め上からこんにちは(芸能人、有名人の過去、今、未来を応援するブログ!)

関連記事

ページ上部へ戻る