かが屋がネクストブレイクランキングでトップ10入り!新型コロナの影響で無観客ライブを実施!

かが屋が2020ネクストブレイクランキング~芸人編~にトップ10入り!気になるトップ10を紹介!


かが屋のプロフィール
◆結成:2015年
◆メンバー:加賀翔、賀屋壮也
◆所属事務所:マセキ芸能社

かが屋が2020年ネクストブレイクランキング~芸人編~のトップ10入り!

かが屋はオリコンが行った2020年の「ネクストブレイクランキング」芸人編の第7位にランクインしました。かが屋を支持した人の多くは、そのコント師としての実力を高く評価しています。

特にコントの発想が、日常のあるあるの中で斬新な切り口から設定が練られていること、かが屋の演技力が俳優としても申し分ないといったことが高い評価につながっているようです。

国民年金を滞納する彼女に彼氏が詰め寄る「なんで?」、待ち合わせの時間にやってこない彼女をひたすら待つ彼氏と、その彼を見守る店員とのやりとりを描いた「花束」など、かが屋のコントはじわじわくる面白さが絶妙な持ち味となり、人気を集めています。

かが屋ら2020年ネクストブレイクランキング~芸人編~のランキングを紹介!

かが屋を含む「2020年 ネクストブレイクランキング~芸人編」に選ばれた10組は、以下の通りです。尚、投票の対象となったのは現時点で全国ネットの冠番組を持たない芸人です。

1位:ミルクボーイ
2位:アインシュタイン
3位:ぺこぱ
4位:四千頭身
5位:かまいたち
6位:どぶろっく
7位:かが屋
8位:フワちゃん
9位:すゑひろがりず
10位:ティモンディ

ランキング発表時に紹介されている通り、全体的に誰かを傷つけることのない「優しいお笑い」を武器にしている芸人が上位に選ばれており、ミルクボーイやぺこぱ、かまいたち、すゑひろがりずといった「M-1グランプリ 2019」決勝に勝ち上がったコンビが名を連ねています。

一方で、かが屋はどぶろっくと共に「キングオブコント2019」の決勝に進んで知名度を上げたことが、トップ10入りの要因でしょう。しかし、どぶろっくは「キングオブコント2019」で優勝したのに対し、かが屋は決勝戦で第6位とファイナルステージにも進出していません。ということは「キングオブコント2019」だけでなく、1年間の評価がこのランキングに反映されたのではないでしょうか。

かが屋がコンビで活動を開始したのは2015年で、YouTuberのふわちゃんを除くと2016年にデビューした四千頭身に次いで芸歴が浅く、デビュー5年でのネクストブレイク入りは大躍進といっても過言ではありません。

やさしいズはキングオブコント準決勝進出の実力派コンビ!元声優という経歴も話題に!

かが屋のプロフィールや受賞歴を紹介!

かが屋のプロフィールを紹介!影響を与えた芸人は?!

かが屋のプロフィールを紹介します。まず、短髪で細身の加賀翔(かがしょう)から。

生年月日:1993年5月16日
血液型:O型
出身地:岡山県備前市
サイズ:身長174cm 体重61kg
学歴:備前中学校卒業
趣味:自由律俳句、短歌
特技:写真撮影(スナップ・ポートレート他)

続いて、長髪の賀屋壮也(かやそうや)です。

本名:賀谷壯弥(かやそうや)
生年月日:1993年2月19日
血液型:B型
出身地:広島県
サイズ:身長178cm・体重78kg
学歴:東京学芸大学卒業
趣味:動物のイラストを描く、漫画、広島カープのファン、美術館巡り
特技:合唱(少年合唱団に所属していました)

2人はアルバイト先のコンビニエンスストアの忘年会で知り合い、互いにバナナマンが好きということから意気投合し、自然とネタを作るようになっていきました。そして、賀屋壮也の大学卒業にあわせてマセキ芸能社のオーディションを受け、見事に合格したことをきっかけに、芸人として2015年にデビューします。

互いにバナナマンのコントが好きということで組み、コントに対して並々ならぬ愛情があるかが屋の2人。特に加賀翔はあまりにも好きすぎて、おぎやはぎ、バナナマン、ラーメンズで結成されたお笑いユニット「君の席」の台本を書き起こすなどしていたことが、おぎやはぎが劇団ひとりとMCを務める「ゴッドタン」初出演の際に紹介されていました。

森山直太朗 性格は完全破綻の残念な人!?義理の兄・おぎやはぎ小木と微妙な関係

かが屋の受賞歴は?!

かが屋がデビューから5年で掴んだ賞は、フジテレビが主催する「2019年 第1回 ツギクル芸人グランプリ」 での準優勝と、テレビ東京の「にちようチャップリン」で開催された「2019年 お笑い統一王座グランプリ」での準優勝。そして、同じくテレビ東京の「ゴッドタン」で開かれた「『こいつは天才だ!』と一目置かれている芸人」の2019年度版で1位に選ばれたことが挙げられます。

しかし、かが屋にとって一番の勲章は、2019年の「キングオブコント」で審査員を務めた彼らの憧れ、バナナマンの設楽統が最高評価の「94点」を付けたことではないでしょうか。結果としては第6位となりましたが、この評価が世間の注目を集める結果となりました。

自宅で観よう「みんなのかが屋」と題し、無観客ライブ実施決定!ママタルト&ザ・マミィも参加

かが屋がYouTubeの生配信を実施 

かが屋は2020年3月、新しいチャレンジを行いました。新型コロナウィルスの影響により数多くのイベントやお笑いライブが中止になる中、3月4日にいち早く「無観客お笑いライブ みんなのかが屋」と題し、YouTubeでの生配信を行ったのです。この動画は、現在もアーカイブで視聴できます。

「みんなのかが屋YouTube channel」でYouTubeスーパーチャット(生配信投げ銭)を利用して視聴者からの応援を受け取り、視聴者数2万人を超えたこの生ライブには、かが屋の他に加賀翔も所属するユニット「コント村」の盟友であるザ・マミィやママタルトも出演し、話題になりました。

新しい表現方法を模索?

そして、第1回目の収益が思いの他あったため劇場を借りられることとなり、早くもゾフィー、赤もみじ、ラランドをゲストに招いた第2回目の生配信が3月20日に行われました。

このように、かが屋はお笑い芸人として実力を磨くだけでなく、新しい表現の場所や方法を模索している次世代お笑い界の先駆者として期待されています。

チョコレートプラネットはキングオブコントで準優勝でしたが爆笑問題・太田光が大絶賛
アキナは元トリオ漫才として活動していた!?漫才コンビとして活動することになったきっかけや名前の由来は?
内村光良 NHK「LIFE!」視聴率、コントも絶好調!若手育成力がハンパない!

関連記事

ページ上部へ戻る